FC2ブログ
2019 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 11
オフ会 札幌  8
- 2019/03/11(Mon) -

「ねね、おささったのさぁ~ って意味、分かる?」 かな姫が俺とKGBさんへ北海道弁を訪ねた
「おささった?」 冷えた体が少し温まってきたKGBさんが必死で考える
「そ~、おささったって、よく使うよね」 義理さんは分かっている
「おささったのさぁ~?」 何だそれ
 自慢では無いが俺は多国言語には詳しい。 大学に在学中に6カ国を放浪もしている。 卒業後も4カ国ほどで放浪して最後はアメリカのマイアミで6年を過ごしている。 何故か言語の面白さに興味を持ち、外国語と国内でも特に博多弁、大阪弁、仙台弁、東北弁には強い。 しかし、「おささったのさぁ~」は聞いたことが無かった。
 俺とKGBさんが不思議そうな顔をしていると、かな姫が笑い顔で教えてくれた。

「あのね、おささったのさぁ~て言うのは自分ではやる気持ちがなくても、やってしまう事なんですよ^^」
「そ~だね、自分のせいじゃなくて、誰かのせいでその事をやっちゃう事だね」
「誰かのせいで?」 
「誰もいなくても、誰か、第3者のせいで自分がやってしまった行為の言い訳の時に北海道の人間が使う方言なんだよね」
「へ~」 KGBさんがなにげに感心してる
「まぁ~、自分のせいじゃなくて、誰かのせいでこうなりました、と言う責任逃れの方言なんだけど」 義理さんが笑う

「だから北海道の人間は責任逃れで言い訳をする人が多いのよ^^」
「へ~」 おもしろい北海道弁だ

「それに似た言葉で、秋田弁で しかたないすねぇ~ て言うのがあるよ」
「意味分かる?」 3人に聞いてみた

「しかたないすぇ~? しかたない しょうが無い・・・なんだろう」
「しょうがない?」
「北海道弁の おささった と同じ事?」

「いやぁ、実は秋田弁で しかたねぇすね~ はすみませんでした、ごめんなさいって意味なんだよ」
「へ~、結びつかないね」
「わかんないね」
「歩道を歩いていて、自転車にぶつかられたら しかたねっすねぇ~ てw。 仕方がねえじゃ無いだろうが、ぶつかってきたのはそっちだろうと、都会の人は思っちゃうんだよね^^。 現地のひとにしたら、すみません、ごめんなさいの意味なんだけどね」

「おもしろよね方言は」

「じゃさ、東北弁の な、け!は?」 義理さんが投げる
「東北弁って北海道の隣だけど、全然ちがうんだよね~。 日本一短い言葉だよね」 姫が笑う

「な、け!」 は な、はあなた。け!は食べてだから、どうぞ召し上がって下さいだね」 俺は東北弁は理解している
「あ~流石めめさん、当たりです」 義理さんが悔しそうに笑った

「な=あなた、わ=わたし、け=たべる、か=差し上げる・・短いよね」

 2次会で店を変えてからはIXAの話は全く無かった。 1次会でそこそこ同盟のメンバーの話は出尽くしていた様だった。

 北海道ではエアコンにクーラーが付いていないとか、薪ストーブだとか、北海道弁だとか、気楽な話を酒の摘(つま)みに楽しんでいた。
 
で、何故か北海道の原子力の話やエネルギー問題にまで話が及んでいったw


「この前の北海道胆振東部地震、凄かったよね」 かな姫が思い出したように切り出した
「凄かったね。震度7とかだっけ?」 義理さんが続く
「札幌の南側と言うよりも、千歳空港のすぐ南側、苫小牧の東側だよね」 付近に原子力があり、覚えていた
「停電が思ったよりも長引かなかったから良かったけど、さすがに家の中はめちゃくちゃになって・・・」
「停電したの、何日くらい?」 聞いてみた
「え~とね、2日目には復旧したんだっけかなぁ」
「へえ~」
「原子力が止まっちゃったんで北海道の南部はもう少し停電が続いたらしいけど・・・」
「うちの所や、かなさんの所は電気の復旧も早かったみたいだけど、デビさんの所は酷かったみたいだよね」
「なんか内茶でデビさん、言ってたよね」 
「死に損なったwって書いてたね、彼」
「そそ、、見た見た」

「札幌周辺やかなさんの地域以上に酷かったって言うことはもっと南側なのかなデビさん」
「だねぇ~苫小牧とか登別の方なのかな・・」
「デビさん、道産子なのは分かったけど、北海道の何処なのか良く分からないね」

「雪さえなければ北海道、札幌とか都会だし美人が多いし最高なんだけどね」 いつも思っている

「わたしねぇ~この前の東日本大震災の時は仙台の近くで地震と津波にあってるし、北海道に帰って来てまた、地震だし><」
「え~そ~なんだ」
「うん、東日本大震災の時は危なかったの」
「義理さんも、北海道に帰ってきて地震だもんね」
「うん、さすがに今回は驚いた地震だった」 と言って席を立って店の外にあるトイレに出て行った

「そか、かなさん、東日本大震災の時は海沿いにいたんだ?」
「うん、海岸沿いで車を運ぶ仕事してたから」
「へ~」
「地震、怖くて」
「だよね」


 摘みの刺身が部屋に運ばれてきた。 北海道だけあって魚は旨いし安い。 摘みを運んで来た女の子と入れ替わりで義理さんが戻って来た。
ゆっくり席に着いてあぐらを直して、テーブルの上のビールジョッキに手を伸ばし、飲み始めた。


「実は誰にも言って無かったんだけど・・自分が北海道の地元に戻って来たのは体調不良の為だったんだよね・・・」
「て、言うか、体を治す為だったんだよね」 ポツリと義理さんが唇を開いた。






スポンサーサイト



この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(2) | ▲ top
オフ会 札幌  7
- 2019/02/15(Fri) -

       ワイワイ ガヤガヤ


 うまい札幌生ビールと芋焼酎、刺身とスペアリブをつまみながら、オフ会恒例でのKGBさんのクジ大会と、天が出ない腹いせに、思いつきでのゲリラ携帯トークへと、宴は進んだ。
「こちらはどこに置きますか?」と、店員が次々につまみをテーブルに運び込んでくる。 海鮮イタリアンと言う洒落(しゃれた)居酒屋なので、さすがに料理も旨い。 飽きがこなかった。 空いた皿を整理して手渡し、つまみに箸を進める。 昔の蒼母衣衆の設立秘話から、現在の蒼龍総本山同盟の話に花が咲き、気がつけばかなりの時間が過ぎていた。

 タイミングを見計らって店員の女の子が 「すみません、飲み放題のお時間が過ぎましたので、次のお客様が来ますから、ご精算の方を宜しくお願いします」 と、あっと言う間の3時間越だった。

 帰り支度をしながら割り勘にした勘定をそれそれテーブルに置き、KGBさんがまとめて個室内で支払いをして、それぞれ帰り支度をした。 KGBさんとかなさんが部屋から先に出て、俺と義理さんは革靴の靴ヒモに手こずりながら最後に部屋を出た。 帰り際、隣の個室では8人ほどの男女が盛り上がっていた。

 4人で洒落た居酒屋を出て、エレベーターホールで外に出る防寒準備をしながらエレベーターを待った。 ほろ酔い気分で体は温かかった。 「今日はそれほど寒くないから良かったですよね」、義理さんが誰に共なくエレベーターの中で口を開いた。 「そうそう、今日は全然寒くないから良かったかも」と、かな姫が即答する。
 俺とKGBさんはさすがにこの寒さはこたえていたのだが、義理さんとかなさんにはなんともない暖かな1日らしかった。

 エレベーターからおりて出入り口にでると、外は冷え冷えだった。 「さび~~~~~~」、KGBさんが吠えるw まぁ~流石に札幌なんでこの位の寒さは覚悟していた。

 これから俺のホテルに戻って、義理さんとかなさんの酔いが覚めるまで時間をつぶし、最終の電車かタクシーで帰るまでまったりしていればいいなぁ~と思いながら夜のススキノの交差点に立っていた。

「この時間なら、まだお店、いっぱい空いていそうだよね」 ん?義理さんが切り出した
「たぶん、向こう側のテナントビルなら空いてるよね」 義理さんがかなさんに確かめた
「うん、多分、大丈夫^^」 おいwおまえらこれから2次会に行こうと言うのか?
「じゃ、行って見よう~」 交差点の信号が青になって、渋谷のスクランブルの様な交差点を歩き出す

「あるけね~~~~~」と、KGBさんが交差点のど真ん中で叫んだ
「気をつけてね、下の道路、完全に凍っているから」 かなさんが余裕で振り返る

 義理さんもかなさんもスタスタ氷の上を簡単に歩く。 俺もさほど苦にならない様に、それでも滑らないように革靴で歩いた。
「あ・・あるけねぇ~、す、すべる。 だめだぁ~」 KGBさんが滑る交差点に苦労していた

 一生懸命にペンギン歩きをするKGBさんを笑いながら3人で交差点で待った。 6車線の交差点なのでやや広い道路だった。
 時間は11時をとうに過ぎている。 外は1度か2度くらいだろうか、凍った風が頬(ほほ)をなぜる。

「道路、ツルッツルじゃんw こんなの歩けないよ」 弱気なKGBさんだった
「それにさぶいしぃ~」
「今日は全然あったかいよ~」 義理さんが恐ろしいことをポロリと言う
「そうだよ、きょうは雪ふってないし、風もそんなに寒くないよ」 かな姫も笑いながらKGBさんを振り向いた
「ホントに寒くなるとホワイトアウトと言って、前が全く見えないし、下も凍ってしまうからさ」 義理さんが付け加える

「え~こんなに寒いし、風が強いのに・・・」
「全然、ぜんぜん」 かなさんが足を止め、最後尾のKGBさんを待つ
「さび~~~~~よ~~~~~」 KGBさんが吠えた
「お・・・・おれ。。。だめだ この寒さ ><」 見た目以上にKGBさんは寒さに弱いらしい^^

「じゃ、その辺の居酒屋、のそいてみますね」 義理さんがスタスタと明かりの付いているテナントビルに近寄り、物色している
「ここ、だめかなぁ・・・」 義理さんが看板をシゲシゲと見る
「そこだめなら、向こうにもあるじゃん」 かな姫も2次会にのりのりだ
「お店の終了時間がここは近いね・・」 義理さんがつぶやく
「じゃさ、もう少し向こうへいけばきっとあると思うよ」 かな姫は元気だ

「うううう・・・・」 KGBさんは凍死すんぜんだった^^

         居酒屋1        居酒屋2

 ススキノの繁華街から徒歩10分くらいの所に手頃な居酒屋があった。 ただ、客が多ければ入れない。 義理さんが次々と居酒屋を探し出し、良さそうな飲み屋さんに顔をだして店内を物色している。 かなさんも心当たりがあるらしく、次々と義理さんに店名を伝えた。

 KGBさんは冷凍寸前でw、どこでもいいから入ってくれ~とでも言いたそうだった。 俺は、この位の寒さは気にならない。 スキーもスケートするので、寒さには直ぐに慣れる体質なのだ。 
 

てか、俺はてっきりホテルへ戻るものだど思っていたので、2次会に突入には少し驚いた。 これから飲んで、義理さん、電車、大丈夫なの?と終電の心配でいっぱいだった。 まぁ、かな姫はタクシーでも帰れる範囲ではあるとは聞いていたが・・・。 

 義理さんが次々と居酒屋を覗いて入れそうな店をさがしてくれていた。

「え~満室? 人数? 4人なんだけど・・・」 義理さんが店の扉を半開きで交渉している
「合い室? だめだなぁ~ え? 空いてる? 4人大丈夫?」 入れそうな店を見つけてくれた

「ここにしようよ、4人、大丈夫だって」 義理さんが店の外でまっていたKGBさんとかなさんと俺に声をかけた
「は~い^^」 かな姫が足早に居酒屋へ入っていった
「はいろう はいろう」 KGBさんも続いた

 2次会かよwと思いながら、俺も続いた。

 店は入り口から面長で、直ぐ出入り口にちかい左側の6畳ほどの部屋は先客がいた。 続きの4畳半ほどの部屋へ案内された。 4人でテーブルを囲み、腰を降ろした。

「飲み物、何にしますか?」 女の子が注文を取りに来てくれた。
「とりあえず、3時間の飲み放題コースで・・・いいよね」 義理さんがみんなの顔をみわたす
「OK!」
「いいよ~」
「じゃ、それで」 
 4人でまずはビールを注文した。 つまみはスペアリブと刺身だ。

 軽くエアコンがきいていたので、へやはヤケに暖かく感じた。 
「暖かいね、部屋^^」 かな姫がつぶやいた
「北海道のエアコンはクーラーが付いてないんだよ」 義理さんが意味不明の言葉をつぶやいた
「え?」 KGBさんが突っ込む
「エアコン ないの?」
「いや、エアコンらしき箱はあるんだけど、クーラーが付いていないんだよね」
「そそそ~なのよ、暖房だけのが多いのよ」 かな姫がわらった。 マジかw
「て言うか、クーラーが殆どの家にないから・・暖房石油ストーブだけだよ」
「そうだよね^^」

 北海道は1週間ほどしか本当に暑くならないから、73%はクーラーが無いと以前、聞いた事があった。 マジらしい。

「夏でも窓を開けておけば、かなりしのげるんで、クーラーは必要ないし、エアコンなんか、見たことがないよ」

 24時間365日エアコンを使っている俺には斬新な話だった。

 ビールも進み、KGBさんは焼酎をジョッキであおり始めた。 かな姫はビールに強い事が良く分かったw。 俺が1杯目のジョッキを空けていると、義理さんは2敗目、かな姫は3杯目を飲んでいた。
 さっきの海鮮居酒屋でもつまみにスペアリブが付いてきたが、ここでもスペアリブのつまみがあった。 札幌ではスペアリブが酒の肴(さかな)なのか・・・。






この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(0) | ▲ top
オフ会 札幌  6
- 2019/01/17(Thu) -

  KGBさんの天上くじ大会w

 実はゲリラ携帯トークの直前に恒例のKGBさんの天上クジを引いたのだ。 毎回オフ会の度にKGBさんの溜め込んでいるクジを適当に言いくるめてw皆んなでひいていた。 今回もまんまと天上クジを8回も引けるほど溜め込んできていた。
 天上クジ8回分も良くも溜め込めこんだものだ。 俺の性格上、天上くじが引けるようになった時点でポチッてしまう。 我慢が出来ない性格なのだ。
 しかし、KGBさんは毎回4~5回も天上クジを引けるほど溜め込んできてはオフ会でポチって使えない極武将を量産していた。

 この度も日本の北国まで来て皆んなが驚く天武将の降臨に挑戦してみた。

「俺、今回は天上クジ8回ほどひけるんだけど、どうしようかな・・」 KGBさんがタブレットをテーブルの上に置いた
「8回も? きっと1枚くらいは天がでるよ」 義理さんが横からタブレットをのぞき込む
「1日に1回、8回引くよりも、一度に8回引いた方が絶対に天の出る確率が高いから、全部、引いてみようよ」 俺もけしかけた
「そだよ、KGBさん、義理さんに天を出してもらうと良いと思うよ」 かな姫も人ごとなので軽いw
「いや~天が出るかは確率が・・」 まじめな義理さんはマジに考え込む

「じゃさ、8回ひけるんだから一人2回、皆んなでひこうよ。 絶対に天が来るよ^^」 8回もひきゃあ、1枚はでるだろうがw
「そ~かな」 不安そうなKGBさんだった
「大丈夫、大丈夫、絶対に天が出るよ。 KGBさん、どうぞ」 けしかける
「え~なんか俺、天が出る気がしないんだよな。 使えない極とかきそうで・・」 少しビビッている
「OK,OK,じゃさ、皆んなでじゃんけんして、勝った人から順番でひこいうよ」
「じゃんけん?」 KGBさんが俺の顔を見上げた
「いくよ~^^ 最初はぐ~で、じゃんけんぽん!」

 1番手は義理さん、2番手はめめ、3番手はかな姫、ラスがKGBさんだった。 KGBさんはじゃんけんに弱い事がわかったw

「じゃ、ひかせてもらいます。ポチッ」 ためらいも無く義理さんがポチッた
  IXAブルが行きよい良く飛び出してきた。
「ん~残念・・天じゃなかったね」

「え?どうして分かるの?」 KGBさんがタブレットを見入る
「だって、ここ、お、おお、じゃないじゃん」
「そ~かぁ」 なんとなく天と極との違いは覚えたKGBさんだった
「何かな?せ~の~」 追加で義理さんがポチる

 2214 斉藤利三 だった。 まぁ~使えないカードの部類に入る武将だw

「じゃ、俺が次ぎ行くね」 タブレットに手を伸ばした
「いきま~す! 天、来い!」 ポチッ
 IXAブルがとびだしたが、やはり、お、おおではなかった。 極め決定だ。 確定させると

 2233 一条兼定 だ。 これもコスト3の使えない武将だ。

「あ・・ああ・・・あああ~2枚とも極めか」 KGBさんが肩を落とした。
「大丈夫、蒼母衣衆の花、かなさんがきっと天を出してくれるから^^」 なぐさめにならないなぐさめで場をつくろう

「かなさん、天、お願いします・・」 かなさんを拝む

「え~あまり自信ないけど、引きますね。 エイッ!」
 KGBさんの願いを込めてIXAブルが飛び出す。 お、おお~ではない。
「ごめんなさい、極でした~^^」

 2225 玉鶴姫だった。 かな姫が姫カードを引き出したw 
        確率:+13% / 対象 全
        全防:24%上昇
       (自領以外の加勢で効果1.5倍)

「この姫、加勢部隊とか・・運営、アホだな」 義理さんがつぶやくw
「え?加勢部隊の姫なんですか?」 KGBさんが力なく隣の義理さんへ訪ねた
「そう~」
「俺も隣の鯖で持ってるけどかわいいし、観賞用に良いカードだから、この姫^^」 慰めにならない

「も・・もう・・みんなに任せてられない。 俺が自分で天を引き当てるから。 えい、ポチッ」 4枚目をKGBさんが自らひいた

 残念ながら極、確定だった。

 2216 百地三太夫 

「お~これなら使えるじゃん!」 慰めではないw
「ですね、スキル、強いし」 義理さんも褒めるw
「そ・・使えるカードなんですね?」 KGBさんの目が泳いでいる
「そそそそ、加勢の時なんて最高だから」 義理さんが素早くタブレットを手にして説明をした。

「よ~し!じゃ、2巡目、いこうか^^」
「いや~めめさん、もう、勘弁してしてください」
「ん?」
「お・・俺の大事な天上クジを4枚もひいて天一枚もでないなんて・・」
「だから、これから天、でるんだよ。 ね、義理さん」
「そうですね。 確率から言えばそろそろ・・」
「・・・・」
「KGBさん、きっと大丈夫だから、そのうち天きっとでるから^^」 かな姫も慰める、いや、あおるw

 俺の経験上、クジなんてモノは一番最初の1枚目に一番良いカードが出ている気がしている。 戦くじではたまに7~8目あたりで極武将も経験もあるが、やはり、期待値の高いのは最初の1枚目だ。

 4枚引いてまぁ~期待通りの極カードばかりで、天がでる前兆や予感させしない。 残りの4枚に天の降臨を期待するしか無かった。
 
「さ!さ~次ぎも行くよ!義理さん、どぞ」 俺が義理さんへタブレット手渡した。

「い・・いや、もういいです! くじ引かないでください!」 KGBさんが涙目で義理さんからタブレットを奪い取った

「もう~なんか天が出る気がしないんですよ>< 4枚引いて4枚とも使えないカードばかりで・・」
「だ、か、ら、これから天が出るんだよ」 人ごとw
「も~俺の大事な天上クジを4枚も引いてこんなゴミみたいな武将ばかりだし・・泣きたいです」

「じゃ~残りの4枚はいずれ・・と、言うことで・・」 義理さんは優しい
「そか~残念だな~。 これからだと思ったんだけどね」
「そうだよKGBさん、きっとこれから天が出るんだよ」 1番怖いかな姫だったw

「い・・いや~もう天が絶対出ない方の気持ちが強くなっているんで・・引かないでください><」
「そ~か、残念」
「じゃ、これくらいで許してやるかぁ」
「少し残念だね」

 義理さんも、かなさんも、俺もかなり残念だったがここはKGBさんのテーブルにタブレットを返して置いた。

「めめさん、お願いだからこのオフ会のブログで KGBの天上クジを4枚も引いてこんな使えないクソ・カードしか出なかった!と書いて下さいよ」 w
「OK!」
「約束ですよ」

 天上クジからまれに1~2枚で天が飛び出すことがある。 この度は4枚ひいて天の降臨がなかった事が相当KGBさんにはこたえた様だった。 まぁ~俺なら8枚引いてしまった方が諦めもつくと思うのだが、4枚でクジ引き大会は終了した。


     天上4枚の結果


 クジ引きの結果がKGBさんの酔いを早めさせ、この後に盟主、はせぽんさん、輝夜さんへの携帯でのゲリラトークに発展したのだった。^^





この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(0) | ▲ top
オフ会 札幌  5
- 2018/12/23(Sun) -

  へ? 盟主へTELするの?マジ?と、思いながら時計をチラ見した。 午後9時半を過ぎていた。

 盟主の天寿さんのTEL番号は前回の新宿でのオフ会で俺も入手していた。

♪~♪~♪
「もしも~し、KGBです^^」 盟主と携帯がつながったw
「お久しぶりで~す。 今、ススキノで飲んでるよ~」
「ええ、札幌まで来てしまいました。 仕事がらみですけどね」
「お孫さん、元気ですか?」 おいw
「そうですよね、元気そうで何よりです」
「ここに義理さんと、めめさんと、かなさんもいるんですよ」
「ええ、義理さんとかなさんは札幌なんで^^」
「盟主、義理さんとはまだ飲んでませんよね」
「ですよね、義理さんと変わりますね^^」

 ハイよ、と携帯を義理さんに渡した。 
 合戦では義理さんと天さんも付き合いは長いが、お互い初めてのリアル・トークだ。 なにげに携帯を渡されても流石に義理さんが戸惑っていた。

「は・・はじめまして・・初めましてじゃないかw 義理です」と、声が少しうわずっていた
「ですよね・・合戦では一緒でも、声を聞くのは初めてですもんね」
「ええ・・そうなんですよ、以前は盟主と同じ埼玉だったんですけど、今はこっちに来ちゃいましたので」

 俺の正面で話す義理さんは、ルパン三世の次元大介にどことなく似ていた。 長身で細身、あご髭のせいなのかもしれない。

「ええ、ですね。はい。 めめさんと代わりますね」と、携帯を渡された

「お久しぶりです天さん、お元気ですか?」 天さんの声を思い出そうと必死だった
「お久しぶりです。 元気でしたよ」 第一声で前回の新宿のオフ会の天さんの声を思い出した。 低い落ち着いた声だった
「すいません、酔っ払いの集まりで、いきなりの電話」
「いえいえ、楽しそうですね」
「ええ、楽しんでます。 新宿からススキノまで来てしまいましたわぁ」
「それはそれは・・行きたかったんですが、流石に札幌は少し遠いですね。 仕事も空けられませんでしたから」
「ですよね。 また、近場でいつか開催しましょう^^」
「その際は是非。 隣にかなさんがいますので、代わりますね」
「はい」

 かな姫に携帯をバトンタッチした。

「はじめまして、かなで~す」
「はい、いつもお世話になってます」 w
「ええ、内政、ポチポチって頑張ってます^^」
「盟主も是非、札幌へ遊びに来てくださいね」
「来るまでドキドキのオフ会ですけど、楽しんでます^^」
「はい、有り難うございます。 KGBさんと代わりますね」

 一回りしてKGBさんへ携帯が戻った。

「盟主、今からでも遅くないですから、参加を」 おいw 十分遅いわ
「ですか~、やっぱりこれからだと無理ですか」 当たり前だw
「また東京でもやりましょうね。そのときは是非」
「はい、有り難うございます。 では、お孫さんに宜しくです。 失礼します^^」

ポチっ

 突然のゲリラ・トークだった。 飲んでいる俺たちは気にはしないが、いきなり前ぶり無しのTELには多少とも天寿さんも驚いた事だろう。 夜の9時半過ぎの電話だったが、着信拒否もせずにw受けてくれた天寿さんに乾杯!だった。


「じゃ、じゃ、次、次行きますよ。 今度も埼玉県民の はせぽんさん へかけてみようか~」 へ? マジ? 

 携帯をいじってはせぽんさんの電話番号を探し出し、天さん同様に気軽にポチった。
 
♪~♪~♪
「もしも~し、KGBですが^^」 おいおいw はせぽんさんもつながってしまった

「飲んでますよ~^^」
「ええ、義理さんと、めめさんと、かなさんとで4人です」
「ですよね、流石にお子さんが小さいと無理ですよね」
「奥さんが許してくれないでしょうし」
「義理さん、隣にいますので代わりますね」

「義理です、初めまして」 義理さんとはせぽんさんは面識がまだ無かった
「ええ、今は北海道なんですよ」
「以前ははせぽんさんと同じ埼玉だったんですけど、こっちへ来てしまいました」
「また機会がありましたら東京でも飲みたいですね。 是非、札幌にも来て下さいね」
「めめさんと代わります」

「ちわぁ~」
「お久しぶりです^^」
「ですね、お元気でしたか?」
「ええ、なんとか・・w」
「二人目のお子さん、おめでとう御座います」
「有り難うございます」
「まだ小さいと手がかかりますから、オフ会とか無理ですよね」
「そうなんですよ~、行きたかったんですけどね」
「落ち着いたら近場でまたやりましょう~」
「ですね」
「奥様にも宜しくです」
「はい、有り難うございます」
「オフ会、初参加のかなさんと代わりますね」

「もしも~し、かなです。 初めまして^^」
「ええ、初めてのオフ会で楽しんでます」
「札幌、遠いですもんね」
「ですよね~」
「東京方面へ行ければ良いですけど・・」
「あ、合戦ではいつもお世話になっいてます^^」
「今後とも宜しく御願い致します」
「はい」
「では、KGBさんと代わりますね」

 テーブルの正面でビールを飲んでいたKGBさんへ携帯を戻した。

「もしも~しKGBです」
「そ、なんですよ。 仕事絡みで札幌に来たもんですから・・」
「ええ、めめさんだけこのオフ会のために来てもらいました」
「輝さんがいないのが残念ですが・・」
「やっぱ、無理ですよね」 京都からは無理だってw
「ですね、また飲みましょうね^^」
「ではでは、美人奥様に夜分の電話、謝っておいて下さいね」
「はい、では失礼します」

ポチっ

 いきなりのゲリラ携帯攻撃など思いもよらなかったが、KGBさんのお陰で天寿さんとはせぽんさんと話せたのは嬉しかった。 勿論、義理さんとかなさんは盟主やはせぽんさんとは初めての会話で、多少は戸惑ったことだろう。 付き合いが長いとはいえ、流石に面識のない人との携帯はドキドキだっただろうに。

「ね~めめさん、後は輝さんにつながるかなぁ~」 KGBさんが俺に輝さんに電話しろと促してきた
「はぁ~」 時計を確認すると、ほぼ夜10時だった
「輝さんは流石にキツイだろうなぁ~。 夜も遅いし・・」 少しだけ戸惑ったw
「輝さんとはさっきまでLINEで繋がってたけど、電話となると・・どかなぁ~」
「してみて、してみて^^」 俺の戸惑いを酔っ払いが喜んでいたw

「むぅ・・・」 携帯を手に取り、LINE電話で呼び出して見ることにした

ポチつ
♪~♪~♪~♪~♪

「だめだね・・」
「仕事かな?」 KGBさんがいぶかしむ
「風呂でも入ってるんじゃない?」 30分前までLINEでは繋がっていた
「そかなあ」と、ビールから焼酎に変えたジョッキに手をのばした

 リアル風呂なら後からLINE電話の履歴をみて驚くだろうから「KGBさんのムチャ振りで、電話しろ!ってw」と、LINEには残して置いた。
 
 「輝さんとは新宿の早稲田でのオフ会で京都からバイクで参加してくれたんだけど、凄い無口であんまりお互いに会話が出来なかったのが今でも心残りなんだけど・・ね」 かな姫に説明した
 「え~輝さん、無口なんですか? 内茶だとあれほどカキコするのにね」 意外そうな顔をした
 「そ~なんだよね。 で、芸能人だとあやの・・なんとかに似てるんだよ」
 「あやの・・?」
 「うんうん、あやの・・なんだっだっけなぁ?」 思い出せない
 「あやのこうじ?・・ちがうか・・」 かな姫が思い出そうと考え込む
 「綾小路きみまろ? それは違うな~多分」 義理さんが突っ込む
 「綾小路きみまろ? ちゃうちゃう。 え~とね、なんだったっけ・・」 俺ものど元まで名前が出ているのだが、出ない
 「あやの? 綾野 剛かな?」 かな姫が正解にたどり着いた
 「そそそ、綾野 剛みたいな感じで、それでいて無口なタイプなんよ」
 「へ~、そ~なんだ」 かな姫が妄想していたw

 と、輝さんとのLINE電話をあきらめかけた時、急に俺の携帯が鳴り出した。 LINE電話の着信音だった。

「もしもし、輝夜です」と、輝さんがかけ直してくれたのだった^^
「もしもし、めめです。 ごめん、こんな夜にw 天寿さんとはせぽんさんにKGBさんが電話して、輝さんにも電話してみよ~と言うことでw」
「そうですか」 輝さんの声は少し高音でハッキリしている
「ちっとKGBさんと代わるね^^」 携帯をKGBさんへ渡した

「KGBで~す、こんばんわ」
「輝夜さん、みんな、待ってますよ」 おいw
「そ~ですか・・やっぱ無理ですか・・残念です」 そりゃ無理だろうがw
「ですね、今度また京都でもオフ会をしましょう~」
「まじ、京都、行きたいですから」
「ですね、じゃ、輝夜さんの近場の祇園ででも是非」
「約束ですよ^^」
「ところで、輝代さん、w1カード無いんですか?」
「そうなんですか・・無いんですね、残念。でもw3はあるんですよね」
「なんとかして、めめさんの様に復活して下さいね^^」
「義理さんが隣にいますので代わりますね」

「義理です、こんばんわ、輝夜さん、はじめまして」 表情が硬いw
「いや~輝夜さんが今日来る来る方の5%に賭けてたんですけど・・」 マジかよw
「次回は京都、行きますから^^その節は宜しくお願いします」
「かなさんと代わります」

「は・・始めまして。かなです」 緊張している^^
「ええ、輝夜さんと会えると思って楽しみにしていたんですよ^^」 おいおいw
「札幌、雪降ってますけど、京都はどうですか?」
「暖かいんですか? へえ~いいなぁ」
「京都、行く機会があれば是非一緒に飲みましょうね」
「はい、楽しみにしていますから」
「めめさんとかわりますね」

 一回りして携帯が戻ってきた。

「輝さん、バイク買ったばかりなんですよね、隼」
「ええ、そうなんです。 マニアの間では幻のバイクで、名古屋で見つけて思わず即決してしまいました」
「そうなんですか。 160万もするなら中古でベンツかえますよw」
「やっぱり自分はバイクの方が・・」
「ですか。 是非ともフェイスブックにツーリングの写真、UPして下さいね。 楽しみにしていますから」
「ええ、わかりました」
「マジ、また飲みたいですね」
「ですね、近場での開催の際は必ず行きますから」
「ありりです^^」

「すみませんでした、いきなりの電話で」
「いえいえ、嬉しいですよ」
「有り難うございました。 みんな、酔いが回り始めた頃なんで突然の電話でw」
「いえいえ、楽しんでください」
「有り難うございます。 ではまた」
「はい」

ポチッ

 久々に輝さんの声を聞いて早稲田での一緒だったオフ会を思い出した。 やはりイメージとしては無口な綾野 剛のイメージだった。
 KGBさんのムチャ振りで札幌のススキノから埼玉の盟主とはせぽんサンへTELして、とどめは輝夜さんへのゲリラ・トークTELだったが、意外と、皆んなと直接に話せて楽しかった。

 実はこのゲリラ・トークの発端は、KGBさんが大切に溜め込んでいた天上クジ8枚分と2~3枚引けそうな天戦クジをみんなで順番に引いてみよう~!と言う事になり、じゃんけんで勝った人から順番にKGBさんの天上クジを引いたのだが、残念武将ばかり降臨してKGBさんが壊れかけたのがきっかけだった。

 心が折れかけて、頭が壊れかけた腹いせにKGBさんが「皆んなに電話しよう~」と言い出したのがきっかけだったのだ。


  KGBさんの天上くじ大会w
 

 まぁ~、酔っ払いのすることだから天寿さん、はせぽんさん、輝夜さんには許してもらおう~w






この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(2) | ▲ top
オフ会 札幌  4
- 2018/12/20(Thu) -

 ビールジョッキで乾杯した早々にKGBさんが隣の義理さんへ「S2、良くわかんないんだよね。教えて!」と、タブレットを義理さんへ手渡した。 

「多分、素材になる赤いカードは沢山あるんだけど・・どのカードを使っていいのか分かんないんだよね」と、恐ろしいほどコレクションしている赤いカードを見せた。
 タブレットを受け取った義理さんが赤いカードの画面をのぞき込みながら次々と指で画面を弾いてスクロールしていく。
「赤いカード、多すぎるね・・。使わないカードを全部処分しちゃって良いんじゃない?」
「自分もそう思うんだけど、どれをS2の生け贄にしたらいいのか・・」
「使わないカード全部を生け贄にしてもいいんじゃない?」
「全部?」
「あ~KGBさん、勘違いしているよ」
「・・?」
「あのね、強いS2を付けるには赤いカードが重要じゃなくて、スキルを付ける方の天カードや極カードが良いS2を持ってるかどうかが大事なんだよね」
「・・?」
「別に赤いカードじゃなくても、黄色いカードでも、青いカードでも何でも良いから★1にして、あ、LVは0でもいいから、★1LV0のカードを生け贄にしてぶつけるだけだから」
「★1LV0・・?」
「そそ、とにかく★1LV0にしたカードを生け贄にセットすれば、S2を付けたいカードの方にその天カードや極カードの持つ隠しS2が出てくるんだよね。 だから、生け贄のカードは何でも良いわけです」
「そ~なんだ・・」
「そ~です。 だから、空き地凸してとか、小姓の応援とかで★1LV0をつくって、片っ端からぶつけるだけです」
「え?でも、そしたら、S2がつかないで余計な違うスキルが付かない?」
「つくよ。 確率!%とか2%だから、あとは一生懸命にポチるのみだよ」
「え~、俺、S2以外のへんなスキル付いて欲しくないから生け贄2枚で 金ポチっ ばかりと思ってたよ」
「確率が低いんだから2枚使わなくて1枚でポチっ、ポチっでいいじゃん。 金、無駄になるから」
「え~そうなんだw 運営が無課金の俺に金を使わせようとしてる罠かと思ってたんだけど・・」
「だから・・KGBさん、金ポチしたらもったいないじゃん。 ひたすら神に祈ってポチっするだけだよ。 KGBさん、まだスキル付いていない天や極カード持ってないの?」
「俺の天、スキル完全に完成してるから、S2ポチるカードが無いんだよね。 変なの付いたら困るし」

 KGBさんと義理さんの二人の会話にラチがあかないw KGBさんの天カードに狙い以外の変なスキルが付いて困るほど、強いスキルは無いと俺は心から思っているw で、俺が口をはさんだ。

「だから、デビさんの様に覇王なんちゃらとか、天綾のなんちゃらとか特別なS2スキルを付けたかったら1%、2%に賭けて、ひたすらポチっるしかないんだよ。 変なスキルが付いても100回でも200回でもポチっる根性で頑張るしか無い訳さ」
「ふ~ん・・」

「それにしても、KGBさん、赤カード多すぎw」 義理さんがタブレットをテーブルに置いた。
「赤いカードの数なら誰にも負けない自信があります。(キッパリ)」 そこで威張ってどうする、おいw

「義理さんに任せて全~部、整理してもらえば^^」 かな姫が突っ込むw
「かなもS2とか分からないから全然やってない(^o^)ノ~ 義理さん、やって~」

「そだよ、KGBさんのIDとPWを義理さんに教えて、全部整理してもらえばいいじゃん」 人ごとだから軽いのりで突っ込んだw

「IDとPWもらっても・・」 義理さんが困惑していた^^
「じゃさ、俺がぜ~~~~んぶ整理してやるから、俺にIDとPWを教えてくれる?」
「・・・」 俺にIDとPWを手放すか悩むKGBさんだった

 てか、なんでそこで悩むw 喜んでIDとPWを教えてくれれば全ての赤カード、俺が溶かしてやる自信が100%はあるのだが・・。

「あのね、この赤いカードは5枚もあるんだよ」 おいw 自慢する事ではないだろ、そこは
「でね、こっちのかーどは3枚ずつあるし」 使えないなードを自慢するKGBさんだったw

「でね、でね、見て、見て、この赤いカードは・・」
 テーブルの上からタブレットを持って、義理さんに訳の分からない自慢を始めたw

 
 KGBさんが分かっているんだか、分かっていないんだかこっちが良く分からないのでスルーしてw、テーブルの左脇に置いた自分のスマフォに手を伸ばした。 ポケットWIFIに電源を入れ、スマフォを見るとLINEの着信がある。

 誰かな?とLINEを開くと 輝夜さん からのメッセージだった。

「義理さんと、KGBさんと、かなさんと、4人で始まってました」と、メッセージを送った

「みんな元気してますか?」と、返事が来た

「まだ待ってるからって、皆んないってますw」と返す。 早く来いw

「京都からどうやって」

「そかw」としか返しようがなかった

 そのLINEのやりとりを右隣のかな姫に

「見て、見て、輝さんからLINEがきてる。 ほら」と、携帯の画面を見せた

「輝さん、京都からだと・・大阪からか神戸あたり?からフェリーで来れるよね」と、怖い事をさらりとつぶやいた。さすが姫w

 するとまた輝さんからLINEが届く。

「札幌牛食いたい」ってw

 輝さん、札幌牛を食いたらしい、ほら。

「え~、札幌の牛って全部 乳牛 しかいないよ」と、姫が教えてくれたので

「ないw 乳牛しかいない」と、返しておいた。 

 京都からバイクで来い!とかフェリーに乗って来いとか、さすが元・蒼母衣衆の古株達である。 俺もKGBさんも札幌でのオフ会が決まった時点で輝さんへ書状をとばしていた。 KGBさんの書状への返信に「バイクで雪の札幌など殺す気か? 95%無理、5%は行くかもw」と書かれていたらしい。 

 テーブルの正面では相変わらずKGBさんと、義理さんがタブレットをはさんでなにやらやりとりをしている。 俺もS2など興味もなかったので合成もしてないし、するカードも無い。 それよりも、蒼母衣衆の設立時からやく7年、一緒にIXAで同じ飯を食ってきたかな姫の方に興味があった。 同盟内唯一の女性で有り、何よりも付き合いが長い。 どんな経緯でIXAに片足を突っ込んだのか知りたかった。

「かなさんはなんでIXA始めたの?」 訪ねてみた
「え~? ただ何となく・・ 伊達政宗さんのイラストが素敵だったからどんなゲームかも知らずに参加しちゃったの」
「政宗公のイラスト?」
「そそそ、今のじゃなくて、一番最初のイラストが素敵だったからポチって、気がついたらポチッポチッって内政してたの」

「あ~いちばん最初のイラストってこれだよね」 義理さんが自分のタブレットから政宗公のカードを見せた
「そそそ、これこれ^^」 カードNO1013の一番初期の攻撃政宗公だ
「え~じゃ、俺と同じだね^^ おれもこの政宗公に釣られてIXAを始めた訳だからね^^」
「で、なんか同盟が分かれたときにめめさんに、こっちに来いって言われて・・着いてきたの」 へ?
「お・・おれが着いて来いって?」
「そだよ^^」
「輝さんじゃなかった?」
「ううん、めめさんに誘われたんだよ」 だっけ・・?

 この蒼母衣衆誕生の秘話を書き始めたら二日じゃ終わらないので省略するが、とある中坊同盟wからめめが分家し、輝さんが中坊同盟のメンバーにめめの支部に移るように促した書状を送り、結果、下克上の形で蒼母衣衆が誕生した訳であるが、その際に輝さんでは無く、めめがかな姫にお声がけをしたらしい。 確かに数名に俺自身からも書状をとばしてお声がけをした遠い記憶がある。

「で、めめさんについて来いっていわれたからヒョコヒョコ着いてきて、いまだに内政ゲームをしてる訳なのよ^^」 へwそか

 し・・知らなかった。 俺がかな姫に7年も前にお声がけをして生まれた子供が小学生になる年月も一緒に遊んできたとは・・。 有り難いメンバーさんであった。

 義理さんもKGBさんもそれを聞いて、蒼母衣衆設立まもない頃のメンバーの話に花が咲いていた。 俺はもう昔のメンバーの名前など覚えていない。 驚くことに、KGBさんと義理さんは大昔のメンバー一人一人の名前や境遇を覚えている。 誰々さんはいつ同盟に加入して、次に、何処の同盟に移って行ったとか、当時の蒼母衣衆の国内ランキングまで鮮明に覚えているのだった。

 物忘れを得意とする俺からみればKGBさんや義理さんは 神 であるw

 蒼母衣衆の古きよき時代に物思いにふけっていると、LINEがなった。 輝さんからだったw
 先ほど俺が北海道には乳牛しかいないと、返したLINEに反応して

「知り合いにいぜんもらったことのある割とあっさりしたお肉です。数が少なくネットとかでは出ていない現地でかうしかないと聞いています」と、メッセージが届いたw

「探してみます」と返しておいた

 この度の4名がそろうのならば、輝夜さんがいなくてはやはりサマにはならない。 是非、雪の札幌まで伝説のバイク、隼(はやぶさ)で来て欲しかったw まぁ~輝夜さんとは前々回の早稲田でのオフ会で合流したが、思いも寄らないほど無口な輝夜さんで、あまり話が出来なかった事の後悔が今でも残っていた。


 同盟の合体や分裂の話に花が咲き、なにげにKGBさんから「めめさん、どうして今の同盟と合体したの?」とふられた。
 確かに現在の蒼龍総本山は3同盟が合体してできあがった同盟だ。 「どうして?」と、聞かれれば一言、「10合流がしたかったから」が一番の理由だった。

 3同盟の合体後、KGBさんに盟主を御願いし、現在の天寿さんが盟主を継続しているわけだが、とても居心地の良い同盟になっている。

 盟主の話をしている時、KGBさんが「前回のオフ会で天寿さんとはせぽんさんとも飲んだけど、とてもみんな気さくで楽しい人だったよ」と、新宿駅前でのオフ会の話をなにげに持ち上げた。

「天さんは俺とあんまり変わらないのに、もうお孫さんがいるんだよ^^ 羨ましいよね」
「で、はせぽんさんは最近二人目の子供さんが生まれたし」と、情報通の近況報告が続く

「でも天さんはおじいちゃんらしくないし、若々しくて、物腰の低い楽しいおっさんです」と、酔いもまわりだしている

「良し、じゃ、これから盟主へTELして見よう~^^」 まだビール2杯目だったw

「きっと出てくれるからさ~^^」 天さんの携帯番号をさがしてKGBさんがポチった

♪~♪~♪~



ゲリラライントークの始まりだった・・・Orz




この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(2) | ▲ top
オフ会 札幌  3
- 2018/12/08(Sat) -
 待ち合わせ場所は意外とお洒落なビストロ風の店だった。
 

   海鮮ダイニング 空     海鮮ダイニング 空 入り口


 階段をあがり、ゆっくっりと大きなドアを引いた。 店内から暖められた空気が流れ込んできた。 中に入ると居酒屋という雰囲気よりもお洒落なレストランだった。 入り口のドアが閉まると同時に右側のカウンター横から従業員が俺をみつけて寄って来た。

「いらっしゃいませ。 何名様ですか?」 感じのいい若いお兄ちゃんだった
「予約での待ち合わせなんだけど、多分4~5名での・・」
「ご予約ですね。 ご予約名を戴けますか?」 左側にある小さな会計口へ歩きながら予約表を手に取った
「あお・・じゃない、蒼龍・・せいりゅう・・なんとかw せいりゅうそうほんざん・・かな」 恥ずかしくて小声になる
「せいりゅう・・あ、御座いますね。 蒼龍総本山様、どうぞこちらです」

 店の真ん中を従業員の後を追う。 突き当たりの大きな窓を右に曲がり、7~8人ほど座れるガラス張りの個室の前を通りぬけ、隣の部屋の前で彼が立ち止まった。 「こちらです」。 「有り難う」と言って、ガラス張りの個室を覗くと見慣れない女性の顔が正面に飛び込んで来た。 かな姫?、と口から出そうになった名前を飲み込み、手前に陣取っている二人を見るとKGBさんと、懐かしい義理さんが座ったままこちらを振り向いた。

 俺と目と目があった女性が立ち上がって奥側へ入れるように気遣ってくれた。 部屋への入り口の小あがりで靴紐をほどき、コートを脱ぎながら部屋へ上がった。

「やっと来たね、ダンディーめめさん」 KGBさんも立ち上がって足場を開けてくれた
「ごめん、遅くなってしまって」 コートを手に部屋に入り込んだ
「どぞどぞ、こちらへ」 かな姫が奥に進めてくれた

 コートを背のハンガーへ掛け、かな姫の横に腰をおろした。
「札幌までわざわざ来てもらえて、有り難うございます^^」 正面、右側のKGBさんが笑顔で迎えてくれた
「お久しぶりです^^」 正面の義理さんとは4~5年ぶりだった
「て、ことは・・かなさん?」 俺の隣の女性に聞いてみた
「はい!かなです^^」 

 TVのコマーシャルで福山雅治とジョニー・デップのCMを見て、急にビールが飲みたくなり、6缶も買い込んで飲み干してしまう道産子美人とはどんな娘なのか? てか、真夜中に 陰陽座 甲賀忍法帖 を大声で歌う娘など興味津々だったw

[広告] VPS




 そんなイメージからか、思わず「かなです^^」と言われて、「陰陽座の黒猫さんですか?」と、突っ込む寸前のところで言葉を飲み込んだw なにげにボーカルの黒猫ににている。
 彼女とはもう付き合いが長い。 7年前に蒼母衣衆を立ち上げた際に最初から同盟に入っていた娘だった。 KGBさんよりも義理さんよりも長い間柄だ。
 

「俺、めめです^^ どお? オフ会って会うまでがドキドキだよね」 もうKGBさんと義理さんとの挨拶は終わっている様だ
「そうなんですよ><昨日はよく眠れなかったし、行くのやめようかなぁ~とかw でも、急に行かなかったら申し訳ないし・・って」
「オフ会はそのドキドキが楽しいんだよね」
「ほんとうここに来るまでもドキドキでした」
「だよね^^」

 テーブルの上にはもうビールジョッキとお通しが3~4品届いてた。 俺待ちだった。

「めめさん、ビールでいいですか?」 KGBさんが気を利かせてくれた
「うん、生をおねがい」

 後ろを振り返り、丁度、遅れてきた俺のオーダーとつまみを取りに来た女の子の店員に「生ビールを1つ追加で」と、注文してくれた。 

 正面の義理さんは4~5年前のイメージとはかなり違って見えた。 と、言うか、もうイメージも薄れかかっていたせいもあったのだろう。 ルパン三世の 次元 を真っ先にイメージした。 マジ、そんな顔立ちだった。 東京から札幌へ移り住んでからは、ヤケにインが増えた義理さんに興味もあった。 
 久しぶりのKGBさんは相変わらずで、マッチョなサーファーで、彼とのオフ会では毎回半袖で、マッチョな腕の筋肉が見え見えだったが、流石にここ札幌では半袖は辛いらしく長袖だった。

「めめさんが到着して、後はデビルさんと輝夜さんまちだね」 KGBさんが笑いなが続ける
「デビさんは分からないけど、輝さんは5%の可能性が残ってるから、その5%にかけよう!」 
「輝さん、きっと来るよね」 かな姫が笑う
「バイクですか・・それは辛いかもw」 義理さんが真顔でつぶやいた

 俺のビールが運ばれてきた。

 入り口近くのKGBさんからジョッキを受け取り乾杯の用意ができた。
 KGBさんが自分のジョッキを取り、

「札幌、ススキノまで、皆さん、お疲れ様でした~♪ かんぱーい♪」 と、音頭をとった

「お疲れ様でした^^」
「おつかれ~さま~」
「マジ お疲れ~だわ^^」 ここまでの道のりは流石に俺には長かった

 4人でグラスを合わせた。 

 
 KGBさんのタブレットを魚に、楽しいオフ会が始まった。



 この時点ではこのオフ会がまさかの深夜を通り越し、明け方まで続くとはだれが予期していただろか?

 



この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(4) | ▲ top
オフ会 札幌  2
- 2018/12/08(Sat) -

 新宿を出て7時間半をかけて瀕死(ひんし)の状態だったがwなんとかホテルにたどり着いた。
 
 成田~札幌間だけならたったの80分だが、移動時間や待ち時間で6時間を費やしたことになる。 7時間半というと殆ど成田~ハワイ・ホノルルの移動時間だ。 北海道を舐めていた >< と、遠いわぁ~北海道w
 
 やっとホテルに着いた安堵感からか、いきなり小腹がへっていることに気づいた。 そういえば朝から何も食べていなかった。 ホテルのガイドファイルに目を通してルームサービスを探した。 あった。 中華料理と軽い和食だけだったが、目に飛び込んできたラーメンが無性に食べたくなった。 メインベットの脇の電話でルームサービスを頼んだ。

♪~
 「ハイ、ルームサービスです」 かわいい美人の声を期待したのだが、低音の若いお兄ちゃんの声だった・・マジ残念w
 「1310のめめですが、ラーメンとアイスコーヒーをブラックで御願いします」
 「ラーメンはありますが、コーヒーのルームサービスはやってません」 御座いませんが・・だろうが、応対の言葉がなってない
 「は? コーヒーがない?」
 「はい、やってませんので」
 「じゃ、ラーメンだけでいいや」
 「はい、すぐにお持ちします」
 「有り難う、よろしく」 受話器を置いた

 世界中、ある程度の名の知れたホテルで従業員の対応が悪いとホテルのイメージまでダウンしてしまう。 特にフロントやコンセルジュの対応が悪いとゲンナリしてしまうものだ。 ましてや、ルームサービスの応対が下手だと最悪だ。 疲れが5割増しくらいになってしまい、そのままベットに大の字でうつぶせに倒れ込んでしまった。

 しばらくの間、放心状態でベットに倒れ込んでいたが、思い直してベットから立ち上がり部屋の中央のディスクに座り直した。 
 
 そもそも、この部屋にはベットが4つある。 メインベット2つとサブベットが2つ、計4人で泊まれる部屋だ。 なんで?と、思うかもしれないが、実はこれには訳があった。 理由は2つ。 ひとつ目はオフ会に来てくれるメンバーの中で、義理さんやかな姫は札幌近隣からの参加なので、ひょっとすると車でくるのかなぁ~?と思ったのだ。 車なら駐車場が必要だし、帰りまでの間に酔いをさます場所が必要だと思ったのだ。 
 そして、ふたつ目は今までのオフ会の経験から学んだ事なのだが、オフ会が盛り上がると終電などお構いなしになってしまう。 ましてや、今回はKGBさんと俺は札幌に宿がある。 ひょっとすると夜中、朝方まで時間無制限でのオフ会になる可能性があったからだ。 朝まで飲むのならば俺の部屋で飲んで、ついでに泊まっていけば良いと思ったからだった。
 チケットと一緒にホテルを決めた時はJR札幌駅に直結している JRタワーホテル日航札幌 のスイートルームをブッキングしていたのだが、急遽、変更して4ベットルームのこのホテルにしたのだった。
 
 ん~、めめ と言う人種はとても優しい人種なのだと、自分でも思ったw

 TVをつけてローカル局を順番に見ていると北海道ならではの地方CMに笑えた。 東京のスポンサーCMなのに北海道バージョンのCMになっている。

♪~ 
 部屋のチャイムが鳴った。 ルームサービスがラーメンを運んで来た。 時計を見ると午後6時30分を過ぎていた。 え?時間が経つのが早いなぁ~と、思いながら電光石火でラーメンをすすった。 途中、フロントへ電話をして午後7時ジャストにTAXIを御願いしておいた。 ここからススキノまで歩きなら15分ほどかかるが、車なら5分もかからないハズ。

 午後7時の集合時間に少しあせりながらも、味のよく分からない札幌ラーメンを流し込んだ。 今日初めての食事だったw



 早々に食事を終え、食事のトレイに紙ナプキンを掛けてドアの外に出し、鞄に財布と携帯、Wifiをぶっ込んで部屋を出ようとして電源スイッチBOXから鍵を抜こうとした時に手が止まった。
 このまま電源BOXから鍵を抜くと部屋中の電源が切れて真っ暗になってしまう。 当たり前の事だが俺にはそれが許せない事だった。
 東京に居ると時でも外出して部屋に戻る予定が夜になると分かって居る際は、部屋中の明かりを付けっぱなし外出をするのだ。 部屋に帰って来た際に真っ暗な部屋は寒々して嫌いなのだった。 で、必ず部屋中の電気を付けっぱなしにして外出する癖がある。
 そこで、部屋の備え付けの冷蔵庫の上に新品の箸と栓抜きとグラスがある事を思い出し、箸を取りに戻った。 その割り箸をゆっくりと部屋の鍵と入れ替えてキィーを抜き取っても部屋の電源が落ちないようにした。 これで部屋中の電気は付けっぱなしで、エアコンも作動したままになった。 
 ホテル側からすれば誰も居ない部屋なのに電源が落ちていない訳なので嫌な客かもしれないw 

 割り箸が電源BOXから落ちないようにゆっくりとドアを閉めて、ドアの覗き穴から部屋の電気がついている事を確かめてからエレベーターホールへ向かった。 午後7時丁度だった。


 フロントで部屋の鍵を預け、頼んでいたTAXIに乗り込んだ。 
「ススキノの南北線?駅まで御願いします」 と、TAXIのドライバーに告げた
 東西線なら東京だよなぁ~と、ひとりで突っ込んでみたw
「ススキノの駅ですね」と、ドライバーが聞き返してきた。 すまん、ワンメーターの距離だよねw
「ええ、御願いします」
 風はなく、雪だけがゆっくりと空から降ってくる北国らしい風景の夜だった。

 TAXIはカーブの度に後ろタイヤを滑らせながら、10分もかからずススキノの駅に到着した。
「ここでいいですか? もうそこが駅ですから」 ドライバーが左前方を指さした
「ええ、ここで結構です」 案の上670円のワンメーターだった
「領収証は必要ですか?」
「いいえ、必要ありませんから」
 鞄から財布を取り出し、1,000円札を渡した。
「おつりはコーヒーでも飲んで下さい」 と、早々に車を降りた
「申し訳ありません。 有り難うございます」 と、車から声が聞こえた

 ススキノ駅の交差点に立った。


    ススキノ駅周辺


 車から降りて立ち止まり、待ち合わせ場所の すすきのビル を探した。 正面に目指すビルを発見した。 

 待ち合わせ場所の 「海鮮ダイニング空(そら)」 はイタリアンやフレンチを売り物にしているお洒落なダイニングバーだ。 KGBさんへ紹介をしたのは俺だが、歌舞伎町の友達が「ススキノでお洒落な個室の居酒屋なら 海鮮ダイニング空 かなぁ~」と教えてくれたマスターがいた。

 交差点の向こう側だが、路面が凍結していてやけに滑る。 新宿のマンションを出る時に、持ち合わせのリーガルの中で1番靴底にギザギザ模様のある靴底を選んで履いてきたのだが、役にはたたなかった。 滑る。 滑るw

 皆んな交差点の歩道の上でスケートをしながら歩いている。 やっとの思いで交差点を渡りきり、すすきのビルにたどり着いた。 このビルだったよなぁ~と、ビルの正面の入り口を探すとそれらしき入り口があった。 
 入り口脇の看板を確認すると 風 とあった。
 少し遅れたけど皆んなに謝って許してもらおうと、頭の中で言い訳を考えながら細い階段を上がった。 入り口は3階にあった。 風 の看板を横目に大きく深呼吸して店に入って行った。

「いらっしゃいませ。 お一人ですか?」 姿勢の良い店員が会計口から訪ねた
「いや、予約済みで4~5人だと思うんだけど・・」
「4~5名様ですね。 お名前は?」
「多分・・蒼龍本山・・」 モゴモゴw
「はい?」 聞き直された
「たぶん、せいりゅう・・蒼い龍の総本山・・」
「せいりゅう・・すみません、見当たりませんが・・」
 へ? ない? そんなぁ~・・
「7時から個室を予約しているハズなんですけど・・」
「7時からですか・・」

 うへw ここで気がついたw なにげに漢字一文字の店に飛び込んで来たが、ここは 「風」 だったw
 待ち合わせは 「空」 だったw

「すみません、ここ、空じゃなかったですか?」 恐る恐る訪ねたw
「あ~、よく間違われるんですよ^^ うちは 風 です」 
「 空 はこのビルの左側にエレベーターの入り口がありますから^^」

 やっちまったw

「すみません、勘違いでした。 出て左の入り口ですね?」 ひえ~w
「ええ、そうです。 左です」
「有り難うございます。 すみませんでした」 顔がほてるw

 ドアをゆっくり背にして上って来た階段を1階まで下りた。 店を間違えた事もそうだが、何よりも 予約名 に問題があるとつくづく思った。 「ご予約名は?」と、聞かれて 「蒼龍総本山です」 とは大声では言えないw 
 頼むから次からのオフ会は個人名にしてくれ! Orz

 間違えた風を後にして空を探した。 同じ漢字一文字で紛らわしい過ぎるわぁ。 よりによって風や3階、かたや空は8階とか、同じテナントビルに入っているとは・・全くw

 すぐ左側に 空 の看板を見つけた。 エレベーターホールへ向かう。 何故か田舎から東京にでてきて、都会の町並みに驚いている、そんな気分だった。 ススキノも立派な都会だ。


 エレベーターホールで大きく深呼吸した。 今度は間違いなく 海鮮ダイニング空 を目指す。

 エレベーターに乗り込み8階をポチッる。 ドアが閉まり上昇を開始した。 客は俺一人だった。

 10秒後、8階に到着してエレベーターのドアがゆっくりと開いた。

 空 に到着だ。





この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(0) | ▲ top
オフ会 札幌  1
- 2018/12/03(Mon) -
 
 12月1日(土)、札幌ススキノにてオフ会が行われた。


          JR札幌駅


 当日の朝、目覚ましのアラームで9時に目を覚ました。 昨夜は歌舞伎町で友人からの相談事に付き合ってマンションへ帰宅したのは午前3時過ぎだった。 5時間は寝ているものの、アルコールが抜けていない。 今夜のオフ会がなければ間違いなくこのまま喧しいアラームを止めて2度寝のパターンだった。

 働かない頭で無理矢理ベットから下りてダイニングでコーヒーを落とし、今年限りで止めようと決心しているタバコに火を付けながらソファーに腰を落として携帯のメールとLINEをチェックする。 コーヒーをすすりながらPCの電源を入れ、タバコの火を消してそのままバスルームへ向かった。
  
 シャワーを浴びても冴えない頭でリビングへ戻りTVとPCを開き、IXAにINすると書状のランプが赤く点灯していたので覗いてみると、今夜のオフ会に参加予定の唯一の女性 かな姫 からの書状だった。 「オフ会、ドキドキだけど楽しみにしています。」との事だった。 かな姫ってどんな女性かな~と、想像を超えた妄想wの中で着替えてリビングに戻り、飲みかけの冷めたコーヒーを飲み干し、ソファーで携帯を手に取って「ヘイ、シリィー 今日の札幌の天気は?」と、訪ねてみた。 「今日の札幌市の天気はあまりよくなさそうです・・最低気温は-1℃で、雪が降るでしょう」と、教えてくれた。 雪だとw へ? 東京は18℃だとさっきTVでやっていたのだが・・・厚めのコートをウォークインクローゼットから手に取った。

 鞄に財布、携帯とWifiだけ放り込んで部屋を出た。

 地下駐車場で赤馬に乗り込み、エンジンをかけながら時計を見るとジャスト10時だった。 午後2時のフライトなので余裕で新宿から成田空港へ向かった。 実は最近は全く車を運転していなかった。 左右の目で大きさが違って見えるのだw 右目が黄斑変性症と言う不治の病で、昨年は正確な診断と治療のためにフランスのパリまで行って知人の紹介で有名な名医に見てもらったのだが「これ以上進行しなければ治療は必要ないでしょう。 と言うよりも、治療のやりようがありませんから」と、匙(さじ)を投げられてしまっていたのだ。 左目がB5サイズで右目がA4サイズほどの大きさに左右歪(ゆが)んで見えるので、夜間の運転など怖すぎて全く運転ができないのだ。 勿論、日中でも片目で運転している様なもので目の疲れ方が半端ない。 趣味の車に乗れないのは相当にこたえるが、しょうがないので必要最小限に運転は控えていたのだった。 それでも最近ではセカンドカーにとメルセデスのSシリーズを購入しようかどうか悩んでもいるw

 成田空港の第2ターミナルの駐車場に到着したのはほぼ昼頃だった。 第3ターミナルの駐車場は遠いうえに不便なので車を第2ターミナルに駐めて、第3ターミナルまでの無料シャトルバスに乗り込んだ方が便利なのだ。 徒歩なら第2から第3までは20分ほどもかかるが、シャトルバスなら3分で到着する便利さだ。 てか・・第3ターミナルは LCC=格安航空 専用で実は今まで一度も利用した事がない。 
 札幌までの格安航空券を調べてみて、片道5500円のバニラエアーをスマフォで見つけて思わずポチッてしまったのだ。 (たまにツイッターにスカイチケットのコマーシャルが現れるので、気になってLCCチケットを調べて見て5500円を見つけたのだが、実はスカイチケット(社)の手数料に3240円を取られるので、結局は8740円になってしまうカラクリにはまったのだがw)

 第3ターミナルにシャトルで到着後にバニラエアーのカウンターを探してみた。 ANAの子会社なのだがカウンターはターミナル3の入り口から左端の一番端っこの隅(すみ)の隅(すみ)だった。 とりあえずカウンターまでたどり着き柱時計を見ると12時30分を過ぎていて、チェックイン可能だった。
 速攻で手動チェックイン機で予約番号を入力してボーディングパス・・紙ッキレを発行された。 しかし、あと90分は時間をつぶさなくてはならない。 90分何をして時間をつぶすか・・。 第1や第2ターミナルならクレジットカードメンバーのラウンジがある。 まったりフカフカのソファーでシャンパンを飲みながらオードブルでも摘(つま)んで時間をつぶせるのだが、ここからまた第2まで戻る気がしない。 
 仕方なく喫煙所を探してみる。 が、見当たらない。 チェックインカウンターからはなれ、また入り口近くの総合案内所へ向かった。 喫煙所を聞いてみるつもりだったが、途中の案内板で喫煙所を見つけた。 入り口裏側のフードエリアの最果てにあった。
 喫煙所で(-.-)y-゜゜して、ターミナル中央にあるショッピングエリアで暇をつぶしてなんとか1時間を過ごした。
 さすがに歩き疲れたのでセキュリティーチェックを受けてボーディングエリア(搭乗口)で待つことにした。 セキュリティーチェックのラインに並んでいると俺の前のおっさんがコートを脱ぎ、ジャケットも脱いでセキュリティーのトレイ(大皿)に乗せるのを見て、おいおい、そこまで脱ぐのかよwと思いながらマネをした。 1つめのトレイに鞄を置き、2つめのトレイにはコートを乗せ、3つめのトレイに俺もジャケットを脱いで乗せた。 3個のトレイをロールバーの上をころがし、Xレイ(レントゲン)の通過を待つ。 「次の方、どうぞ」と、ガードマンに促されセキュリティゲートを通る寸前にズボンのポケットにライターを入れていた事を思い出したが、シカトして何気ない顔でゲートを通り抜けた。 ピンポ~ン♪と、鳴った気がしたが何も鳴らなかった。 ライターは持ち込み禁止品じゃないのかよ?と思いながらXレイから出てきたトレイを次々と3個受け取りジャケットとコートを羽織った。 最後に鞄を受け取り無事に保安検査を通過した。 
 通過して正面に喫煙所を発見した。 へ? ライター持ち込み禁止なのに・・喫煙所はセキュリティーチック後にあるのかよ?と、ひとりでぼけて突っ込んだw JT(ジャパンたばこ)がスポンサーの大きな喫煙ブースだった。 往復20分もかけて向こうの喫煙所へ行く必要がなかった訳である。
 なんか損をした気分だったのでまた正面の喫煙所へ行って(-.-)y-゜゜してやった。

 約30分ほど搭乗口の広場の長椅子で缶コーヒーを飲んでいると搭乗案内のアナウンスが流れた。
「本日はバニラエアラインをご利用戴きまして誠に有り難うございます。 ご搭乗のご連絡の前にお知らせ致します。 バニラエアラインJW917便、新千歳空港行きは只今より搭乗を開始致します。 現在、新千歳空港の天候は雪ですが、天候が荒れまして当便の着陸が不可能と機長の判断の際は、着陸を見送り、成田空港へ引き返す可能性もございます。 ご了承の上、ご搭乗下さいませ」 え? へ? 何だと?
 天候が悪化の際は成田へ引き返す事を承知で飛行機に乗れと、だとw さらりと怖いアナウンスをするバニラエアーだなぁ。 戻られたらどうするんだよ俺? ひと月もまえから楽しみにしていて、エアーもホテルも押さえたのに、な・・なんだとぉ。
 まいったなぁ。 吹雪にならない事を祈るしかなかった・・。

     バニラエアー

 150番ゲートなどど今まで見たこともない大きな番号のゲートから移動バスに乗せられ駐機場の真ん中あたりで、派手な黄色の機体に無事に搭乗した。 3列+3列の6列レシートのアイル側、無事に通路側に腰を降ろした。 狭めっ! 狭すぎるシートがw
 考えてみればここ20年ほどノーマルクラスなど乗った事がなかった俺だった。 それをLCC(激安チケット)のギュギュウ詰めのプラモデル程度の旅客機など・・揺れそうで怖いわぁ~。 狭いよう~、暗いよう~、怖いよう~w 

 俺の心の叫びなど聞こえもせずにバニラエアは成田の空に飛び立った。

 
 1時間20分後、新千歳空港に放心状態の俺を乗せた小型飛行機は無事、到着をした。
 俺を歓迎してか無風状態で小雪が降っていた。

 2度とLCCなんかに乗るらねぇ~からなぁ!   ・・・あ、明日の帰りもあるのかよw    

 寝不足と二日酔いにLCCが追い打ちをかけられ、最悪の体調で札幌に到着する事だけを目標に新千歳空港の地下へ向かい、みどりの窓口から快速トレイン南北線のUシート(指定席)を買い込み、ホームで15分ほど中国人ツアー客にと一緒に寒さに震えながら列車を待った。 

 その甲斐があったのか、滑り込んできた小樽行きの快速列車のUシートは快適で、列車も都会の新幹線の様な乗り心地で俺を札幌へ運んでくれた。 約30分でJR札幌駅に到着した。

 JR札幌駅はまるでJR名古屋の様な作りになっていた。 駅のホームの左右に大丸デパートや紀伊國屋などが軒を吊られ、JRホームの脇から上層のホテルにも行ける。 最近は札幌も来ていなかったので名古屋駅とイメージがダブっていた。

 駅の外へ出るとクリスマスの装飾がなされていてとても幻想的な都会の雪国だった。

 予定では歩いて大通り公園のホテルまで行くつもりだったが、足下が氷と雪で滑ってしまい、1分ほど歩いて断念してTXAI乗り場へ足を進めた。 時刻は午後5時15分を駅の大時計が示していた。 タクシーに乗り込み、ホテルを告げ、体調不良&気持ち悪い80%でなんとかホテルへチェックインした。

 さてと、一休みしてから午後7時からのオフ会に顔をだそうかなぁ。 時差ぼけをなんとかしないと・・・w



  
      ビューホテル大通り公園  13階       大通り公園










この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(2) | ▲ top
| メイン |