FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
運命だから・・・
- 2018/04/18(Wed) -

 今日1日だけで3度も 「・・・・運命だから」 と、言う言葉を耳にした。

 眠ようと思ってベットに入ったのだが、気になって起き出してしまった。

 朝、友人の見舞いに花を買って大学病院へ行って 「これも・・・・・運命だから」 と、彼女は言った。

 昼、別な友人(♀)と飯を喰っている最中に 「あなたとは・・・・・運命かも」 と、彼女も言った。

 夜、歌舞伎町のガールズ・バーで1人飲んでいると 「しょうが無いけど・・・・・運命なのかも」 と、呟かれた。

 「運命」・・・・・。 俺は運命と言う言葉を信じないタイプの人間だ。

 朝の彼女の言った「運命」は、こうなってしまった後悔の意味に聞こえる。
 昼の娘の「運命」は、偶然の巡り合わせに聞こえた。
 そして、夜の彼女の「運命」はどうしようも無い現実を写していた。

 たったひと言の「運命」だが、幅が広すぎて、聞き手の都合に合わせて聞き取られている。

 俺がもし「運命だから・・・」と、言うならば、それは、後悔や偶然、現実逃避ではなく紛れもなく、

 
 俺の DNA が、「俺が生まれて来てから死ぬま」での、決まり事を順番にこなしている 最中 での出来事を「運命」と、

 
 呼ぶ事だろう。

 つまり、何が、どんな事がこれから先に起ころうが、それは全て決められた道を歩いている課程での出来事であって、
 
 諦めでも、偶然でも、後悔でも無い 100% 決められた上での出来事が = 運命 だと信じている。


 だから、明日、ガンが発症したならば、それは生まれた時から決められた時間が来ただけの事であって、

 明日死んでも、それも生まれた時に決められた時間だと思っている。


 俺はそんなヤツなのだ。


 寝るw Am 02:30

 めめ。

スポンサーサイト
この記事のURL | 近況報告 | CM(2) | ▲ top
まじいなぁ~  ・・・ No12  の前に自分用メモw
- 2017/11/11(Sat) -
 11月11日、
 中国の楽天!と呼ばれる「アリババ」が1日だけで2兆8000億円を売り上げる年に1度の独身男性を餌にするバーゲン日。

 つい最近まで社会主義だったくせに日本の流通を模倣して富裕層が食いついたモノだから、品質最低のくせに国家をあげての在庫処分の日なんだなぁ~。

 中国はどうも好きにはなれない。 別に俺に好いてもらわなくてもあちらの国では痛くも痒くもないのだが、そのどうも好きになれない国に俺が最近ハマってしまった娘が2人いる。 w  是非とも紹介してから更新を進めることにした^^。


 [かや]
       かやowo      ← クリックね

 猫ミミ・ストッキングと足の長さに心を奪われてしまったのだw で、You Tube を駆け回り 「 萌え♡ 」 に目覚めたのだw 
 FREELY TOMORROW < & ルカルカ★ナイトフィーバー 、白金ディスコも無ェ ・・・・ このダンスのキレッキレッが分かる人は是非とも1度、歌舞伎町で朝まで語り明かしたいものだ。^^


 

 もう1人はこの娘!

 Aliga 1 Aliga 2

ユーチューバーのコスプレヤーなんだけど、アニメをメインにコスプレする娘で可愛さと七変化のすばらしさが、他より頭ひとつ抜け出していま~す。
                      Kizuna AI
                          A.I.Channel      ← クリックね



      
[広告] VPS

 


[広告] VPS



コスプレも歌も完璧^^

                              あれ? 更新は?

                                  こ・・・今回はぁ・・・最近はハマっている萌え娘でしたぁ~ 



  彼女に萌え~~、いや、興味のある方は twitter か Facebook で 
                              「 Aliga(梨嘉)—cosplayer 」 で名前を検索して下さいませ。^^




この記事のURL | 近況報告 | CM(0) | ▲ top
近況報告
- 2017/10/29(Sun) -
              美人なイズ      調子こいて盛りすぎなイズ       またかよぉ~イズ
  
                                  ミミmimi
    

              俺の苦手なサチ     俺の前で油断するサチw     まぁ~美人かなぁ~サチ


                   俺が唯一、頭があがらない 3匹 ^^

                               こいつらに俺の弱みを握られている・・・今でも w




 この度の合戦は、デートが忙しくて参戦できませんですたぁ~。

 新大久保で拾った金髪美女がな・・・なんとウクライナだと知って思わずこちらからモーションをかけてデートへ誘ってみたのだ。 ^^

 次の日に高級ホテルで待ち合わせの約束を無理矢理に取って、待ち合わせのホテルへ♡ルン♡ルン♡で行くと長身の美女3人が待っていた。 へ?
 新大久保で拾ったのは1人だったが、その娘が俺の毒牙にかからないようにと、2人もボディーガードが、俺との怪しい昼飯デートへ、本命の娘に付き添って来たのだった。 まぁ~歌舞伎町ではよくあるパターンなんで何人で待ち合わせ場所へ現れてもさほど驚きもしなかったが、頭の中では「4Pはきついなぁ~体力が最近弱ってるからなぁ~」と、勝手な妄想が渦巻いていた。  |д゚)

 4人で高層ホテルのレストランへ向かい、昼飯を食いながら英語とかた言のロシア語でアニメや少女人形の話に花を咲かせていた。 で、高級飯をおごって安心させ、「目当ての金髪美人をお遊びでホテルへ誘ったのでは無く、ただ、ただ、ブロンド美女と楽しく昼飯をしたかっただけ」と、連呼して3人へ信じ込ませた。 いや、信じ込ませることに成功した。 ^^

 話の中で、目当てのブロンド美人が実は リカちゃん人形 のコレクターで、子供の頃にもらった古いリカちゃん人形の可愛さに感動して、少しずつコレクションをしている事を話してくれた。 しめた! 心が躍った。

 原宿あたりで2人でデートして、目に付いたリカちゃん人形を全部買い占めて、彼女の心と体も掴むことなど簡単すぎる事だ。  
歌舞伎町では 体 も 愛 も 心 も 全て が解決してくれる。 そんな街だ。

  しか~し、この度は俺の方が彼女へ一目惚れ(秋田米の名前ではないw)してしまい、こんな娘と一緒なら毎日が楽しいだろうなぁ~と、不覚にも俺が落ちてしまった。

 170cmほどで細身のブロンド、もう、文句の付けようが無い。 笑顔が可愛いのだ。 彼女の無垢なエンジェルスマイルに負けてしまった俺がいた。

     クラウディアちゃん
       似てるわぁ^^


 リカちゃん人形が好きでたまらず、「夢」は福島県の郡山市の近くに最近になってオープンした「リカちゃんキャスル」へ行くことだと言う。 そこで、キャッスル(城)限定のモデルを1個でも購入できれば人生の半分の夢は達成されるとまで言い切った程だった。

 福島県、郡山? すぐそこじゃんw 赤馬を飛ばせば新宿から3時間もかからないだろう。 テーブルを4人で囲みながら食事中、携帯でリカちゃんキャスルを検索してみた。 そこは歴代のリカちゃん人形を展示しているミュージアムだった。 ただ、キャッスル限定品はここでしか購入ができないので、ヤフオクやアマゾンでは定価の3~5倍の価格で販売されている様だった。

 携帯を(最近、買い換えたiPhone8+)をテーブルの上にそっと置いて、俺の左右でスペアリブにガブリ付いている2人のボディーガードに話してみた。

「あのさぁ~ クラウディアちゃんの夢を叶える為に、郡山にあるリカちゃんキャッスル連れて行こうと思うんだけど、2人じゃダメかなぁ~・・」
 両脇の2人のナイフとフォークが止まった。
「Ви хочете піти з цією людиною?」(あんた、この人と行ってみたいの?」
「Я хочу піти і подивитися」(私はいきたいわぁ)
「Чи не ця людина небезпечна?」(この人、危なくない?)
「Напевно, я думаю, це все гаразд.」(多分、大丈夫だとおもうの」
「Я не можу зупинитися, якщо хочеш піти」(行きたいなら止めないけど)
・・・・
 そんな会話をテーブルを挟んで3人でしている事くらいは分かった。

 右隣のボスwから「クラウディアが行きたいって言うからしょうがないけど、お泊まり無しでならいいわよ」と、Okしてくれた。^^
 許可してくれたのだった。 高級ビーフシチューが効いたのか、スペアリブが美味かったのかw良く分からないが、とにかくはクラウディアちゃんと2人きりでの郡山行きが決定した。 ^^ うしゃ~!
 ウエイターからメニューをもらい、片っ端から両脇の彼女達へオードブルを5品ほど追加して、機嫌を取り、クラウディアちゃんとの幸せなデートの妄想を膨らましていった俺だった。 w  幸せな時間だった。

 お泊まりなしならOK!との事だが、・・・・まぁ~ケースbyケースでのデートを楽しむ事にした。 俺は明日にでも都庁へ走り込んで婚姻届を出しても後悔はしない程なのだから・・・。


 
 今川家との防衛戦が開始される陣張り日、一日前にクラウディアちゃんと郡山へ向かった。 結局、郡山の隣町に 熱海 という町名があり、そこの「四季彩 一力」旅館の離れへ2泊して りかちゃんキャッスル を堪能してきますた。 ^^

 タブレットとWIFIをバックに詰めて出発して、陣張り当日は盟主へ加勢のみ。 本丸は 「デ~ト中✨チラ見参戦」 としておき、食事や気が向いた時だけインしてますたぁ。 (すまぬw盟主殿)
本丸は3デッキほどで防衛しておき、補佐と隣のはせぽんさんへ加勢を出し、フルデッキ使用中状態でした。


 クラウディアちゃんとのデートとIXAを天秤にかければ、そりゃ~~~計りにかける前に駆け落ちするわぁさぁ。 ^^

 そんな放置プレー合戦の最中、最終日、チラ見すると 10/26 14:42:24 見事にめめ本丸が陥落していました。

 陥落図

 気が楽になりw、クラウディアちゃんと家族風呂で遊んだ後、全身オイルマッサージを3時間コースで2人で施してもらい、部屋ではリカちゃんキャッスルで購入したばかりの人形を取りだしてはママゴト遊びで時間を費やしてしまいました。 w 

 購入した城限定モデルは全品で20品。 同じモデルを 10種類 x 2 で購入してあげたのです。 これはコレクターの常習手段で、本物のコレクター、いや、オタクなら x 3 で購入するものなのである。 1個はオープンして遊ぶ、2個目は箱のまま見えるところへ飾る、そして3個目は完全ストック用で冷暗所wへしまい込んでおくわけだ。

 で、クラウディアちゃんへも箱のまましまって置く用にと開箱用にと2セットずつ購入したのだった。 彼女の喜ぶ笑顔に釣られ、100個でも200個でも、全品、買い占めてやりたい衝動になったほどだった。


 2泊3日のデートを終えて夜9時過ぎにタワーマンションへ帰って来て、デスクトップPCにインしてみると本丸は陥落のままで、もう少し防衛Pと5万の攻撃Pが欲しくなり、本丸周りの敵の赤陣を5~6個掃除して、シャワーを浴びようとしたその時、大音量でPCから敵襲アラームが鳴り出した。

 へ? どこの陣へ敵襲きたんだよ? アクなの分かって攻撃してきたんだろうなぁ~? と、敵の攻撃陣をみると・・・・Orz
「隠れブログファンです」と、陣名が書かれていた。 笑  城主名も知らないし、今川家、友達いないしw・・・・多分、挨拶かわりのノックくらいだろうなぁ~と思った俺が・・・・甘かった。 

 1人合流、8武将での本気攻撃だった。 w おい~w 俺のファンじゃないのかよぉ~w  10/26 21:47:24

 ん?

 無防備な本丸へ合流攻撃で挨拶に来やがった。 w

 むぅ~少し防衛するかなぁ~と、思った瞬間にまた敵襲が来やがった。 w  こんどは俺(めめ)のファンでは無く、俺の秘書のファンだとぬかしている。 w  あわてて2デッキだけで防衛してみた。

 秘書だと?

 むぁんだとぉ~、俺のブログのファンではなく、秘書のファンだと? >< 
 何番目の秘書かは聞きそこねたが、確かに天6枚以上も混ぜ込んだ1人合流をしてくるなど、俺のファンではなさそうだった。

 たまたま、帰宅して復活したばかりのめめ本丸への敵襲を目撃した 天寿さん と はせぽんさん が加勢を送ってくれて本気攻撃からの陥落だけは取り止めたが、俺のファンでは無いことだけは良く分かった。
 
 本気かよw

 とある「今川家」の、とある「世界に1つだけのアナ♥︎同盟」の匿名希望「Wilshereさん」からきつい挨拶攻撃を頂いた次第でありますたぁ。 


 現在、途中半端になっている「刑事事件」の話を完結させて、次作は記憶に残る「秘書達」の話を書き進めていく事を約束して、彼は帰って行ったのでした。 そんな訳で、思い出したように秘書達のPic、貼り付けてみました。


 どうか、気軽にリクエストがあれば、「サチの話、書け!」とか、「イズの写真、くれ~」とか、「ミミのSEXYショットくれ~」とか、気軽にコメント残して戴ければご要望にお応えしていく所存でおります。


 あ~、ただし、めめにはデリカシ~がありませんので黒塗りで城主名、同盟名、国名など、塗り潰す面倒などは致しませんのでご了承の上でめめの本丸や出城へ凸して下さいませ、ませ。 ^^



 久々の近況ですたぁ~~~~。




         クラウディア~~~  結婚してくれ~~~  りかちゃんキャスルから戻ってから音信不通です。 w








  机の中を整理していて、使っていなかったアメックス+デルタエアー・マイレージ Goldカードを見つけたので、利用限度額を調べてみたら (1日に2回だけ調べられる)・・・・・

                           American Express ゴールド

                         550万までは使える様ですたw
         ろくに使っていなくても利用限度額が上がっていく 謎 のカードが机の中で眠っていた。





この記事のURL | 近況報告 | CM(2) | ▲ top
まじいなぁ~  ・・・ No11 の前の久々の更新 
- 2017/10/18(Wed) -
 中途半端になっていた事件の更新をしようと探し出したら、な、、、、なんと、1年ぶりの話になっていた。  ウッ。


 目の調子が良くない事が長引いてた理由だが、オフ会が長編になってしまい、ますます悪化しているw しかし、
何としても完結させたくて筆を執ってみた。

 てか、
 オフ会の記事に同盟内の はなびん さんから素朴な疑問と言うか、会合に誘わなかった嫉妬からイチャモンwをつけられたので更新を決意したのだった。  ・・・Orz


 「京都から輝夜さんがせっかく上京したのにも関わらず、懐かしい同盟設立時の話に花を咲かせずに六本木のショーパブで、ネェちゃんのプリけつ参観に出かけ、あげくの果てにPcまで持ち込んだのにKGBさんへ何一つアドバイスをしなかったオフ会の意味は?」と、投げつけられたのだった。 ><    痛て~わぁ・・・・そこ突っ込まれるとw


 蒼母衣衆の設立秘話はもう2度ほどKGBさんと、はせぽんさんとのオフ会で話し尽くしていたのだ。 蒼母衣衆の原型同盟が立ち上がり、IXAが2期目と言う事もあり、加入者が殺到し、その際にめめ(俺)が支部を立ち上げる為に本家から分離し、人数調整をしていた際に本家の盟主が実はリアル中学生だと発覚し、輝夜さんとの密約で下克上を成し遂げ、二人で蒼母衣衆を立ち上げた話など、俺にすれば義理さんとの秋葉原オフ会を含め3回ほども話している訳で、今回のオフ会のメンバーも輝夜さん、KGBさん、イシュさん、はせぽんさんと古株メンバーばかりなので周知の事としてそれほど話題にはのぼらなかったのだった。

 下克上、張本人の輝夜さんが予想を超えた無口な人柄でw、終始、KGBさんが仕切っていたので、その辺の知れ渡った設立時の秘話は話題には及(およ)んだがほんのお触り程度だった。

 毎回、そうなのだが、2~3時間の時間の流れなど30分程度にしか感じられない程で、実際、六本木へ出かける前半の話など殆ど覚えていないのだw。 各自が思い出したように話題を投げかけ、それに相づちをしてるだけでホテルから午後6時半のシャトルバスに乗り遅れてしまい、ミニバンTAXIを呼び込んで出かけたほどだ。 

 六本木へ出かけた理由は、ひとつ、ピチピチギャルのプリけつ観賞・・・い・・いや、3時間もホテルに引きこもっている訳なので気分転換を兼ねて晩飯タイムにしようとしただけだった。 で、六本木で有名なカレー屋さんになっただけで、入店時間の調整がズレてしまい、カレーを食い損ねてショータイムに突入しただけなのだ。 ( ← かなり苦しい言い訳w )

 その後、ホテルの部屋で飲み直しの本気モードに突入してしまい、かち割り氷りの袋を六本木アマンド脇のコンビニで買いあさり、ホテルには午後10時には宿泊者1名以外は帰ります、と、伝えていたが完全スルーで終電ギリまで居座ってしまい、輝夜さんが楽しみにしていたデリへを呼ぶ時間さえ無くなってしまったw・・・・と、言う経緯(いきさつ)だった。

 ほろ酔い加減のKGBさんへは、どんなアドバイスをしても届かない事は前々回から知っていたので、Pcの出番も無かった訳である。 酔っぱモードのKGBさんなら、数少ない 天 X 天 合成をもしてしまいかねないのだ。 なによりも俺のPcに自分のIDでのログインもままならないと思うのだ。 

 午後15時半集合で解散が午後23時半。 8時間があっという間に過ぎ去ってしまった。 わざわざ京都からの輝夜さん、初の参加のイシュさん、2度目の顔合わせのはせぽんさん、3度目のKGBさんと、8時間は短すぎだった。

 日曜日の集合で、次の日の月曜には各自が仕事や用事があった訳で、泊まりがけでのオフ会には出来なかった。 何よりも横浜からの来てくれたイシュさんの終電が気がかりだったが、気にとめていたのは俺1人だったかも・・w。

 開催前から2度、書状を飛ばしてスケジュールと解散時間を告知していたが、やはり・・・・無理~~ですた^^。

 よく他の同盟員のブログなどで90分の飲み放題や食べ放題でオフ会を開催して解散しているが、蒼母衣衆には不可能な話なのである。


 以上が はなびん さんへの回答となりますw。 こんなの内チャじゃ書けねぇ~わぁ。

Q,「なんで六本木、行ったの?」 A.「気分転換に晩飯を食いに」
Q,「なんでPc、使わなかったの?」 A,「酔っパのKGBさんには、天や極を合成して溶かしてしまいそうで危ないから」  
    
               ですたぁ~。 







 さてと・・・・・1年前からの話、更新しなくちゃね






この記事のURL | 近況報告 | CM(7) | ▲ top
まじいなぁ~  ・・・ No11
- 2017/06/13(Tue) -
Firefox で書いてます   
              (ブラウザーが違うと 文字の形や間隔が崩れて見づらくなる事があります)








ジュエル (4)  ジュエル (5)   ジュエル (6)

            香港から羽を伸ばしに新宿まで来た ジュエルちゃん 
                 香港モデルで めめのマブ達 メミちゃん & メナちゃ ん の仲間です
                      日本でのSKⅡ(女性高級コスメ)の専属モデルを最近ゲットしました
                                          ・・・・フフフフ

 あ!ゲットしました・・・って、めめがジュエルちゃんと友達になれたと言う事と、ジュエルちゃんがSKⅡの専属モデル権を
ゲットした、と言う意味です。 けっしてめめがジュエルちゃんをゲットしました・・・と言う意味ではありませんw



 更新しようと思ってNo1から読み返してみた。
 面白しれぇ~じゃんw  だれが書いてるんだ?   ん?・・ オレかぁ^^
 目の調子も戻らないし、最近まで美女達からのお助けコールも増えて、てんてこ舞いだけど
 書きます。 いや~ 1年以上もの月日が流れていたとは驚きました。  ←だたの放置とも言う


*****No10から


その前に、2007年 8月27日(日)、設立6年目を向かえる蒼母衣衆のオフ会が東京、新宿、高田の馬場、
リーガロイヤル・ホテルで開催されましたので、
そちらの様を先に書かせてもらいます。

ではでは・・・・





















この記事のURL | 近況報告 | CM(1) | ▲ top
まじいなぁ~  ・・・ No11 の前に近況
- 2016/12/16(Fri) -

 Firefox で書いてます   
              (ブラウザーが違うと 文字の形や間隔が崩れて見づらくなる事があります) 




        Memi Yumi

    「 平安夜快樂!」  「 聖誕快樂!」              メリークリスマス! 
                                香港でMemi チヤン&Yumi チャンが待ってるだと?

                                                ・・・・・腰痛いんだわぁ ><
                                           快樂=おめでとう だけど 別の快楽にしか見えない



 飲み会&合コンの連日で全く自由時間がとれない今日この頃ですが、やはり、目の調子が思わしくなくて困ってしまった。><
 右目左目の左右の画像が違うので相手の顔に目が4っに見えてしまう。 医者からは「完治はしないだろう」と言われてしまいどうすりゃいのか・・・。 「進行して視力が低下する様なら手術、しない様なら放置」って、おいw

 で、持病の帯状疱疹からの後遺症で腰回りもしびれるのを我慢していたら、なんかしびれが下りてきた。 へ?って腰という言うよりも右の臀部(ケツ)から足の外側がしびれて、つま先まで感覚が無くなる。 こ・・これは・・・。
 ハイ!大当たりの 座骨神経痛 でした。
 調子の良いときと悪いときがあり、1度しびれると少し回復まで歩けない。 とうとう我慢ができなくてペインクリニック(麻酔科)へ気軽に行くとw速効で採血とCTをとられ、来年早々のMRI検査の予約まで入った・・・。 なんだかなぁ~。
 
 脊髄の3・4・5あたりに影がCTの結果から見えたのだ。 美人看護師に手招きされベッドまで連れて行かれ?ベッドでひざを抱えた姿勢で背中へブロック注射を爺Drから打たれた。 背中の背骨の少し横に針が打たれて、その後に薬を注入されると少し痛い。 今日、これを書いている27日の午後14時半からも2度目のブロック注射の予定がある。

 ううう・・・と悲観していても治らないので、痛みやおかしな見え方をする目なんて気にしないで歌舞伎町を元気に飛び回っています。 オレの人生なんて太く短くでいいのだ。 70,80歳になって杖をつきながら車いすで移動なんてオレには我慢ができない。
いっそのこと男なら「腹上死」で大往生が目標なんでね。 (^o^)ノ~

 さてと、麻酔科へ美人看護師に合いにでも行くかな。

          近く更新します。     まじいなぁ~  ・・・ No11   











この記事のURL | 近況報告 | CM(0) | ▲ top
いまさら・・・
- 2016/05/24(Tue) -
Firefox で書いてます


    上の駐車場までは命がけだぞ 
     カチカチ山の裏   富士山、影、薄いw

 そろそろ「専務」の肩書きを社長へ返上しようと思っている今日このごろ。 
お陰様で秘書達3匹も各自で仕事をこなせるようになり、彼女達の役職もそれなりのいっぱしな肩書きをつけてもらった。
もう俺から教えられることは何も無い。 しいて教えられる事はタダ1つ・・・海外のVIPとの会食時にはあと2~3cm、ミニスカのスリットを深くしろ!くらいである。 (^ヮ^)

 あ!マジで会社、辞めるかも。 そろそろドラキュラ生活から抜け出して人間らしく太陽の下で生活がしたくなった。 で、このふた月ほどはあほくさい会議を抜け出し、クライアントとアチコチ「視察」という名目で美人限定の観光旅行三昧をしている。

 海外の美人クライアントやVIPの秘書達と遊び歩いているだけで、羨ましいと思われるだろうが、それはそれで楽しいけれども自分の存在価値が薄れていく事が分かるのは、けっこう辛いものだ・・。

 会社は俺にとっては利用するモノであって、組織の歯車と成り、会社を盛り立てることなどはもうとう思わない。 300名以上もの社員のことなど1度も考えた事も無いし、気にする事も無かった。 ただ、友人の社長の為に何か出来れば・・と、片足を突っ込んで来たが、そろそろ彼の為に出来る事も業務以外では無くなってきた様だ。

 今までの足跡を懐かしんで思いにふけりながら呆けるのもいいが、これからは組織のためにではなく、自分と自分を必要としてくれる美女のために生きてみようと思う。 

 あ・・・退職金はいらんから、赤い跳ね馬、残金をチャラにしてくれ~社長~w 




 「お~い ミミ 少し手が空いたら来てくれ」 ドア1枚向こうの部屋へ内線してみた
  「イエス ハニィ~ 後で行くね」 機嫌は良さそうだった   そこで・・・
 「あのさ~ お小遣いあげるからさぁ~ 今直ぐ 来てくれない?」  w
  「え~? お小遣いくれるの?」
 「おぉよ お小遣い やる」
  「OK! 今すぐ行くから リィトル ビット ウエイト プリーズ(ちょっとだけ待ってて)ね」
 「うん」 ガチャ (^_-)  内線電話機のフックを受話器を持ったままの人さし指でポチッて 受話器を脇にころがしておいた

 コンコンコンッ  
 ノックと同じタイミングでドアが開いて、ミミが顔だけ覗かせて部屋中を見渡してから意味ありげな笑顔でコッチを見た。 

 いつも思うのだが、内の連中でキチンとノックをして、部屋の中の声を聞いてからおもむろにドアを開けるという奥ゆかしい秘書など1人もいないのが悲しいw。 何の為にノックをしている?。 サチはドアをいきなり開いてからノックをするヤツである。

 「あのさぁ~ ミミ こっち来てドア閉めてくれないか?」 
  「OK~ ねぇ~ ドア ロックもする?」 w い・・いらんわ
 「いや 閉めるだけで ロックはしないでくれ・・」
  「ハ~イ ドア ロックしてもいいんですけれどもね^^」 ミミの口癖が ~してもいいんですけどね なのだw どこで覚えた?

 背を向けてドアを閉めてから振り返り、ワニ目で俺をみた。 こ・・怖いわぁ。

 「あのさぁ~ ミミ すまん 背中と腰をフミフミしてくれ 最近辛くて」
  「え? フミフミ?」
 「うん 頼むわ」 ミミの反応を見ないで さっさと背広を脱いでソファーにG・アルマーニをブン投げた

 ネクタイをゆるめてパンツ(ズボンw)の前ボタンを1個ハズして、ベルトの穴を1個もどして、そのまま床にうつ伏せになってからマッサージポーズで寝そべった。

 「ミミ そのヒールを脱いで 裸足でいかから 腰と太ももをフミフミしてくれ」 ^^
  「もぉ~ ハニィ~ しょうがないなぁ~ いいんですけどねぇ・・」 言いながら ヒールを脱いで 片足で腰に体重をかけた

 ここで1番注意しなくてはならないのは、決してミミの方へ顔を向けないことであるw。 顔はあくまでもは反対側を向いていなければ、歌舞伎町の怪しげなマッサージパーラーからデリへをお願いした事と同じになってしまうw。 昼間からやることでは無い。 

 「あ~ ミミ軽いわぁ もう少し強く踏んでくれないか?」
  「軽い? 弱いの? ハニィ~」
 「うん 片足だと弱いから 両足で横になって乗ってくれ」
  「いいよ」

 もう片方のヒールを脱いで両足で腰に乗っかってきた。 ん~、まだ軽いなぁ。 物足りなさを腰に感じながらもミミにそのままフミフミしてもらった。

 「どお? ハニィ~ 重くない?」
  「いや 全然  お前 軽いなぁ」 
 「だって ダイエットしてるんですからね~」
  「え~ いま以上に痩せたいのか?」
 「No! あんまり痩せるのは良くないですけどね でも ハニィ~は綺麗 好きでしょう?」 
  「ん~ じゃあさ 3Kg増えたらペナルティーとか やるか?」
 「ヘイト ユー!」  ズンw  腰の上で両足でジャンプしやがったw  
  「うへ・・・」 痛
 「え? あれ~? 痛かった ハニィ~?」
  「頼む・・・ たのむから・・・ 着地の場所 考えてジャンプしてくれ」 w
 「着地?」
  「おまえなぁ~ おれの息子の 真後ろ へ着地したぞ」 ・・・Orz
 「へへへ^^」
  「へへへ じゃ ネエわぁ あのなぁ~ もう少し腰回りと背中をフミフミしてくれ  尻(ケツ)回りはやめろ! 痛」 w
 「ハ~イ ハニィ~」 

 「フミフミ  フミフミ  フミフミ ^^」   コイツ 喜んでいるのか?  しかし 軽い・・ 体重 何キロだよ?

 「フミフミ フミフミ 」

 
 
 「ね~ 専務? ミミ居る?」  コンコンッ  ノックが後だってばぁw 

 「キャ~~!! 専務 昼から」  w   昼とか夜とか 関係ないと思うけど・・・

 「専務 何してるのヨ!」  あ~  めんどいw

 「専務がね お小遣いくれるから 直ぐに部屋に来てって・・」  うぉ~ おかしな説明するなよ ミミw
  「え~? お小遣いくれるから・・・」
 「イエス!」 おいw ミミ
  
 「せ・・・ん・・・む・・・(?_?) 説明して」  ちゃう ねん
  「だから・・・」

 「だから・・・ 最近 腰回りが辛いんで 見た目 丁度良い重さのミミに 腰と背中を少しフミフミしてもらおうかと・・・」 w
  「ふ~ん 腰回りが辛いから ミミにフミフミしてもらってた訳?」
 「うん」
  「じゃ あたいも手伝ってあげるわね」 ん?

 「それ~ フミフミ~」
  「ぬぉ~~~」 

 「おい! サチ!  ヒールのまま背中に乗るな アホ! 背骨が折れるわ」
  「キャ~ 専務がパンツ 覗く~」 w  

 「痛! 降りろ サチ」
  「やだ~」
 「やだ~ じゃない 痛ってば」 マジw
  「フミフミ^^」

 「し・・しんだ 俺」 w
  「ん? 専務 死んだか?」
   「ハニィ~ 死んだ?」

 「ふん! 昼からパンツ 覗いてるバツよ!」 w

 
 「キャ! ミミもサチッちんも 何か楽しそう~」 イズ・・ 

 「えい!」 
  「うぎゃ~~~~~~w 痛」

 「お・・おい イズ お前・・」
 「お前 今 ヒールのままで ふくらはぎ乗ったろぉ」 

 「へへへ^^」
  「へへへ じゃ ね~わぁ   ふくらはぎに穴 あいたかもしれんわぁ・・ 痛」

 「イ・・イズ  それは あたいでもやらないかも・・」 w
  「え? サッちんなら これくらいやるかな~って思ったんだけど」
 「い・・ 痛そうだったよ それ」
  「そかなあ?」 人ごとみたいに言うなぁ

 「キャハハは^^ ハニィ~ 生きてる」 

 「昼からかまけて 私たちのパンツ 覗いてるから 天罰がくだったのよ!」 サチ・・・首しめてやるからな おまえ

 「いまさら おまえらのパンツなんか 見たくないわ   見飽きてるわぁ」 
  「え? 何か言った? 専務?  ウリャ~」
 「う・・・・ たのむ・・・ ヒールでふくらはぎ攻撃はやめてくれ   本当に死ぬわぁ」 w

 
 明日からは部屋を内側からロックして引きこもろう・・・・




 2日後、1階ホールでエレベーター待ちしていると重役出勤ではち合わせ社長から
 「よ! めめ  まぁ~何しても良いけどなぁ お前 昼間から秘書達のパンツ見れるとは幸せ者だなぁ~^^」  と のたまれたw


 何でうちの海外事業部での茶番が外に漏れてるのだろうか? とか・・白々しい事は抜きにしても、きっとそうとうなスピードで拡散されているんだろう~なぁ~と流石に肩身が狭くなった。

 今日の会議、俺の発言力は皆無だろうw






                                 久々の短編 書いてみた








この記事のURL | 近況報告 | CM(2) | ▲ top
| メイン |