2015 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 04
社長・・・降参ですわw 35
- 2015/03/20(Fri) -

               ♪♪~ 午後22時 会社にいた俺の携帯が鳴った

      
        ん?                 組撃ち

 「今帰宅~ ねぇ~ スクリーンショット みてみて♡」 
 「なんか 付いたんだけど それで いいの?」
                                 「恐っそろしい合成するよなぁ・・・」
                                 「これなら 黄金草子に より強いスキルかぶせるかな・・・」
                                      あ!嫌な事 思い出したw
                                 「おまえさ~ このほかにも 合成したろ?」
 「え? うん したよ♡」
                                 「何回?」
 「え~と 2回だけ」
                                 「2回・・・ ふぅ~ん・・・  5人ほど 武将 神隠しで いないんだけど・・・」
                                 「おまえ 知らない?」
 「さ~てと お風呂はいるね~♡」
                                 「おい 会話になってないんだが・・・」


                成功したSSしか見せてくれないヤツなんです。 ・・・Orz      S2の捨て奸  欲しかったなw


 *****

 4月5日記


 一通り申請に関しては問題無く事が進んでいる。  近いうちに事前に探しておいた小岩の新しいアパートへも引っ越しができそうだ。  もう一息である。


 「 おは~ よぅ イズイズ 今日も綺麗だな~  濃いめのコ~ヒ~たのむわ 」  昼に出社してみるとイズだけが机にいた

  「 遅 ヨ~ございます~ 専務 」  ま・・いいか・・・

 「 今日のスケジュールは? 15時からの会議だけは聞いてるけど 」
  「 ええとね さっきね サッちんが何か言ってたわよ 」
 「 サチか・・ 」
  「 ええ 15時からの会議 社長が遅れるかもって 」
 「 またかよ社長・・  何かやってるのか 最近?  何か秘書のアヤちゃんから聞いてるかい? 」
  「 別に なにも 」
 「 社長が遅れると オレが仕切らないといけないから めんどいわな~ 」 
 「 ま いいか 美味しいコ~ヒ~ たのむわ 」
  「 あ~い 畏まりました~ 」  いつも通りイズは機嫌がいい


 自室のドアを開くとサチが高級ソファーでふんぞり返ってリラックスしていたw。  ( ^o^)ノ 「 ニャ~お~  専務! 」
 

 ドアノブと握手したままで振り返ってイズの背中に目を移した。  イズの肩が笑っている。  サチが居るなら居ると言えよなあ・・・ったく・・・。 
 
 「 お前 何してる? オレの部屋で 」 
  「 え?  お昼だし~  お腹いっぱいだし~  サッちゃん 眠いのよ  ナウ♡ 」  ・・・w
 「 何時に 来たんだよ 今日は? 」 
  「 ん~とねぇ  会議に使う資料の数字がね 先月の数字よりも 先週の数字の方がいいかなぁ~ って 」  ん?
  「 だから 早く会社来て 資料の数字を 全~部 書き換えておいたのよ~ ケケケ・・ サッちゃん 優しい~ 」  へ?

 早出勤して、会議資料を全部書き換えて作り直したらしい。  たまに逆転ホームランを打つヤツなのだ。  こっちが何も言わなくてもヤル娘なのである。       

 「 お~  流石 噂の美人秘書 1号~ 」  
  「 キャ~ 専務  やだぁ~ 美人秘書だなんて・・・    分かってるけど♡ 」   それ言わなきゃ 可愛いのに・・
  
  「 で ねぇ、 少し 仮眠するから~ ここで    ねぇ専務 いいでしょう~♡ 」
  「 なんだったら 一緒に 横 寝ても いいよ~♡ 」

 「 うん 分かった   そか じゃ~  お休み~ 」  ・・・って、  「 おい! いいわけ ねぇだろう が! 」 
      
  「 え~~ ><  やっぱ  だめ~~~? 」  

 「 あたりめ だろうが 」  スルメ かいw
 「 寝るなら 下の仮眠室 いけよ    こっそり庶務へ連絡してやるから さ 」
  「 え~ だって 仮眠室で寝ると ガッチリ寝そうだもん・・ 」
 「 いいよ お前 ガッツリ 寝てもさ   昨日も遅くまで資料作りで 遅くまで付き合わせたからな 」
  「 え~ 専務~ サチさ~  少し休みたいだけだから  ここがいいの 」 

 「 ・・・・ 15時まで 寝てて いいよ 」    ・・・簡単に負けたw   別に 超短いミニスカに負けた訳ではないw

 「 会議 社長 また遅れるんだろ? 」
  「 うん ギリギリ間に合うカモって  朝  アヤちゃんから連絡があってね  熱海にいるって 」 
 「 へ?   熱海? 温泉? 」
  「 打ち合わせと 接待で 初島 だって 」  初島かよ・・・ いいなぁ~ 
  「 サチも クルーザー 乗りたいな~♡ 」
 「 井の頭公園で 手こぎのボートなら いつでもOKだけど 」
  「 ・・・ 。。、。   なら 手こぎボートに 水着で乗ってやるも~ん 」  
 「 オレ 船酔いするから・・・ 」 
  「 ねぇ~ 専務・・・ お願い・・・ 1度 死んで 」          2度目は ないと思うのだが・・・



 コンコン   「 専務 入るわよお  美味しい コーヒー落としてきたから~ 」  ドアは開いている
 
 「 おう  ありり~ 」  
 
   「 キャ~~~~~~~~~ サッちん  見えてる 見えてる !! 」 

 「 あぁ? 」
  「 なにが? 」 
   「 Tバック もろ 見え!! 」
 「 はぁ? 」
  「 Tバック? 」
   「 パンツ 丸見えw 」    「 もろ見えだよ 」 

  「 チッ ・・・ しょうがないんだよねぇ このスカート短くて すぐにズレるのよね 」 
  「 あ~~~ 専務  見てたでしょう   サチのTバック 」 

 「 え? ん?  イズから言われなきゃ 気が付かなかったわ    いつもの事だろうが・・  たくっ 」 

  「 え~~ん >< イズ~  専務がね~ サチのTバック見たくて ここで 寝ろって言ったのよ 」   w
   「 せ・・ せんむ・・ ・・・・ イズ 実家に 帰らせてもらいます 」  w 
 「 はあ? いつ お前と結婚したよ? 」 
  「 え~~ 専務 私って者がいるのに   いつの間にイズとそんな仲に・・・ 」   

 「 あ~~~ お前ら めんどくせ~    漫才なら今度の新入社員の歓迎会でやれよ ・・・・ たく 」   ・・・Orz

    「 ハニ~   ワッツ ハプン ? (どしたの?) 」    むわ~w  ミミ  いつからここに居る?

  「 ミミ~ 専務がね あたいのTバック 見せろって 言うのよ 」  ・・・話しが ちがう
   「 そなのよ 専務が サッちんと私の Tバック 見せろって・・・ 」  首しめるぞ お前ら

    「 ハニィ~  リリィ~? (ホントなの?)   アイム エニー タイム (私はいつでも) OK よ 」  お・・ おい ミミ w  

 「 あのなぁ~ お前ら よく聞けよ!  Tバック は良くない! んだぞ    知ってたか? 」
  「 ? 」
   「 え? 」
    「 ?? 」

 「 あのなぁ~ Tバック はいてると ・・・・・   言えねぇ・・・・ 」
  「 何よ 専務! 」
   「 専務 ハッキリ 言って! 」
    「 ハニィ~ おしえて! 」 

 「 Tバック はいてると・・・・   大事な所が・・・・  こすれて・・・・ 色素が増えて・・・・ 色が黒くなる らしい・・・ 」
  「 専務~~~ な なんじゃと? 」
   「 専務 最低! 」
    「 ハニィ~  ヘイト ユ~! (もう 嫌い!) 」

 「 あのな~ ・・・ つい最近 アメリカで発表されたばかりだが ・・・ 余り 良くない らしい ・・・ よ 」 
  「 お~~~~~ けぇ~~~~~~~ サチ もう 何もはかない 」  w
   「 え~~~ ><  」  お前もはいてるのか?
    「 ミミ あんまり Tバック はかないから 大丈夫かも 」

  「 サチ 今日から ノーパン主義 で生きて行く ! 」    ・・・・ サ・・・サッちゃん それだけは やめてw
  「 もう はかない    今から 脱ぐ も~ん ダ! 」    

 「 おい!  そこで脱ぐな!!    おいぃっっっっっっっっっっぃ!!! 」 
   「 あ w 」
    「 O M G  >< 」    


 ・・・・・・
 

 海外帰国子女は本当に恐ろしい人種である。




 3匹を部屋から追い出し、今日、どうしても連絡したかったヤツに携帯してみた。

 ポチッ ♪♪~ ♪~
 「 はい  めめさん 何? 」
  「 え? オレが名前言う前に バレタか? 」

 「 携帯に 名前 入ってますから・・・ 」
  「 え? そか   でさぁ~ 」
 「 いきなり でさぁ~ ですか? 」 
  「 うん、 あのさぁ~  来週の月曜日に例の福祉事務所の面談 あるからさぁ お前さぁ~ 午後から部屋 空けてね 」
 「 へぇ? あああ・・ 面談ですか   いいですよ  日曜日から部屋 空けておきますから どぞ 」
  「 わるいなぁ~ 」
 「 本当は そんな事 思ってないでしょう~ 」
  「 うん 」
 「 ・・・ 」 

 「 月曜日の午後13時から1~2時間程度だけど つかわしてもらうから よろ~ で 」
 「 お前さぁ~ 見られてらマズイ物 隠しておけよ 」
  「 ・・・・ 」
 「 あんな物やこんな物とか・・・ 」
  「 めめさん ・・・・ あんな物とかこんな物とか ないですw  まったく無いですw 」
 「 あ~? エロ本とか 南極観測3号とか 」
  「 ・・・ 今どき エロ本 とか 無いですわw エロDVDでしょう   南極観測3号とか ・・・ 買ってください 」 
 「 ま いいか   じゃ 頼むな 」 
 「 あ! そだ!  前の日の日曜日の夜から2日間、火曜日までだけど  恵比寿駅裏の  ウェスティンホテル東京 の広めの部屋 取っておいたから 自由に使っていいよ  部屋付けで飲み食いしていいからサ 」
  「 めめさん やっぱり いい人だったんですね! 」
 「 当たり前だぉ 」
 「 2ベットルームだから 3~4人で遊べるだろう~ からさ 」
  「 あざ~ス! 喜んで 遊ばせて頂きます 」
 「 うん 」
 「 急な無理言って悪かったな  緊急だったんで 助かったよ  ありぃ 」
  「 いえ いえ~ いつでも 使って下さい 」
 「 うん  多分 今回 1回だけで もう生涯 無いと思うが・・・  また 機会があれば たのむわぁ 」
  「 はい はい 」

 「 じゃ また 近くなったら 連絡するわぁ     じゃ 」
  「 いつでも どぞ 」

 「 よろ 」
  「 では 」

 ポチッ

 これで、後は福祉事務所から担当の Sw(ソーシャル ワーカー) が来るのを待つダケである。  当日、奈美ちゃん家族が全員が知人のアパートにヤッカイになっている様な素振りを見せて、肩身が狭く、居心地が悪いので早々に家族で引っ越すアパートを見つけました、と見積もりを渡せば直ぐにでも引っ越しも出来るハズである。  

 新アパートの引っ越しに必要な費用の見積もり明細も、知人の不動産屋に頼んで69,800円を超えた差額の金額は毎月不動屋へもっていくので、多少オーバーしても7~8万円のこぎれいなアパートへ引っ越しが出来るのは幸いだった。

 祖母の入院も1ヶ月近くなると病院側も退院を進めてくる。  病院で寝たきりでも困るので、①家族が自宅で介護、面倒をみる。 ②特別養護老人施設(特養老)へ入居を進めるが、早くて6ヶ月から~遅いと2~3年の待機をしなくてはならない。 その間は家族が面倒をみなくてはならない。 ③脳梗塞等の神経障害を専門とするリハビリ病院へ移り、治療を受ける。 ただし、治療入院期間は最長でも6ヶ月までとされる。 その後、家族介護か施設かを再選択する。  と、大ざっぱな選択はこの3項目だ。  

 脳梗塞は手当が早ければリハビリで予想以上の回復を見込める。  しかし、6ヶ月を過ぎると回復は難しくなる。  この6ヶ月の過ごし方が分かれ道なのだ。  

 奈美ちゃん家族の家賃・生活費+お母さんの癌治療費+祖母の入院・治療費と、なんとか目処がついてきた。 もう一息である。



                               社長・・・降参ですわw 36へ
             
   
     

 
                 izuizu_201504052219269e4.jpg             izu w                         
                                             おまえも Tバック だと?









                                犬川
                                     いらねぇ~


スポンサーサイト
この記事のURL | これが日常茶番 | CM(2) | ▲ top
| メイン |