FC2ブログ
2018 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 04
まじいなぁ~  ・・・ No26
- 2018/03/27(Tue) -

        イズのすっぴんw        てめぇ~盛りすぎだろうがぁw
          すっぴん美人               盛り美人



 会社へ戻って来いと、お声掛けは有りがたいが右目が完治しない事が分かった以上は無理です。
 でも、非常勤なら いいかなぁ~ って最近思い始めています。
 加齢黄斑変性って年寄り病らしく、網膜が凸なら手術で直せるけれど、凹だと手立てが無いらしいのです・・・・。
 
 どこの国でも良いから、凹の治療法、開発してくれ~!
 右目がB5で左目がA4サイズの世界なんだぞw

 さて、目の調子の良いスキに完結させないと・・・・


 *****

 俺のダチのタエちゃんがあることか、事件に巻き込まれ、事件の主犯格のリカの姉が、錦糸町でタイ料理レストランを営む(本業は地下銀行と金貸しだが)ママの妹だという事で、断ち切れそうな糸がどうにか繋がっていた。
 借金を踏み倒し、告訴したフォンの実家へ奇襲を仕掛ける以外は助かるアテがない事件だった。

 フォンの身辺調査をゲオチャイへ依頼して2日後、フォンの身元が割れた。
 で、早々に奇襲攻撃を仕掛ける事にした・・・。


 奇襲攻撃を依頼して3日後、携帯に連絡が入った。 俺が予想していた以上に早かった。

「めめさん?」
「はい」
「フォンの実家のあるピッサヌローク県に2人に行ってもらいました」
「で?」
「めめさんに言われたとおり、フォンの借金の取り立てをして来たそうです」
「まぁ~100万円は無理だよね、彼らには」
「ええ、フォンの借金なんか知らないし、関係無いと言われたそうです」
「だよね」
「3日後にもう1度来るから、その時まで支払えなければ火事になっても知らないゾ!と言って帰って来たそうです」
「うん、それでいいさ」
「妹の実家へも1人行かせて、同じ事を伝えてもらいました」
「弟、3人の実家は?」
「ええ、別の知り合いに3人で行ってもらって借金の事と家を燃やすと伝えたそうです」

「OK! OK! 現地の田舎警察なんかに駆け込まれても、気にもしなくていいさぁ」
「これでいいんですよね・・・」
「ええ、上出来です。 向こうは気が気じゃないだろうね ハハハ」
「・・・・・」

「あ!この前、聞き忘れてたんだけど、リカさんに着いてる弁護士をカットしてもらいました?」
「あ、はい。 弁護士さんへはもういいですからと、伝えて弁護を止めてもらいました・・・」
「OK! 受任を解雇してくれたわけだ」
「手付け金のお金は、200万円の内、20万円だけもらうそうで、180万円は返してくれるそうです」
「そりゃ~良かったね。 まぁ、弁護士も何もしないで20万円もらえたんだから」
「本当に弁護士さんは付けなくてもいいんでか?」
「事件が事件なんでまともな方法だと実刑しか見えないからね」
「そうなんですか・・・」

「じゃ、後は俺に任せてください。 明日にでも フォン へ電話して話をしてみますから」
「あの~・・・・」
「はい?」
「めめさんへはいくらお渡ししたらいいでしょうか・・・」
「・・・・あのねぇ」
「はい・・・」
「俺にはタイ料理のランチセット1回分無料にしてくれればいいからさぁ」
「え?」
「俺はママさんの為にやってるんじゃないんだからさぁ」
「・・・・」
「俺はタエちゃんの為にやってる事だし、たまたま、ママさんの妹さんと一緒なんで色々お願いしたけどさぁ」
「・・・・」
「だから、俺にはお金は必要ないからね」
「それじゃ・・・申し訳ないですし・・・」
「いや、まだ、フォンがどう転ぶか分からないからさぁ」
「・・・・ですか」
「うん、明日にでも連絡して反応をみてみるから。 ママさんには俺の方が感謝してるからさぁ」
「え?」
「いや、色々とタイでの事とか、俺1人じゃ出来ないしね」
「・・・・」
「難しい事件だけど、頑張ってみるよ、俺も」
「ありがとうございます」

「あ!え~と」
「え?」
「もしね、もし、この話がうまくいったなら 100万円 を用意してもらえたら助かるけど」
「100万円ですか? はい、大丈夫です。 弁護士さんもお金を返してくれますし、本当は500万円も600万円もかかるって弁護士さんから聞いていましたし・・・100万円はめめさんへお渡しします」

「んとね、俺じゃなくて、相手の フォン へ渡して下さい」
「え? フォンへですか?」
「うん。 話がうまくいったらフォンへ100万円をお店で渡して下さい」
「?」
「フォン、彼女、妹さんへ100万円の借金もあるけど、その借金はチャラで・・・つまり、借金は無し+100万円で話を付けてみるからさぁ」
「妹が警察から帰ってくるんでしたら、それくらいのお金は・・・いいえ、もっともっと、500万円でも600万円でも支払う気でいましたから・・・」
「まぁ~、フォンの借金無し+100万円で何とかしてみるから」
「分かりました」
「うん」
「めめさんへはまた、別の・・・」
「だから、いらねぇ~!って、俺には」
「本当にいいですか?」
「金欲しかったら、最初から弁護士に騙されて支払うつもりだった500万円、もらうわなぁ」
「・・・ですよね」
「おう~よ」
「めめさんに言われた通りにしますから」
「うん、それで、たのみますわぁ」

「じゃ、俺が明日、フォンへ電話して、結果はすぐに連絡しますから」
「分かりました」
「あとは。任せて下さい」
「宜しくおねがいします」
「はい、宜しくおねがいされました^^」
「はい?」
「い、いやw じゃ、明日の結果待ちと、言うことで宜しくです」
「おねがいします」


 まぁ~、ゲオチャイの本業は地下銀行だし、ヤミ金融だし、ふっかければ身内の事もあるんで成功報酬名目で1,000万でも2,000万でもボレるはずなんだが・・・・俺には金の事など気が向かないだけの話だった。


 ゲオチャイのママとの電話を切って、そのまま知り合いの弁護士に連絡をした。


 ♩~♩~

「はい、木下弁護士事務所です」
「こんにちは、お世話になってます新宿のめめと言いますけど、木下先生、いらっしゃいますか?」
「はい、木下ですが」
「え? 新宿のめめです。 今、電話、大丈夫ですか?」
「あ~、はい、めめさん、この前の件ですね」
「ええ、何か分かりましたか?」
「はい、はい、まず、弁護士さんの件ですが」
「はい?」
「やはり事務所を構えてませんし、1人、自宅でやっている高齢の先生でしたね」
「でしょうね。 で、事件の方はなにか?」
「詳しい事は調書を見れませんのであれですけど・・・警察ではやはり主犯を強盗致傷で取り調べてますね」
「そりゃ~きついわぁ」
「で、男性と外国人女性も強盗の共犯と言うことですね」
「このままだと何とかなる様な話じゃないですよね」
「ええ、このまま起訴までいけば、運が良くても罰金300万円くらいまで行くでしょうね。 運が悪ければ実刑で4年か5年・・・、
ご存じの通り、求刑が3年以上なら実刑が確実ですからね・・・」
「求刑3年で、判決3年、執行猶予が理想だけど、やっぱりねぇ・・・」
「ええ、心証が悪いですからね強盗とか傷害とか・・・。 合わせて無登録のヤミ金融ですしね」
「この件、先生にお願いしても流石にキツイですか?」
「検事次第だと思いますが、起訴されたら一発ですね」
「ですかぁ」
「ええ」
「分かりました、お忙しいところ調べて戴きまして有り難うございました」
「まさか、私に弁護は・・・あります?」
「いえ、調書内容を知りたかったんですが、担当でもないですし、見れませんよね」
「ええ、そこはちょっと・・・」
「分かりました」
「ところで、めめさん、会長さんや社長さん、お元気ですか?」
「ええ、相変わらず飲んだくれてますよ」
「ですかぁ。 また、一緒に食事でもしたいですね」
「会長と社長へ何気なく伝えておきますから」
「宜しくです」
「お世話様でした。では」
「では、また、今度でも」


 電話口からの声の印象からは、主犯格のリカについては強盗致傷でガッチリ持って行く様な声色だった。 まぁ~あれほど各テレビ局で報道もされたし、担当の刑事もやる気満々だろうし、やっかいな事件だ。

 余談だが、刑事の取り調べなどというものは8割方、逮捕時に物語りが出来ていて、取り調べで後は骨格に肉を付けていく作業なので、ストーリーを途中で変更することなど相当至難の業になる。
 また、うっかり、不起訴などになれば、担当した刑事の面目も丸つぶれで肩身の狭い思いをさせられる。 刑事の取り調べにハイハイ言っていれば間違いなく、良いことは100%無い。
 TVドラマのヒーローのキムタクの様に現場へ足を運ぶ検事など、大空で飛行機同士が正面衝突する確率ほどしかない事も事実なのだ。


 
 明日の フォン への本丸攻撃で・・・女神の天秤がどちらに傾くかなど、俺にも分かるハズもなかった。 
 







              まじいなぁ~  ・・・ No27へ




スポンサーサイト



この記事のURL | まじいなぁ~ | CM(2) | ▲ top
まじいなぁ~  ・・・ No25
- 2018/03/27(Tue) -
 この話を書き始めたのが   2016/06/11 永っげぇ~なぁ~ ><

*****

 ゲオチャイ、タイレストランを出て、JR錦糸町駅へ足を進めた。
 タバコに火をつけ、大きく息をはいた。

 ここ錦糸町も俺には懐かしい街だ。 俺が錦糸町へ出入りをしていた時にはスカイツリーのスの字も無い頃だ。 駅の周りには数多くのキャバクラと風俗店、高速道路下の公園にはコリアンとロシアンの立ちんぼが大勢たむろっていた。
 
 地元の友達と夜な夜な盛り上がり、へべれけでホテル イースト21へタクシーで戻るとフロントではいつも嫌な顔をされた。高級ホテルのつもりなのだろうが、高級ホテルほど俺の様な酔っ払いを上手くあしらってくれる。 イースト21のフロントの中身は1泊5,000円のビジネスホテルとさほどかわりはなかった。 その後、駅の北側に東武ホテル レバント東京ができ、イースト21とはおさらばをした。

 錦糸町はロシアンが多い街だった。 あちこちに金髪や黒髪を銀色に染めた娘達が溢れていた。 もう15年も前の話だった。

 吸い殻をリーガルの靴底で踏みつけ、錦糸町の職安前から駅に繋がる路地へ入った。 今では場外馬券売り場とコリアンのデリヘルでどうにかしのいでいる街に落ちぶれた。 昔のような華やかさは無くなっている。 たとえるなら埼玉の西川口のような街だ。

 
 この度のタエちゃん件はまさに緊急事態だった。 たまたま一緒に捕まったリカという女がここ錦糸町ではある意味で有名な店の関係者だった事が幸いして少しばかりの希望の光が見えている。 もし、何らかの形でもゲオチャイが絡んでいなければ万事休すだ。 みんなで仲良く最低でも懲役5年は確定してしまうのだから。

 俺が嫌いなモノに弁護士も入る。 ろくに仕事も出来ないくせに背広のバッジだけであくどい商売をしている。
 東京の弁護士は東京弁護士会と東京第一弁護士会、若手が加入する東京第二弁護士会と三種類の所属会がある。8割が民事を担当し、2割が刑事事件を担当している。 弁護士というとテレビドラマの様な想像をするが、実のところ、仕事がなくてあぶれている連中が多い。 

 弁護士の名刺を見るだけで嫌気がさす。 唯一、検事を経験して弁護士に転向した弁護士だけが信頼できる存在なのだ。 弁護士が足りないなどと報道されているが、大きな間違いで、アホな弁護士が多すぎて依頼が少ないだけなのだ。 特にやる気の無い弁護士に刑事事件を任せるなど、三途の川を浮き輪も無しで、向こう岸まで泳ぎきるくらい無謀な話なのだw。

 ゲオチャイのママ、逮捕されたリカの姉の元に現れた弁護士も最悪としか思えなかった。 一日も早く弁護依頼を取り下げてもらいたかった。 仕事も出来ないくせに着手金や弁護費用だけを伝えに来るような弁護士など必要ないのだ。

 時間との勝負なのだから・・・。


 ゲオチャイのママから連絡が入ったのは二日後だった。

「もしもし、めめさんですか?」
「めめですが」
「この前の相手の事ですけど・・・」
「分かりましたか?」
「はい、妹から借金をしてた女、本名が ラッサミ・トン・ブン・マアー と言います。 みんなは フォン と呼んでますけど」
「フォン?・・・かぁ」 フォンとは 雨 の意味だった。
「で、出身とか親戚は?」
「はい、そのフォンはピッサヌローク県に実家があります」
「北側の田舎の県だね」
「はい」
「親戚は?」
「彼女は長女で、3人の弟がと1人の妹がいます」
「みんなピッサヌローク県?」
「いいえ、妹が隣の県、ウドンタニー県で、弟は3人ともコンケーン県です」
「みんな近くの田舎の県だね」
「そうみたいです。 妹に2人の娘がいます」
「で?」
「弟3人も結婚をしててコンケーンで田んぼをしています」
「3人とも?」
「はい、3人とも同じ家に住んでいるみたいです」
「それは都合がいいなぁ~」
「え?」
「いやぁ、こっちの話です」
「妹の娘は村にある小学校に行っています」
「弟の息子や娘も村のお寺にある小学校と中学校に行ってます」

「いや~、有り難うございます。 よく分かりましたねここ1日、2日で」
「すぐにバンコクの友達に連絡をして、探してもらいました」
「そうですか」
「はい。 タイのIDのコピーがありますから簡単でhした」

「じゃあ、もう一つ、お願いしてもいいですか?」
「はい、何ですか?」

「妹の実家と、弟の実家へそれぞれ誰かを行かせて下さい」
「え?実家へですか」
「実家へ行かせて 姉 フォン の借金を支払え!と少し悪たれをついてもらいたいんですよ」
「え?」
「日本でフォンが借金を払わないから実家に取り立てに来た!と、いう意味です。 出来ますか?」
「ええ、向こうにはそういう友達もいますから・・・」 いいにくそうだった
「取り立てを実家に本当に行かせて欲しいんですよ」
「できますけど・・・・」
「で、フォンの借金を払わないと実家に火をつける!と脅かして下さい」
「え?」

「簡単でしょ。 実家にフォンの借金の催促に行って、払えないなら火をつけると脅かすだけですから」
「ええ・・・できますが・・・」
「じゃ、さっそく現地の取り立て屋に実家のあるピッサヌローク県と妹の実家のウドンタニー県、弟3人の実家コンケーン県で少し脅かしをかけて欲しいんです」
「・・・・」
「出来るだけ早くお願いしたいんですが、出来ます?」
「分かりました。 そぐに連絡をして行かせます」
「心配しないで、任せて下さい」
「はい。めめさんの事は色々と聞いていますから・・・お任せしますけど」
「このやり方しか妹さん、リサさんを警察から取り戻す方法は無いんですから、是非ともお願いします」
「分かりました」
「フォン本人の実家と、妹、弟の実家で少し嫌がらせをさせてください。 来週までフォンの借金を払えないなら家が火事になっても知らないぞ!くらいに脅かしておいて下さい」
「分かりました」

「じゃ、3カ所の実家へ行った後、また俺に連絡をしてください」
「めめさん、大丈夫でしょうか・・・そんな事をして」
「フォン本人へプレッシャーをかけても本人は警察へ駆け込むでしょうから、実家にプレッシャーをかける方が良いんですよ、こんな時は」
「分かりました。 すぐに行かせます」
「ママさんや妹さん、リカさんへは問題ないようにしますから、俺の事、信じてやってみて下さい」
「はい。 では・・実家へ行かせたら、また連絡します」
「面倒かもしれませんが、お願いします」


 ゲオチャイからの連絡を待つことにした。

 タイでは長女が家族全員の面倒をみる。 日本の長男と同じ様にかなりの責任や重荷を負う事もある。 その長女が日本で借金をして、取り立てが実家まで来たとなれば本人も、家族も気が気では無くなるハズ。 そこが狙い目だ。 いや、そこしか狙い目が無いのが現実だ。 

 そして、実家へ人を飛ばしたのがゲオチャだと分かるとフォンも今以上に態度を硬化させるだろうし、敵視も強くなる。 絶対に示談などしないだろう。 
 
 しかし、ゲオチャイ以外の第3者の誰かがタイの実家にまで手を回したとなれば話は別だ。 態度を硬化させる前に驚きと恐怖が生まれる。 予想では取り立て屋達が実家へ行った途端に家族中で大騒ぎになるハズだ。 1件ではなく3件の実家へ奇襲をかけるのだから、タイの実家から連絡を受けたフォンの心理状態など簡単に予想はつく。



 後は、うまく 飴と鞭 を使い分ける作戦なのだ。













             まじいなぁ~  ・・・ No26へ

この記事のURL | まじいなぁ~ | CM(0) | ▲ top
| メイン |