FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
社長・・・降参ですわw 7
- 2014/04/17(Thu) -
 最近、海外からの VIP ( 美人w ) の視察が多くてゆっくり出来る時間が無くなってしまった。

 まぁ~この時期の来日は殆どが 桜 目当てであるので、打ち合わせ10%で90%は花見である。  午前中の会議を適当に早めにやっつけて、午後は都内の観光となるわけだが、通常ならば都内観光など絶~対に付き合わないし、VIPの機嫌取りでアチコチ連れ歩くなど、例え社長命令でもお断りである。  しかし・・・、しかし、その VIP が 美女となると・・話しは別であるw。

 「 明日、東京のロデオドライブ ( ロスの高級ブランドショップが建ち並ぶエリア ) と言われている 銀座 と 原宿 に連れて行くから、出来るだけ短いミニスカートで決めて下さい! 」 と、ハッキリ希望をリクエストしておくw。  ついでにコーディネートに最高!と、靴屋さんでハイヒールを選んであげる。  ミニスカでハイヒールのお店で次々にヒールを試着?、いや、フイッテイングしてもらうのだ。  ミニスカでヒールだもん・・・足を組み替え、腰をかがめる度にヨダレが・・・・w。  まぁ~、その御礼に w( ← 何の御礼だよ? ) 気にいったヒールをプレゼントしてあげると、その後の親密度がまるっきり違うんだよね~。  

 で、上野、浅草、新宿御苑・・と、とどめにお台場の自由の女神の正面で、夕日に染まるレインボーブリッジと桜を見る。 ( ここで間違ってもガンダムで記念写真は撮らないこと)。  時間があればそのままビーナスフォートへ連れて行き、天上 ( やね ) に描かれた絵でも見て喜んでもらうわけだ・・。 ( ここの演出はラスベガスを真似たものである )

 そんな接待を2週間繰り返して、やっとのこと最近になって桜が終わり、忙しい接待デートがひと段落したわけである。  秋葉原のメイドカフェ~のリクエストも多かったが、小心者のめめにはカフェ~のドアを開く度胸は無かった・・w。  だ・・誰か・・頼む・・1度メイドカフェ~に連れて行ってくれないかな~・・・。



                  Daiba.jpg
     

  エリーナの話しだったな・・


社長からの頼まれ事で イリ~ナ と言うロシアン名 ( エリナが本当の名前だった ) に騙されてインターコンチホテルまですっ飛んで来てみると、なんとそこで待っていたのは象アザラシ、い・・いや、トド ( 象アザラシもトドも変わらないか ) 3匹であった。 昨夜の懇親パーティーで宿泊をしていたらしい。  その象アザラシ軍団の1人であるエリナの友達が小岩でタイ料理レストランをしていて、その友達の娘の旦那を日本に呼んで欲しい、と言う依頼だった。  勿論、正規に依頼すると高額になるので、出来るだけ安く呼び込んで欲しいとの事。 出来るだけ安くとは・・つまり0円で呼んでくれと言う事らしい。

 「 エリナ・・・ そのタイレストランの場所は? 」  まぁ~ 調べればすぐに分かると思うが・・
   「 小岩の駅から歩いて5分くらいのところに お風呂があるの。 そこのお風呂の向かいなの 」 

 お風呂? 

 「 レストランの名前は分かる? 」
   「 え・・え・・っとね 待ってね 」  携帯の登録名で調べている
   「 ん・・・ っと ね~ 」
   「 タイレストラン ドックン 」    ん?

 「 ドックン? 」  
   「 はい ドックン です 」

 たぶんタイ語のドォクマイ(花)と何かの合わせ言葉だと思われた。 

   「 お風呂屋さんの向かい で 寿司バー の向かい 」   こんどは 寿司バー か・・・

 基本的にお店がある地域のタイ人あいての商売なので電話番号などの登録などはないハズ。  でも、電話番号は知っている様なので助かった。

 「 じゃ~ ドックン の電話番号 教えてくれる? 」
   「 いいわよ  え~と・・・ 03-645*-022* よ 」 
 「 03-645*-022* だね 」
   「 そぉ それであってるわ 」
 「 場所が分からなかったら 電話して 聞いてみるから 」
   「 え? 今 電話してみれば? 」   ん?

 「 だね・・・  かけてみるか・・ 」   面倒だが しぶしぶ TELしてみた
 「 ゼロ スリー の 645*-022*  」  ポチッ  誰かいるかな・・

 ♪~♪~♪~  ♪~♪~♪~  ♪~♪~♪~
  
   「 アロ~ ? 」  うわぁ~! でやがったw  声からは おばサン のイメージだった・・

 「 アロ~   ラァーン アーハンタイ ドックン マイ クラッ? 」  ( タイレストランのドックンですか? )  
   「 カァッ、ドークン カッ 」 ( はい、ドックンですが )
 「 プアン  ネナム ハイ ランナン、  ヤークチャ パイ コ チュアイ ソンハイ ティユー クラッ 」
                    ( 友達からの紹介なんだけど、 場所を教えてもらえますか )
   「 カァッ、 小岩 湯宴ランド  トロンカーム カァ 」
                   ( 小岩  湯宴ランド の向かいです )
 「 コープン クラッ  チャーク~ツン キィーモーン クラッ? 」  ( ありです 何時から何時まで 開店ですか? )
   「 チャーク バーイ ヌン モーン ツン ティ ハー カッ 」 ( 午後1時から朝(午前)5時 までやってます )
 「 コープン クラッ。 トヮーニー ナ クラッ 」 ( どうもです。 じゃー また )

 ポチッ   iPhone 5s‎ を テーブルの上にゆっくり置いた。  顔を上げて目の前のアザラシを見ると・・目が♡になっている。  え? 嫌だ~! 

    「 めめさん タイご できるんですね♡ 」  左向かい側のアザラシも目が♡である。
    
    「 タイご ロシアご ・・ あと なにご はなせる ですか? 」   アザラシ語は出来ないw  面倒くせ~
 「 あとは 英語とスペイン語・・ フラン語、広東語、中国語は少しネ 」    歩く翻訳機かよw  

    「 キャ~ すごい! 」  3匹がカフェラウンジで吠えたw  ありがた迷惑なので 話題を早々に変えた

 「 でさ~  その 友達の娘 の写真 あるかな? 」   ダメもとで聞いてみた  Picみて気が乗らなかったら断るつもりでだ
    「 ダ~  あるよ 」   エリナが携帯をいじり始めた

    「 この娘 です ハイ! 」   どれどれ・・・・ (._.)     

        w_20140417230051b6c.jpg

 うひゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~ ^ ^   19歳~ 発育 良すぎだろw

 ひんぬ~ ( 貧乳w )好きのめめとしては余り興味もないが ( ← ホントかよ? )、まぁ~引き受けてみることにしたw。  ここでトト3匹に囲まれているよりは楽しそうだし、ここはもう切り上げることにした。  

 「 じゃ~ 明日にでも レストランに行って 話してを聞いてみるからね 」
 「 あ! エレナ 錦糸町のお店 教えてくれるかな? 」   行かないけど・・ 

   「 いいわよ・・   はい 名刺 」   名刺かい・・   受け取り、テーブルの上に4、000円を置いて立ち上がった

 「 これ めめの 名刺ね  じゃね 」  エリナに渡してラウンジを出た  

 カフェラウンジの出入り口の右側にある駐車場への直通エレベーターに乗り込もうとした時、アザラシ軍団が何か呼び止めたが、早口のロシア語など解るハズもない。  そのまま気にもしないでエレベーターに乗り込んで、地下3階のボタンを押した。  いや・・連打したw。  心はもはや小岩のタイレストランである。  

 エレベーターを降り、車に向かいながら1つ・・あの娘の名前を聞き逃したことに気が付いた。  ジャケットのポケットに突っ込んだ右手で車のキィーを握りながら足を止めた。  まぁ~、名前など明日にでもいい訳で、ふたたび歩き出し、紅馬に乗り込んだ。  

 エンジンをかけ、細い一方通行を走り出した。  出口で駐車チケットを精算機の口に押し込み、金額を確認して財布を開いた。  ん?  あれ? いつも5枚いれていある2千円札が1枚しかない。  なんで?  あ!、さっきテーブルの上にコーヒー代金の4千円を置いたつもりで2千円札を4枚置いて来たのか・・・。  で、ラウンジを出るときに多分アザラシ軍団が呼び止めたのかも知れなかった。  むぅ~・・・・。  まぁ~いいか~チップだな・・。  今どき、1000円のチップで喜んでくれるのはロシアンパブかフィリピンパブくらいしかない。  その辺のキャバクラなら鼻で笑われてしまうご時世である。  ガラにもなく、ひんぬ~ 命 なハズなのに、あの娘の発育の良さに動揺したらしいw。 

 さぁ~取りあえず1度、会社へ戻ろう~。  サチに任せてある 合戦 が気になっていた・・。 

 それと・・会社の イズ からLINEで 「 島風ちゃんが 届いたわよ~ 」 と、最優先 & 部外漏洩禁止事項! の連絡が届いていた。  2ヶ月前にAmazonを通して予約した 島風 が届いたのだから、それはもう~ 一大事 であるw。


                             島風


 急ぐ気持ちを押さえて、一般道を新宿に向けて走る紅馬に 鞭 ( ムチ )をいれたw。







                 
                                 8へ
 







関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | これが日常茶番 | CM(0) | ▲ top
<<社長・・・降参ですわw 8 | メイン | 社長・・・降参ですわw 6>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |