2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
社長・・・降参ですわw 48
- 2015/07/31(Fri) -

   メミ ちん (1)     メミ ちん (2)     メミ ちん (3)
       夏だなぁ~          夏だぉ~            夏かも~ ・・・ ?
                                            


 うさん臭い話しに巻き込まれそうでトっトと帰りたかったが、どう考えても行きずりで俺を引っ張り込んだとは思えなかった。 最初から目を付けられていた気がしてならない。 もし、始めから目を付けていたのならこの場を仮にしのいでもまた第2弾、第3弾とアプローチが続く気がして面倒になる。 と、なると・・逃げる訳にもいきそうにない訳だ。

 「 ちょっと待ってくださいよ どうしても俺の赤馬じゃないとダメなわけですか? 」 
  「 そうだなぁ あの車なら韓国でも高く売れそうだし   あんたも金持ちになれるだろう よぉ 」
 「 ・・・ 」
  「 金(かね)  嫌いじゃぁ ないだろうよぉ 」 カンジョンが ニヤついた
 「 ・・・ 」   (*_*) マイッタ  完全に 型 ( 相手の思う様に ) にハメられた様で 逃げ場が見えない

 わかりました・・ではそちらの言い値で売りましょう、などと口走ってしまえばコイツらとの付き合いもこれきりで終わるハズがない事も感じ始めている。 ここは目の前の3人以上に、いや、カンジョンと張よりも出来るヤツだと思わせなくては新宿から消えるまではヤツらのパシリにされてしまうだろう。


 「 カンジョンさん・・ いや 岡田さん  俺があの赤馬を売ったとして 俺には何の得があるんですかねぇ 」  勝負しかない
  「 はぁ? 」 カンジョンが口を開けた

 「 3,000、4,000出すと言われましたけど   岡田さんの身内の方にはいいプレゼントになるでしょう ね 」

 「 でも 俺には 何の得も無いんですよ 」 

  「 ・・・ 」 カンジョンも張もあっけに取られている  こんな事を言い出すヤツなど始めて見たと言う顔だった
 「 金額も確かに大金です  誰でも飛びつくでしょうね ・・・ ただ 」

 「 ただ・・  金よりも  俺は 今の生活のスタイルを変えたくないんですよ 」  決め顔で言い切ったw
 
 「 ココへ来て30分   それがいきなり帰りには車を売って 大金を手にする   とか・・ 」
 「 そんな事 考えもしませんし 考えられませんよマジにね 」
 「 別に 思い入れがある車とかでもないですが ね  あの赤馬は 」

 「 大金を手にして 別な車を買って 好きに遊んだら良いだろう と思うかも知れませんが・・ 俺はただ 今のスタイルで十分満足してるんですよ・・   今のままで 何も不自由は感じてませんから 」 
 「 金(かね)は多くても困りませんが 今はまだ そこまで欲しいと思ってませんわぁ 」

  「 めめよぉ  よく俺の前で 能書き たれたなぁ 」  
   「 めめさん あやまっってください 岡田さんに 」  >< 張があわてた

 「 岡田さん 気を悪くされたんでしたら謝ります・・  ただ  俺も 俺のスタイルで今まで生きて来たもんですから・・ 」

 「 生意気 言いました  すみませんでした 」 
  「 ・・・・ 」 カンジョンが自分で出来る限界で睨みをきかせている

 「 俺の車は譲れませんが 同じ様なテスサロッサなら探せますので いち日 ふつ日 時間をもらえませんか・・ 」 

  「 車は 売れないんだな 」 

 「 ええ 自分の生活スタイルを切り売りする気にはなれないもんですから  申し訳ありません 」
  「 ・・・ 」
   「 ・・・ 」    


  「 おまえ・・  めめよぉ  いつ どこで  気が付いたよぉ 」 

   「 めめさん わかっていたんですか?  ほんとに? 」


 「 確かじゃありませんでしたが 前に1度 渋谷で聞いたことがあったんですよ   高級車を高額で買う韓国人がいると・・  たしか・・ 渋谷のあるグループがまとめて車を売ったと  そんな話しを思い出したんです 」   


 「 地下銀行の マネーロンダリング でしょう 」  決め顔で言ってやったw


  「 おまえ なんでカタギが そんな事までしってるんだよぉ あ~ めめ 」
   「 知ってるんですか? 」

 「 ええ 色々と 知ってます 」 ^^      


                     (-.-)y-゜゜

 
 「 たった今 気が付いたんですよ 高額な金が動く訳はなんだろ~ ・・と考えたら これしか無いと 」 
 「 高額で車を買い取っても その車を海外のハイソな金持ち連中へ売れば十分に元は取れるハズ 」
 「 韓国なら車をバラしてコンテナ船で輸入すれば 機械部品扱いで8%だけの課税ですよね 」
 「 その点 タイでは車本体でも部品でも評価価格の100%課税ですから まぁ それと比べると韓国は天国ですわなぁ 」

 「 3千 4千で買い取っても 間違いなく日本から輸入した高級車ならそれ以上でも買い手がいるハズですから ね 」
 「 で 簡単にマネーロンダリングは出来るだろう~なぁ~と 思いついたんですよ 」

 両手でグラスを転がしながら視線はグラスに落としたままで彼らの顔を見ずに話しを続けた。

 「 名前は出せませんが 知っている池袋の地下銀行では 借金が残っている奴が帰国の際 空港で100万円ほど現金をもたせて飛ばせ 現地の空港で回収しているそうです 」
 「 200万とか500万とか 以前は大金をもたせていたらしんですが 随分と逃げらたらしくて 1人100万にしたらしいです 」
 「 そこの業者は 金は手元に貯まるけれども遣える金が無いと 困ってましたわ 」 

 「 それに 今はデビット・カードがあるんで りそな銀行やジャパンネット銀行でデビット・カードをつくって そのカードを海外の親族へ送り 家のPCから簡単に10万とか20万とかの小口現金なら いつでもどこへでも送れる モチロン 現地通貨をATMで引き出せますから 以前の様に儲けもなくなったとも言ってましたが・・ 」

 「 でも 張さんの様に歌舞伎町でテナントビルを丸ごと抱えていては 随分と大口の現金移動が必要でしょうね・・ 」

 ゆっくり顔を上げ正面の張の顔を見ると図星だった様で、口を開けて驚いていた。 カンジョン岡田は以前にまして厳しい顔をしていた。 

 あまり生意気な事を言っていると マジ にここから帰れなくなる気がして保険を掛ける事にした。

 「 この前 長野の地下銀行屋さんがパク(捕まった)られたんですが 取り立てが厳し過ぎて宇都宮へ逃げて来た女が東警察暑へ駆け込んで長野の件を全部話したらしんですね 」
 「 そしたら 宇都宮の警察と長野の警察が共同で出向いて行ってパクって 身柄は宇都宮で拘留していましたが 半年後に保釈はきかなかったんですが 罰金800万円だけで出てきましたわぁ 」 
 「 5年も同じ住所で営業してたものですから簡単に捕まりましたね・・・ 警察署長が移動になる2~3年に1度は住所を変えないと 誰かに反感を持たれてチクられると簡単にパクられますよね 」

 「 最近では 大久保通りでも闇金融 増えましたモンね・・ 」

 わざと張の事務所、以前はカンジョン岡田の事務所だった所は知っているとによわしておいた。

 1分ほど沈黙が流れた。 俺には30分ほどの長い沈黙に思われたのだが。

 左脇のカンジョンがゆっくり身を前屈みにしながら口を開いた。

 「 めめさんよぉ よく解ったわ・・ まぁ 残念だけど 車の話しは無かった事にするわなぁ 」 

 「 なぁ~ 誰か車を売りたい奴とか 金 借りたい奴がいたら 張へ紹介してやってくれやぁ 」
 「 相場よりも高く買ってやるからよぉ 」

 「 めめさんよぉ あんた・・ うちで働かないかよぉ  どこの看板もしょってないんだろう? 」
 「 いい給料だすけどなぁ  どだ? 」   |д゚) 

  「 カムサミダ     ヨル ゴン イビニダ  (有り難う御座います  光栄です) 」  立ち上がって 丁寧に一礼した 
  「 ただ 今の気楽な仕事が俺の性に合っている様なんで 有り難い話しですが遠慮させていただきます 岡田さん 」
 
 「 だよなぁ ・・・ もったいないわなぁ   遣える奴ならいくらでも金は出すんだがなぁ 」 
 「 ま 座れやぁ 」 
  「 はい 」 

 「 でなぁ はじめの 金融車 の事なんだがなぁ 」
  「 ええ 」

 「 1台 あれが乗ってたCLK 駐車場で動かなくなってなぁ 」  部屋の奥で店内モニターを見ている 廬(ろ)をアゴでさした
 「 処分出来るって 言ったよなぁ めめよぉ 明日にでも処分してもらいたいんだが  できるか 」
  「 どこの駐車場ですか? 」 
 「 新宿御苑の入り口近くの駐車場を 月極で借りてるんだが CLKを処分して 駐車所も解約したいんだよなぁ  どだ? 」

 w・・おれのマンションの近くじゃねぇかよ><。

 「 おい 廬 車の鍵 持ってこい 」 大声で廬へ合図し  振り向いた廬が足元に転がっているビトンから車の鍵を掴んだ
  「 どうぞ これです 」 ゴリラの様な大柄な廬が 丁寧にテーブルの上に鍵を2個置いた

 廬が側に来て奴の顔がハッキリ見える。 完全にポン中(ポンチュウ)の顔だった。 目の瞳孔が開きギラギラ輝いてる。 口元はポン中に特有の何かを噛んでいる様にせわしなく上下の歯をカチカチ鳴らしている。 よくも職務質問受けないよなぁ~と感心してしまうほどだ。 まぁ、昼間は外に出ないのだろうが、夜なら問答無用で職務質問で引っ張られそうである。 刑務所から出て来たばかりでリハビリ中とでも言えば助かるかも知れないが。 いずれにしてもお友達にはなりたくないタイプだ。

 「 とまっているCLKがよぉ 先週まで円陣エンジンがかかったんだが 今ようぉ エンジンも動かないんだよ 」
 「 バッテリー交換しようかと思ったら 今度はドアロックが解除出来なくて開かないんだわぁよぉ 」 
 「 まぁ 奴(廬)もそろそ飽きたって言うんで 廃車にしたいんだが どだ? 」 
  「 ドアも開かなくなったんですね 」
 「 ああ ドアも開いていたし エンジンもかかっていたんだが 今は ダメだなぁ 」
  「 最悪 窓ガラスを割ってドアを開けますが いいですよね? 」 
 「 窓 割るのか? 」 
  「 ええ 業者を呼ぶと2~3万はボラレますでしょうし どうせ廃車にするだけでしょう   まぁ ヒューズ不良でしょうけど 」
 「 ああ まかせる   あと腐れなく処分出来れば良いだけなんだわぁ 」
  「 知り合いの車屋へ連絡してみないと解りませんが 今日 明日中に 持って行ってもらい 駐車場を空けておきます 」
 「 おぅ 助かるわ   たのむわ 」
  「 車の業者を教えますから 今後は めめ の紹介だって言って下さい   どんな金融車でも処分してくれるでしょうから 」
 「 それは 助かるなぁ 」
 「 で いくらだ? 」 
  「 は? 」
 「 金 いくらかかるよぉ? 」
  「 ・・・・ 」
 「 はぁ? どした? 」
  「 悩んでます 今 」
 「 はぁ? 」
  「 いや~ ・・・ 岡田さんから高額でボッタくろうか 岡田さんだから安くしようか・・・ 」  ^^
 「 おいおい めめさんよぉ~ 」 

  「 金融車の処分で 念書 書かされるんですよ ねぇ  まあ形式のサインだけですが 」

  「 俺の知り合いの業者は 無料 でやりますから ご安心を 」

 「 無料? ただなのかい? 」
  「 ええ ただです 彼もその車を解体してロシアへにでも売っ飛ばすんでしょうから 無料で引き取ってくれますよ 」
  「 後々 面倒が起きると嫌なので 念書1枚だけはもらってますがね 」
 「 へぇ~ そうかい 」
  「 まぁ 小遣いくらい渡しておけば 何台でも運んでくれますわぁ 」
 「 そりゃ たすかるなぁ 」
  「 今日 俺の赤馬の売買を断ったお詫びとでも思ってください 」
 「 そか  わかった 」
  「 廬さんへ 簡単でいいんで 駐車所の場所と車を駐めている場所 メモ書きしてほしんですが 」
 「 解った  廬~ ここへ来て駐車場と留めてる車の場所 書けやぁ  そこのコピー用紙でいいわぁ 」 廬がうなずいた  


  「 張さん さっきから無口ですが  何か ありますか? 」 正面の張へ目を移した 

 韓国人特有の造り笑いをしながら手に持っていたシャンパンのグラスをテーブルに置いた。
 「 めめさん さっきから見てますが  岡田さんも言う様に うちで働いてくれませんかね 」
 「 めめさんの様に 色々 裏表を知っている人がいると 助かるんですよ 」
 「 最近 忙しくなってきてまして 廬にも手伝ってもらってですが・・ めめさんだと全部を任せられるんですがね 」
  「 いえいえ 臆病でビビリの俺には無理ですよ  まぁ~ 人生 太く短く・・とは思ってますが ねw 」
 「 あの 赤い車を見る度に欲しいなぁとは 思っていたんですが 残念です 」
  「 実は・・・ あの車 会社から借りてるんで 売りたくても売れないんですよw 」      嘘つきましたw
 「 え? そうなんですか? 」
  「 言いにくいですが・・ そうなんです   俺の車なら喜んで売りますよ 」 
 「 そりゃ~ まいったなぁ~ ハハハハ 」
  「 残念です 本当に 」

 カンジョンも横で大笑いしている。 今夜も自分のベットで眠れる事に感謝した。

 「 まぁ めめさん おもしろい人だって分かりましたから  そうですね・・・ 今後は うちのこのビルへ飲みに来るときは 張 の紹介だって言って下さいヨ 」
  「 それは有り難う御座います 」
 「 張 の紹介と言って お金を取る店があったら教えて下さい その店 絞めますから 」    w
  「 いやいや ただとはいきませんから 正当な値段で遊ばせてもらえれば 有り難いですよ 」
 「 おもしろい 人ですね めめさん    今度 また ゆっくり飲みましょう 」
  「 有り難う御座います 」

 ゆっくり左隣のカンジョン岡田を見て敵意の無い事を再確認して立ち上がった。

 「 岡田さん では 今日 明日中に 車は駐車場から運んでもらいますので 」
 「 鍵は車に付けてやります   車検証とナンバープレートは俺が預かっててもしょうが無いんで ここへ持って来ます 」
  「 ん わかった たのむわぁ 昼は誰もいないから 夜 この店のマスターに預けてくれれば それでいい 」
 「 では 終わり次第にお持ちします 」
  「 ああ 」
 「 と・・ これからは その車屋へ 岡田さんから 金融車の抹消依頼があることを話しておきますので 」
  「 ああ 頼むなぁ 」

 「 では 失礼します    今の会社 首になったら 是非 雇って下さい 」  w
  「 おぅ 覚えておくわ 」 
   「 めめさん まだ お店 やってるから 遊んでいってくださいよ   マスターに 今 連絡しますから 」   w  ううう・・・

 「 ハイ じゃ~ 嫌いじゃないんで 1杯だけ 飲んでいきますわぁ 」  
  「 1杯なんて 遠慮 するなよ 」 
   「 可愛い娘 付けますから ゆっくりしていってくださいよ 」

 「 有り難いんですが  店内のモニター 見られてると知った以上は 何か落ち着いて飲めそうにないですよぉ 」  
  「 ハハハ 」
   「 ですか ね  ハハ 」 

 「 では 1杯 もらって 帰ります  失礼します 」  会釈をして事務所のドアを閉めた    やれやれである・・・

 せっかく遊んでいって良いと言われるんなら 「 据え膳食わぬは ・・・・ 」 なんで 飲み直して帰る事にした。 少し動揺していている自分を落ち着かせてもう1度今回の件を整理したかったのだった。  

 張の事務所を出て、トイレで男前を確認して両手を洗い、店のカウンター脇を通る俺を見つけて男どもが後ずさりするw。 別に俺は何も悪い事してませんが・・・。 逆にソファ~にタムろってた娘達の全員wに背広のあちこちを引っ張られて無理やりに真ん中の大きなボックスに連れ込まれてしまったw。 張が 「 サービスしろ 」 とでも内線したのかw。 なら、嬉しいが・・・。

 30分ほど6人のコリン星人♀にもて遊ばれて、テイクアウトを強制されたが、ヤットのことで断って店を出た。 寝かして欲しかったダケである。 ( ← 何を残念がっている? ) 

 バッティングセンターの昼間の様に明るい通りで時間を見る。 まだ夜は序の口だった。 夜中の2時過ぎに歌舞伎町のド真ん中へ足を向けた。 旧コマ劇場の前を通り過ぎ、路地へ入ると営業中の女の子達が声を掛けてくる。 一人目、二人目とかわしながら路地を歩いていると次々と女の子からババアまで声を掛けてくる。 流石に面倒なので交差点の真ん中で立ち止まって、4~5人の女の子が近寄って来たところで、内ポケットから会社の社員証を取り出しチラッと写真を見せて 「 入管 」 とひと言ってやった。 顔色をかえて皆んなが本気でダッシュして逃げて行ったw。 すまん・・・ 嘘言いました ><。


      (-.-)y-゜゜


 マンションへ戻ってひと寝して、午後出勤からの外出~と好きな事をして事務所で廬(ろ)が書いてくれた駐車場へ向かって留めてある金融車を確かめることにした。 以外と上手い地図だったので間違いなく駐車場へ着いた。 てか~俺のマンションの目と鼻の先なのだから間違えるハズもない。
 SLKを確かめ、知り合いの車屋に連絡をすると運良くクレーン車が残っているとの返事だった。 1時間後に駐車場で合う約束をして電話を切った。
 新宿御苑入り口近くのオープンカフェでエスプレッソをすすりながらLINEを飛ばした。 「 無事生還 問題なし 」 だけで解る相手だった。 奈美ちゃん一家が面接の為に借りたアパートの主であり、この度の一件の張本人だ。

 車業者と落ち合い、動かなくなったCLKは運び出された。 運転席側の窓ガラスを壊そうとした時、手を止めて鍵穴へ収納キィ~を差し込んでみたところ機嫌良くドアが開いてくれた。 エンジンはやはり機嫌が悪かった。 知り合いの業者のオヤジと話しながら作業は僅か20分で終了した。 車からはずされた前後のナンバープレートと車検証を受け取り、念書へサインをして彼へ渡した。 もちろん、弁当代にと5000円も忘れずに。 



      CLK (1)     CLK (2)     CLK (3)     念書






 

  


                              社長・・・降参ですわw 49へ






関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | これが日常茶番 | CM(4) | ▲ top
<<社長・・・降参ですわw 49   サボってましたw | メイン | 社長・・・降参ですわw 47>>
コメント
-Re: 美女天国w-
香港のメミとユミはフリ~ランスでモデル業を頑張ってますね

メナはDJイベントで成功してアジア・ツア~で大忙しらしい

メミから紹介された二人のモデルさん ユウ&ユミ2号 は驚いたことに
かなり有名なモデルさんでこっちがビビッてますw

「インスタグラムにUPしたPicはあげるから ブログで使ってOKよ」と
承諾をもらってますので 気になるPicは今後 お披露目する予定です^^

クアラルンプールって・・・ 彼女 ゆゆチャン じゃないか? たぶん

香港、シンガポール、中国とアジアン系は美人すぎるわなぁ~
でも・・・やっぱりおれは ロシアン系が ツボ です

今度 美女達について朝まで談義しよう~^^

2015/08/22 19:43  | URL | めめ #-[ 編集] |  ▲ top

--
理事長!ひとまずご無事で何よりっす!!
今度、社会勉強にコリン星のお店に・・・・・


やっぱり遠慮しておきます^^;
ビビりなんで(><;

メミチャンこれまためっちゃ美人ですなぁ~。
僕はインスタグラムで世界の美人のお姉様を検索しまくったら、
クアラルンプール在住でチャイニーズ系の女の子が
めっちゃ可愛いと発見しました^^v
次回の飲み会の際にはixaそっちのけでチェックしてもらいますのでお願いします!!

ってなんの話だ^^;



2015/08/19 16:06  | URL | ふぅ~^^ #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-おお~ お帰り~-
「 55鯖 龍造寺家 桃色えれふぁんと」 了解しました^^

ランカーさんの復活かぁ
なんかドキドキするのは、昔、虐められたフラッシュバック
のせいなのかな?

17鯖は修羅過ぎますw
いい餌ですw
残念ながら 天8枚 無いと戦えないですね><

身の回りを整理したら 55鯖 へ顔だそうかな・・^^


Ps.
娘のエイリィ~の Pic 今度特集しますねw
2015/08/07 05:40  | URL | めめ #-[ 編集] |  ▲ top

--
めめさーん

55鯖で復活しましたよー^^v

今回はキリンは卒業してゾウになっちゃいました^^;

ホントは17-32で復活したかったけど新規加入登録の一時停止で入れませんでしたw
残念><

いつか御一緒出来るのを楽しみにして、目立たずひっそりと頑張っています^^

55鯖 龍造寺家 桃色えれふぁんと
2015/08/07 00:03  | URL | 煇燐 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。