2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
社長・・・降参ですわw 50
- 2015/11/21(Sat) -
 なんか少し元気が出てきたんで合成してみた

   →  → →  w~      痛w

 クソッ 又兵衛は3スキル完成していたのだが、剛勇無双LV10を槍隊襲撃に書き換え、梶原政景をぶつけて「修羅の援兵」狙いが・・
 3回トライで3回成功して、ぐるっと回ってまたスタートラインへ戻って来てしまった ><   まったく・・・ ケッ

 同じ武将に同じスキル3回も消して付け直す奴なんて世界中で俺だけだよなぁ   (剛勇LV10→槍襲→剛勇→槍襲→剛勇LV3)
 ストレス溜まるわぁなぁ~ 合成しながらポテトチップスを1袋+世界1のバリスタコーヒー1缶、叙々苑弁当をもこんな真夜中に・・・
 
 ご・・ごめんなさい まりあ様w ✞  IXAで俺の食生活完全に狂ってるわぁ 。、;。・+・ ><   
 明日から、い、いや、今日から、い、今から食事制限しますから・・・        

                                                あれ? ボ~ジョレとキャビア どこいったかな?


*****

 成田空港から会社へ戻り、まだ室内の電気が付いていた海外事業部のドアを引くと、サチとミミは帰ったらしく、イズが1人でPCを叩いていた。  帰りを待っていたイズが振り向いて「専務、お~そ~い~」と言って、唇をとがらしながら机の上に積んであった明日の会議の資料を指さした。  「イズが待っていてくれたのか?」 「そなのよ・・じゃんけんで負けたのよ・・私」 そかw。 
 電光石火で机の上からファイルを抱えて、背中に痛い視線を感じながら逃げ込んだ自室のソファ~に腰を下ろした途端に、♪~♪♪ 背広の内ポケットで携帯が機嫌良く歌いながらバイブレ~ションを始めた。  取り出すと表示は奈美ちゃんからだった。 

 ポチッ 
 「おひさぁ~ 奈美ちゃ~ん」 
  「おね~ちゃん じゃ ないよ~ 秋だよぉ~」 へ? 許嫁(いいなずけ)Jc(女子中学生)の秋かよ・・
  「おね~ちゃんがめめさんに電話してって言うから 秋がしたの」 そか
 「奈美ちゃんは?」
  「ここにいるよ かわるネお姉ちゃんと」 どぞ
 「もしもし  もしも~し    亀よ・・ かめさんよ・・」 ^^
  「え? かめさん? めめさん?」
 「あ、ゴメン 奈美ちゃん?」
  「はい なみです」 まずいw
 「あ、いや~ 久しぶり~」
  「こめんなさい 何か へんな電話して・・」
 「いや~ 奈美ちゃんだと思ったら 秋ちゃんだったから  驚いただけさぁ」
  「私が電話しようとしたら 秋が携帯とって めめさんに電話するって・・」 そかw Jc秋・・・

 携帯をスピーカーに切り替えてガラステーブルの上に置いた。

 「で、どした?」
  「めめさん いろいろ有り難うございました  引っ越しも終わったし お母さんもゆっくりしてるし・・ 本当に有り難うございました」
  「めめさんが紹介してくれた引っ越し屋さんがぜ~ンぶやってくれて ただ見てるだけだったのよ 驚いちゃった」
 「あ~ 会社で使ってる業者さんなんでねぇ」 ^^
  「引っ越しのお金も もうもらってるからって・・ 奈美 あとでめめさんにかえしますね・・」 
 「本当は 福祉事務所が引っ越し費用も払ってくれるハズだけど 知ってる業者に美人姉妹が引っ越し屋さんを探してるって奴に言ったら 奈美ちゃんことの引っ越しを喜んでやってくれるって言うからさぁ~そこに任したんだよ」
  「そうなんだ・・」
 「で、今度 飯を奴らにおごったら 引っ越料金 タダでいい!って言うからさぁ~」 ^^
  「え? タダ?」
 「うん 1度 つぶれかかった便利屋さんだったんだけど うちの社員の引っ越しとか支店の引っ越しとかを全部そこに紹介してやったんで 向こうは立ち上がったし こっちは安くあがったんで まぁ~ ウィン&ウィン で お互い良い思いをしたからね」
  「そ~なの・・」 
 「だから気にしなくていいよ  良かったネ アパートも少しは広くなったしd(^-^)ネ!  あ 秋ちゃん転校したんだよね?」
  「はい 学校が前より近いからとっても良かったみたい  それに もう新しい友達を連れて遊びに来てるのよ」
 「さすが俺の許嫁~秋w 引きこもりの俺とは大違いだなぁ」 ^^
  「ふふ・・ で ね 」 
  「昨日 お婆ちゃんの入院してる江戸川病院に行って来たの お母さんと2人で」 うんうん
  
  「最初 わたしの携帯に知らない人から留守伝があって かけ直したら病院のソーシャルワーカーさんだったのね で お婆ちゃんが安定しているからそろそろ退院の準備の事を相談しましょう って」 へ~
  「だから お母さんと病院に行って相談してきたのね」
 「いつ頃 病院うごくの?」
  「引き取って家庭内での介護か 別な病院かって事だったんだけど 家庭での介護はお母さんも入院予定だし 私も秋も難しいでしょうし・・・って」
  「で めめさん覚えてる? アパートで面談の時にめめさんが宇都宮のリハビリ病院のパンフレットを福祉の人に渡したでしょう?」
 「ああ 脳梗塞なら早めのリハビリが効果的だからね」
  「そうなの で 福祉の人がお婆ちゃんの様子を見に来たときにめめさんのパンフレットを病院へ渡したらしいいのね」
 「へ~ 必要かと思って2枚もらってあって もう1部 手元にあるけど」
  「で 病院が電話で確認をしてくれたら 受け入れが出来るって言われたらしいの」
  「それで お婆ちゃんが退院したらそこの病院で6ヶ月間くらいはリハビリが出来るそうなの」^^
 「それは良かったね  ただ 栃木県の宇都宮だと少し遠いから今までの様にチョクチョクと頻繁には面会には行けなくなるけど でも ひと月に2~3度は会いに行きたいよね」
  「うん でも 遠いから・・ しょうが無いかなぁ~って秋と話してる・・」
 「確か・・ あそこのリハビリ病院は・・ 患者さんの受け入れを増やす為に最長でも半年だったはずだなぁ・・」
  「そうみたい」
 「そのあとは また江戸川区内か近場の施設に移ってもらえば良いわけだけど・・ う~ん 運良く近場の受け入れ施設が空いてればいいけど 空いてないとスタンバイで待たなきゃいけないんでよね・・ タイミングだね」
  「うまく空いてるといいんだけど・・ 先の事はまた後で考えます」
 「うん そだね それよりも退院してリハビリ病院に移れる事になったのはラッキィーだったね」^^
  「めめさんがパンフレットもらってくれてたから 話しが早かったみたいで それに・・ 私もお母さんも何も知らなかったから・・ もし めめさんがいなかったら・・ 退院してくるお婆ちゃんを私と秋と・・癌のお母さんで面倒を見ることになってたの・・ それに お金や仕事のことや・・」
 「あのさぁ~ 奈美ちゃん もしめめがいなかったらって? いるじゃんここに!  だから そんな事考えないでいいさぁ」
  「ごめんなさい・・ めめさんのこと 知らなかったら・・ って思うと怖くて・・   本当に怖くなって・・」
 「余計な事まで考えていたら キリがないさぁ~ そんな事よりも 1つ 1つ 頑張ってクリアしないとね 今は ね」
  「はい・・」

  「あの~ めめさん 土曜日とか日曜日とか 時間とれますか?」
 「ん?」
  「私 新宿まで行きますから いろいろまだ相談しないと・・」
 「そっか~ 後でスケジュールを確認して連絡するね  土日祭日でも会社来る事あるから」
  「はい」
 「土曜日・・ 日曜日かぁ・・ 」   

 「あ、あれ? 直樹ちゃんは?」
  「土曜日とか日曜日なら 秋が直樹を見てくれるから・・」
 「そっかぁ~ ・・・ 分かった 明日でもスケジュールを確認して連絡するね」
  「はい 有り難うございます」
  「・・・それから めめさんに作ってもらったタイの書類で 近いうちにタイでVISAが取れるかもって 連絡がありました・・」
 「え? 早いなぁ」
  「たぶん 大丈夫だと・・」
 「そか~ それも良かった よかった」
  「・・・その事でも 相談が」     声に元気がなかった
 「わかった Okだよ じゃ 明日 連絡するから」
  「はい」
  「あ、待って 秋が話したいって」 へ?

  「めめさ~ん 秋ねぇ~ 誕生日が近いの~^^」 @@
  「誕生日プレゼント~」 ・・・Orz
 「ハイハイハイ 何が 欲しいんだよ?」
  「ビトンのお財布♡」 ><
 「おまえなぁ~ 秋なぁ~ キャバクラのお姉さんかよぉ」
  「え~? 今どきの中学生は皆んなビトンをもってるもん」
 「そなの? へぇ~? マジ?」 
  「フフ 受ける~♡ 嘘だよぉ~」  ウリャァ!! (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。;・'ソイp
 「あのなぁ~ ・・・」
  「なんでもいいよぉ プレゼント 待ってるからね」 ><

  「ごめんなさい めめさん 秋が・・」 奈美ちゃんが携帯を取り戻した
 「そか 誕生日 近いんだね いつ?」 
  「30日」
 「30日って 今月?」
  「今月の30日です」
 「へ? 来週か・・ 分かった 秋ちゃんに待ってろ!って伝えてくれ~」
  「・・・もう 秋のバカ ごめんなさい」
 「いいさぁ まだ日にちがあるから俺も考えておくさぁ  じゃ~ また 明日」
  「めめさん こんな時間にごめんなさい」
 「いいさ 俺 まだ 会社だから」
  「え? 会社? え~~ ><」
 「俺 夜の仕事している人だから」 w
  「本当にごめんあさい」
 「奈美ちゃん ごめんなさい 多すぎ^^  気にしないでいいから  じゃ~ 秋に宜しく!  それと お母さんにも宜しくね」
  「はい」
 「じゃ あした」

 ポチッ
 テーブルの上の携帯を切った。  
 
 さっきからドアの横のはめ殺しのスリガラス越しにイズの影が映っているw。  ドアの反対側ならば見えないのだが、スリガラス側に身を潜めているので丸見えであるw。  話しが終わるまで俺の部屋へ入るのを遠慮していたのか、サチの様に立ち聞きをして社内にバラまくネタの情報収集なのかは不明だが、まぁ~イズの事だから部屋に入るタイミングをきっと計っていたのだろう。  しかし、隠れるのがヘタクソなイズであるw。    

 「おい~ イズ 隠れてないでコヒ~ 頼むわぁ」
  「は ハイ~~~~!」  声 デカイわぁ 


       



                                社長・・・降参ですわw 51へ















    表   裏          追加合成

                                                ついに「追加合成」の 奥義 を掴んださぁ
 
                                                     同盟の外チャで公表するかなぁ~




関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | これが日常茶番 | CM(3) | ▲ top
<<社長・・・降参ですわw 51 | メイン | 社長・・・降参ですわw 49>>
コメント
-IXAでスタートしたけど・・-

いや~  いやいやいや  
とうの昔にIXAでのバゴォ~ンやドゴォ~とかは
よほどの事が無い限りは書かなくなってしまいましたわぁ

めしウマ、めしマズを書いてても後で自分で読み返して
おもしろくもなとも無いんでわぁ

で、
日常での出来事を自分のメモ代わりに残している訳で
よって、
自分で読み返して自分で笑える日記にしています^^
2015/11/23 04:32  | URL | めめ #-[ 編集] |  ▲ top

--
このブログ、そもそもixaって言う伊達様にお支えするゲームがメインのブログでしたね;^_^A


とうの昔に忘れてました…>_<…
2015/11/23 02:05  | URL | あっ! #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃんと更新するまでお預けです( ̄^ ̄)ゞ


あっ、でも、このお茶のみタイムの更新、俺好きなんだよな〜;^_^A
2015/11/22 23:05  | URL | キャビアも、ギャバクラも #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。