2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
8月27日(日) 蒼母衣衆 オフ会 の巻  No2
- 2017/08/29(Tue) -

 「リーガロイヤルホテル東京」    https://www.rihga.co.jp/tokyo
 早稲田大学の北隣にある。 正面にはかぐや姫の神田川♩♩~を挟んで日本庭園の美しさで有名なホテル椿山荘も見える。
 
 高田馬場駅とホテル間を1日数本走っているシャトルバスの運行時間は事前に調べ、KGBさん、はせぽんさん、イシュさんへ書状しておいた。 京都から上京する輝さんは原チャリバイクwで来ると聞いていたので後回しにしたw。 シャトルバスはホテル利用者なら宿泊をしなくても誰でも無料で乗り込める便利な足だ。
 
 この度、このホテルをオフ会の会場にした理由は歌舞伎町から徒歩10~15分ほどの立地でありながら、とても静かで宿泊に関してもとてもリーズナブルなホテルなのだ。 また、運良く、ホテルカードを持ち合わせていて、使っていないポイントがかなり残っているので、そのポイント利用で上京する輝さんを宿泊可能にしてくれる。 輝さん以外の参加者の皆んなからカンパをもらい、今晩の宿泊費は蒼母衣衆からのおごりで、創立6年目の初代盟主を祝うつもりだ。 (但し、デリへは全額自己負担でどぞ 笑)
 宿泊はリーズナブルなホテルだが飲食代は歌舞伎町価格で、カフェのコーヒーもお勧めをオーダーすると1杯1,700円のコーヒーをお気軽に運んで来るw。 宿泊を低価格にして飲食で利益を貪(むさぼる)るホテルなのである。

 そんなホテルのシャトルで はせぽんさん と偶然に合流した。^^

「こんにちわぁ~」 一瞬、だ・・だれだぁ~ おぬし・・と思ったが、あ!はせぽんさんだ、と気が付いたw
 「ちわぁ~ 少し早めのバスだけど 一緒だね^^」
「ですね」
 「これ 見てよ」 彼の後ろの席から ノートPCを詰めたバックを指さした
「?」
 「KGBさんの未使用カード、本気で整理してやろうと思ってわざわざ持ってきた訳さぁ」
「あ~ KGBさんいっぱいカードありますもんね」
 「思ったよりも重くて 相当 後悔してるけど 今・・」 ><
「ですか・・^^」 

 乗り込んだシャトルが動き出した。

「今日、暑いですもんね」
 「コレ持って今まで、上野の博物館で金髪美人とデートしてて、その足でここに着いたところなんだよ」 美人とデートを強調w
「え~? 上野からですかぁ」 意味わかんねぇ~と言う顔だったw
 「うん、これ、観てきたとこ」 と、チケットの半券を背広の内ポケットから取りだして手渡した
「へ~ 美術館ですか~」
 「今日が最終日で 滑り込みセーフ」
「上野、いろいろな美術館が多いですよね」
 「うん、たまたまタイから仏像が集合して宴会してたんでねぇ」 ^^
「そうなんですかぁ」

「そう言えば、めめさん タイですもんね」
 「い・・いや、いや、基本、東南アジア系は苦手でw タイ、フィリピン、中国、香港・・ 本当は苦手で」 w
「え?そうなんですか?」
 「そです! ウクライナはド・ストライクw タイはバンコクに家があるけど、知人の名義だし」 w
 「カンチャナブリーの家も7~8年前から葡萄畑があるから 知人と種なし葡萄とジュース造ってたんだけどね」
「ですよね」
 「うん、で、今は種なし葡萄を周りの畑から真似されたんで、今年からメロンをはじめたところ」
「そうなんですか」
 「うん」
                                         めめのメロン   めめのメロン畑
                                                        宣伝w


 シャトルは高田馬場から大通りの新目白通りへ出ればホテルまで一直線だが、駅前の早稲田通りから裏道を通ってホテルへ向かっているのが窓から分かった。 確かに信号機が最少のルートで、時間に正確なルートだった。

 ホテルの背中が見え始めるとそのまま通り過ぎ、グルリと大回りして正面エントランスへシャトルは到着した。 10分もかかっていない気がした。


 エントランスにシャトルが到着するとクロークが走り寄って来た。 降りる乗客1人1人に 「ご利用、有り難う御座います」 と深々とお辞儀をしながらお声がけをする。 はせぽんさんより一足先に降りて振り返ると、クロークと目と目が合ったw。 笑顔で再度、深々と頭を下げた。 今や伝説の帝国ホテルやホテルオークラの有名なドアマンの様に2度、ホテルを利用してくれれば氏名を全て覚えていて「~~様、お待ちしてました」と、出迎えられるのも気恥ずかしいが、この笑顔には勝てないと思った。 気持ちの良い出迎えだった。

 はせぽんさんと2人、ロビーに進み、突き当たりにあるカフェレストラン「ガーデンラウンジ」へ向かってみる。 
 ここで1杯1,700円のコーヒーでもすすりながら皆んなの到着を待つ事に決めていた。 正面入り口から一直線だし、ゆったりも出来る。 カフェレストラン入り口の右側にレセプション(フロント)&キャシャーがあり、宿泊棟に繋がるエレベーターがある。 左側には小さなギフトショップと花屋、バーラウンジと日本料理、鉄板焼き店が奥にある。
 レセプションが変わっていて、一般のホテルのようなカウンターは無い。 机が3個、部屋の隅にあり、その机の各担当者が順番にソファーで待っている顧客に声がけをして、自分の机へ連れて行く。 そこでユックリと個別でチェックインできる仕組みだ。 高級ホテルの会員専用フロアーの様なチェックイン方式を採用している。 少しばかりお洒落に感じる。

 はせぽんさんとガーデンラウンジへ足を入れたとたん、以前と雰囲気が違うことに気が付いて足を止めた。 ん? ケーキばっかり・・・。 入り口脇のキャッシャーから「申し訳御座いません、只今、ケーキビュッフェのお時間ですので、宜しければ正面入り口脇のダイニング・フェリオのご利用をお待ちしています」と言われた・・・。
 男二人でケーキを食べに来るはずは無い!と言う信念からか、ここから先は進ませないぞ!と言うニュアンスをヒシヒシと感じるw。 「ありがとう、じゃ、向こうを利用させてもらいます」と、造り笑顔でUターンをして二人でラウンジを出た。
 まじ、男二人でケーキビュフェでケーキの食べ放題に挑戦する気にはなれなかった。 一人5,400円とか・・・。

 
 はせぽんさんとエントランス(玄関口)脇のダイニング・フェリオへ足を進めた。 
 朝食会場にもなる軽食がとれるレストランだった。 入り口脇のキャシャーへ「待ち合わせで、コーヒーを」と、告げて席を案内してもらった。 正面口直ぐ脇のレストランで玄関への人の出入りが見える席だった。 4人掛けのテーブルに通され、椅子を引いて座るまで待っていてくれた。 脇に挟んでいたメニーをテーブルに置き、オーダーを待つ。 向こうはお勧めコーヒーが1,700円ほどしていたことを根に持ってw軽くメニューに目を通してみると、アイスコーヒー1杯740円だった。 安心して2杯お願いした^^。

 さて、輝さん、KGBさん、イシュさんの到着を待とうではないか。  ワクワク^^ 

 

 

 
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | これが日常茶番 | CM(0) | ▲ top
<<8月27日(日) 蒼母衣衆 オフ会 の巻  No3 | メイン | 8月27日(日) 蒼母衣衆 オフ会 の巻  No1>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |