FC2ブログ
2019 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 10
8月27日(日) 蒼母衣衆 オフ会 の巻  No13
- 2017/09/17(Sun) -

 ステージ中央でウサ耳タレント達に囲まれ天国気分を満喫していたわけだったが、謎のアイマスクを手渡され疑問符が頭の中で浮かび上がるのだったが、美女達の熱い誘いからは逃れられなかった。 アイマスクをかぶり、全く状況が見えないままでも、何かを期待しているKGBさんの左右の腕をやさしく2匹のバニーが持ち上げた。

 左右の腕の導かれた先は・・・・網タイツの上からのそっと触れたヒップライン・・・・?

 た・・・確かにまぎれもない プリけつ だった w
   
                          こ・・これはw

                                             ・・・・Orz


 両手を解放され、アイマスクをはずしたKGBさんのリアクションに大爆笑の嵐が襲った。 ^^
 あちこちで光る応援棒が振り回され、爆笑の渦が巻き起こった。 ^^

 ここぞとばかりに輝さんもはせぽんさんも、イシュさんも、蒼母衣衆が写メを撮りまくっていた。  
 笑いすぎて俺だけが写メを1枚も撮っていなかった事は内緒で。  ><
             ( 写真提供 はせぽんさん  Copyright © はせぽん All rights reserved ) 
   

 フロアー中からの大拍手を浴びて夢の世界から現世へKGBさんが戻って来た。 最高のイベントだった。



 その後、しばしのショウタイムに戻り、佳境に突入したのかSEXYダンスが続いた。 相変わらずのスピーカーから大音量で隣同士でも会話が出来ない程だが、大きな盛り上がりでタレント達ものりのりのダンスを披露する。

「このダンス エロイ!」 KGBさんが喜ぶ ^^
「あの プリけつ 最高!」 KGBさんが またまた喜ぶ ^^ 

 確かに綺麗なヒップラインばかりだった。 ここのタレント・ダンサーは おっぱい星人&プリけつ星人 ばかりを集めたのに違いない。 品質は高い。 w



 座っていた椅子のちょど背中を リオン (ドル紙幣に似せたチップ用の札=12枚1000円)と呼ばれるチップを売り歩いていた女の子を捕まえようとして振り向くと、ピップライン のあまりの美しい娘に見とれて、ついつい深追い(ガン見w)し過ぎ、椅子ごと後ろへ おもいっきり 倒れてしまった。  (>_<)  まるでマンガの様な大胆な倒れ方だった。 

「めめさん だいじょうぶですか?」 
「腰 大丈夫ですか?」
「立てますか? 腰 腰」
 KGBさんやイシュさん、はせぽんさんが本気で心配をして声をかけてくれた。・・・w

「いや・・・ダメかもw 大丈夫じゃないかも・・・」 と反射的に照れ隠したが、真にとられそうで直ぐに笑って立ちなおした w

「いや~滑ってしまっただけだから心配ないよ 大丈夫 大丈夫」 こけた近場の客まで数人もが心配してくれた w


「いや~あの娘の プリけつ が美しすぎて みとれてしまったわぁ~^^」 と決しては言えなかった事は 内緒で・・・・  (>_<)ノ



 バーレスクからCDデビューしたユニットの曲や初音ミクまで飛び出し、皆んなで盛り上がれる曲にテンポが変わった。 ステージからは並んだ15名以上ものタレント達からもあおられ、お客をも巻き込もうと あおり が激しくなる。 

「みんなぁ~ 立って!」
「たちあがってぇ~!」
「一緒に~!」

 座ってられない あおり だ。w  お客も参加で盛り上がってきた。 みんな立ち上がり一緒にリズムを取る。 目の前の4人で来ている客達は応援の光る棒でおたを打ち始めた。(おた芸ダンス) それを見たKGBさんが「こいつら ぱりぴ~ だねぇ~」と大声で俺とはせぽんさんへ教えてくれる。 ヤツらの光る棒での合いの手が上手かった。

 聞き覚えのある曲が流れ出した。    

       バブル → カンナムスタイル → アゲアゲ → 純情   と続いた。   (←クリックするとYouTubeに飛びます)

 もう、皆んな総立ちで勝手にリズムを取ったり、踊っている。  アゲアゲ の曲では周りの連中と仲良く肩を組んで体を左右に揺らしていた。 VIPのソファーに座っていた女子会の4人もステージに上がり込んで気持ちよく踊っている。

 こんな のり は歌舞伎町には無い。 タレントのショウビズを眺めているだけで、大人のお客も巻き込んで参加させる様なこんな のり は決して新宿では見られない。 まさしく六本木の のり だった。 


 ショーの終盤、通路中央のランウエーをタレント達がセクシーポーズで移動してくる。 5~6名が回転式のセンターテーブルで悩殺ポーズを取りながら、回りながら挑発をする。 タレントへすり寄り、チップを水着に差し込む客もいる。


 ラストは冷却されたドライアイスのバズーガ砲でステージから観客席にむかってぶっ放すw。 奥の席までドライアイスのスモークが届いている。 勿論、俺の席までもいきよい良く白煙に包まれた。
 
 ステージ上からは、エンディングをむかえ整列して踊っていたタレントの1人が、彼女の肩に掛けていたタオルを蒼母衣衆の前列に座っていた4人組の席へ向かって、タオルを放り投げた。 運悪く舞い上がったタオルは彼らの天上のシャンデリアにひっかかってしまい落ちてこない。 ><
 
 仲間二人で椅子に乗って手を伸ばす男の足を支えて手を伸ばすが届かない。 椅子の上で腕を伸ばしてタオルに手を伸ばしていた彼が振り返り、俺にまで助けを求めてきた。 彼の腰を支えて、3人がかりで無事、投げ込まれたタオルをシャンデリアからゲットできた彼は満面の笑みでタオルの臭いを嗅いでいた。 ^^

 
 
 KGBさんが女の子の水着に差し込むチップ、「リオン」を買い求めて、数枚ずつ皆んなに分けてくれた。 先ほど俺が買おうとして椅子を滑らせコケて買い損ねたリオンだ。 
 
 このチップはショータイムが終わると、顔バレOKのタレントの娘 達 ( 顔バレNGの娘もいる ) が、お客の各テーブルをまわり、握手タイムの際に、気に入った娘の水着の間に差し入れるチップだ。
 
勿論、チップを水着へ差し入れても、差し入れなくても女の子達はひと通り全テーブルを回るので、お願いすればチップ無しでも2ショット写真には快く応じてくれる。 この手法が当たって人気が急上昇した様だ。 さっきまでステージの上で踊っていたタレント達と気さくに言葉を交わせ、気に入った娘と写メまでOKなのだからたまらない。 勿論、SNSへのUPもOKだ。 


 次から次へと蒼母衣衆のテーブルにも女の子達が握手&リオンを求めてやってくる。 6人まで握手をしたのを覚えているが、かなりの娘達と握手をした。 KGBさんからもらったチップも、最初の4人の腰元へ滑り込ませてで使い果たしてしまった。 
 その後に、好みの娘が握手を求めて来られると心が痛かった。  (← リオン 買えよ!)

 握手を求めてテーブルを回る娘達は皆んな長身で驚かされた。 俺の身長を軽く超えている。 後で、20~30cmもあるハイヒールをはいていた事を教えてもらった。 だよなぁ~ 立って並ぶと俺を軽々と超えていた。 よくもあんな高いヒールで踊っていられたものだと感心したほどだった。


 皆んなあちこちでチップを差し込みながら楽しく写メを撮りあっていた。

                                           ん?チップ、俺にもくれ~
 
                                 めめとはせぽんさんとイシュさんがいます・・1秒で探してくださいw


 


 誤解を招くと困るのでここでハッキリと言っておきますが、キャバクラでもおっぱいパブでも、エロクラブでもピンサロでもありません。 健全なショーパブで、最後に写メタイムがあるという カレー屋 さんでした。  w 

 おもい々、各自で記念写真を撮って、蒼母衣衆の5人はバーレスク東京を撤収~したのでした。 入店料のみで追加料金0円ですた。


 地下2階から地上へ戻り、マハラジャの脇道を通り、右へ曲がって六本木の交差点へ歩き出した。 交差点の上には高速3号渋谷線が走り、交差点を左に進むと渋谷の駅に繋がっている。

 六本木の交差点で可愛い娘から声をかけられた。
「どう~ですか~」 女の子3人で並んで客引きをしている 真ん中の娘が声をかけてきた
「ごめん 今 飲んできたばかりだから」
「バーレスク でしょう」
「あたり~」
「もう~~」

「いや~君 バーレスクの女の子よりも可愛いね 美人だね」 KGBさんがのたまった w
「ありがと~ じゃ 飲んでよ」
「今度ね・・・ でも 可愛いね 君・・・ まじ 可愛いね」  酔ってるのかよKGBさん w
「もう~~」  牛かよw

 確かに可愛い娘だった。

 信号待ちでからかっていたのだったが、青に変わって駅方面へ歩き出した。 するとKGBさんがコンビニを見つけて 「 ちょっと 氷を買ってきますね 」 と目の前の店に突入して行った。 KGBさんの後を追って輝さんとイシュさんもコンビニへ消えていった。
 
 居残った俺とぱせぽんさんと2人、驚いて目と目を合わせた。 
「10時解散予定なのに 今 9時15分だよね  ヤツら・・・これから飲む気なのかなぁ~」 
「そうですよね・・・」
「何か ガッツリ 氷とつまみでも買ってきそうだね」
「ですね」

 はせぽんさんと2人、路地向こうのコンビニに消えた3人の背中を見送った。
 六本木交差点角、アマンドのすぐ近くだった。

 






関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 蒼母衣衆オフ会 早稲田 | CM(0) | ▲ top
<<8月27日(日) 蒼母衣衆 オフ会 の巻  No14  完了間近w | メイン | 8月27日(日) 蒼母衣衆 オフ会 の巻  No12>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |