FC2ブログ
2019 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 11
蒼龍総本山オフ会 西新宿 No5
- 2018/05/03(Thu) -

     はせぽんさんの ブル
        あ~極だ w



「パワーと言えば秘境大殿討伐みてると、みんな凄いよね」 いつも感じている
「300万とか、400万、平気で500万超えしてる人、多いですよね」 
「そんなメンバーが合流の時に乗ってくれてると安心だけどね」
「ですね」

「ナカさんが頑張って呼びかけてくれてるからいつも10合流だし、幻王さんも強いからソロでガンガン攻撃してるし、風幻さんやエリックさんもアクティブな時間が多いから、内チャで合流を呼びかけると乗ってくれてるよね」
「柾木さん 葛西さん、風幻さんもいつも乗ってくれるし、合流を楽しむには良い同盟ですよね」 天さんもよく見ている様だ
「防衛だと、珊瑚朱さんも半端ないくらいに強いよね」

「たしかにデビさんが乗っていてくれれば、どこ攻撃しても負ける気はしないし、最近、みんなで合流してると4,5回の合流で銅銭も3万以上は増えるもんね^^」
「銅銭がみるみる増えてるからね~」 KGBさん

「俺、はせぽんさんが銅銭カードをゲットしてから、あまり合流した覚えがないんだよなぁ・・・」 実感w
「はせぽんさんがアクってるのを見つけて、合流しようと近づいていくと、いつもはせぽんさん落ちちゃうから、俺、はせぽんさんに嫌われてると思ってるわ」 笑
「いえいえw めめさんがこそっと陣寄せして来てるのは気が付いてますけど、なぜか、そのタイミングでいつも嫁からの敵襲を喰らってパソコン消されたりw、もって行かれたりで・・・うまく合流が合わないんですよ」
「そか。 俺はてっきり嫌われていて、俺がアクれば、はせぽんさんが落ちるもんだとばかり思ってたわぁw」 からかってみた^^
「いえいえいえ、それはないですから」  

「てか、おれ、めめさんに1個だけ意見があるんですが・・・」 ん? 酔っ払いにからまれたw
「なに?」

「めめさん、焙烙火矢はもういらねぇ~とか書いてましたよね・・・」 確かに内チャに書いた
「うん」
「いや~焙烙火矢は必要ですよ」 俺に意見ってその事かいw 
「そか」
「ええ、鉄足が詰まってる所へ凸るとき、火矢で凸るのと、火矢を乗せないで凸るのでは被害数が段違いなんですよ」
「そか」
「だから、火矢はぜっ~~たい必要です!」 酔いもまわって目が完全に据わっているw

「いや~俺はデビさんとか幻王さんとかのパワーを見てて、三すくみが関係ないくらいの被害だし、以前は火矢を天に乗せてたけど、騎鉄を強化すればパワーでなぎ倒せるんじゃないかなぁ~と、最近では思いはじめてたからね」
「いや、やっぱ、必要ですから」
「ハイ・・・・ごめんw」 
「ふふふ・・・」 不気味な笑いをうかべたはせぽんさんだったw

 IXAは性格が出るゲームで、勝てば被害なんて気にしない人(めめ)と、繊細に攻撃順序や武将を練って、適正を考え、極力自分側の兵の被害を押さえながら遊ぶタイプとでは、攻撃の仕方も、スキルもかなり異なるゲームだ。
 性格破綻の俺にはめんどい選択なので、最近では騎鉄と弓騎、鉄足以外は練兵していない。 まぁ~パワーのない俺が500万パワーのまねをしてもしょうがないのだが、モチベがHP21なのだw。 めんどい事はしたくないお年頃でもあるw。


 相も変わらず、次々にツマミや料理が運ばれてくる。 もうテーブルの上に置ききれない程の皿の数だ。 俺1人はノンアルビール4本目を飲んでいた。 KGBさんやはせぽんさん、天さんも焼酎の水割りとロックを交互に飲んでいる。 焼酎のボトルが空になったのを見計らってKGBさんがもう1本追加のオーダーをした。

 焼酎も飲めないわけではないが、弱い。 いや、味が分からないのだ。 美味い酒や焼酎と言われてもよく分からない。 酒は雰囲気で飲む方なので、ビールならプリモ、カクテルなら大好きなモヒートかギムレット、あとは年期もののブランディーをバカラのグラスで舐めているタイプだ。 やたら知らない酒や、アルコールを口にするとその場で寝てしまう病気wもちなのだ。 

 同伴の3人は焼酎が進んでいる。 毎回のパターンだった。 俺1人が焼き鳥の居酒屋で美味い刺身を独り占めしていた。


「やっぱ、も~義兵はダメですか?」 いきなりのKGBさんだった
「だめだめだめ!」 天さんとはせぽんさんと俺とで同時にハモって答えを返した

「もう5年前のスキルだからね」 天さん
「パワーも早さもそんなにないですよ」 はせぽんさん
「なんか 義兵 って名前がカッコ良いじゃないですか?」

「名前かよw」
「義兵って名前、なんか強そうじゃないですか」 KGBさんがねばる
「破軍星もそうだけど、名前に憧れるんですよね。 カッコいいじゃないですか!」
「でもね、使えないから・・・義兵とかw」
「もう破軍星よりも強いスキル、特の赤いカードから付けられるし、上昇50%~は珍しくないですね」 天さんが諭す

「え?破軍星なみの強いスキル、赤いカードから付けられるんですか?」 KGBさんが目を丸くしてテーブルに乗り出してきた
「本当は2210の島津家久のスキルですけど、特の3334冷泉や3337富田からもS1を狙えますよ」 天さんが携帯をいじる
「これですよ、これ」
「へ~破軍星より強いんですか?こいつ」 スキルね
「レベル10で期待値15%で54%の上昇。 で、合流の時は必ず発動だからですね。 破軍星は必ずじゃないし」
「へ~赤いカードから付けられるんですね」
「はい」
「お、おれ、赤いカード、いっぱいありますから (^_^)v」 いや、意味が違うわぁ

「義兵は7%のパワーで速度も10%」
「名前はカッコ良いけど7%のパワーってw」
「昔はパワー30%前後で十分だったけど、今じゃ40%前後とか、天合成での90%越えとかでないと・・・・」
「1枚のカードで3スキルだから、合計で120%、まぁ~最低でも100%超えてこないと被害が凄いよね」
「運営アホだからバランス、バランスって言ってるけど、インフレスキル出し過ぎで壊れスキルばかりだからね」

 誰かがKGBさんを諭(さと)すように言った。

「・・・・・・」 考え込むKGBさんがいたw


「やっぱ、新しい 天 が欲しいね」 はせぽんさんが携帯をいじりながら呟いた
「だよね」
「じゃ~おれがクジひいて、天ゲット!に挑戦してみるか」 はせぽんさんが携帯でクジ画面をセットしはじめた 

「天上クジ、いきま~す。 ポチッ」 早w

IXAブルが元気よく飛び出してきた。 「大当たりだワーン!」 なのか、「お、お~!」 なのか4人で注目する。

「あ~残念、極だ」 はせぽんさんが肩を落とした

 酒の勢いをかりての ポチッ! だったが、残念な事に毎度の極だった。

「皆さん、クジ、いっぱい貯めてあるんですか?」 天さんが正面のはせぽんさんとKGBさんへ尋ねた
「引いたり、引かなかったりだから、残っている時と、残っていない時があるけど・・・」 はせぽんさん
「おれはクジ、引いてないからいっぱい溜まっているよ、ほら」 KGBさんがタブレットを差し出した

「え?え~天下が30枚以上? 天戦も2枚以上も?」 3人とも驚いた
「天下なら30回、天上なら10回も引けるジャンw」
「天戦も2回も? 必ず 天 出ますよ、どこかで」 天さんが驚いている

「自分はクジは溜められないんで、即引いてしまうんですよ」 天さんも俺と同じ性格らしい
「俺もダメだな。 合戦が終わると引いてしまうんで、毎度、在庫0状態」 天上を2度続けて引くことが俺の夢だw

「おれね、津田さんが欲しいんだけど^^」 KGBさんが笑う
「津田さん狙いなら天下クジでもいいし、天上くじでも両方から出ますね」 天さんがタブレットをしげしげと覗き込んだ
「でも天戦からは津田さんは出ないから、天下か天上クジ狙いですね」

「じゃ、じゃ、今日、全部、津田さんが出るまで引きまくるかな~^^」 KGBさんの鼻息が荒くなったw
「い、いや、1日で10回までしか引けないからw」 隣ではせぽんさんが叫んだ


 もはや津田さんがクジから出る時期はとっくに過ぎている気配だが、天下、天上クジを10回も連続で引いたら間違えてヒョッコリ出てくる可能性も無い事も無い気がした。

 KGBさんの天上クジ10連チャン引きに、次第に皆んなの期待が高まっていくのだった。






                            蒼龍総本山オフ会 西新宿 No6へ


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 西新宿 | CM(0) | ▲ top
<<蒼龍総本山オフ会 西新宿 No6 | メイン | 蒼龍総本山オフ会 西新宿 No4>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |