FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
オフ会 札幌  6
- 2019/01/17(Thu) -

  KGBさんの天上くじ大会w

 実はゲリラ携帯トークの直前に恒例のKGBさんの天上クジを引いたのだ。 毎回オフ会の度にKGBさんの溜め込んでいるクジを適当に言いくるめてw皆んなでひいていた。 今回もまんまと天上クジを8回も引けるほど溜め込んできていた。
 天上クジ8回分も良くも溜め込めこんだものだ。 俺の性格上、天上くじが引けるようになった時点でポチッてしまう。 我慢が出来ない性格なのだ。
 しかし、KGBさんは毎回4~5回も天上クジを引けるほど溜め込んできてはオフ会でポチって使えない極武将を量産していた。

 この度も日本の北国まで来て皆んなが驚く天武将の降臨に挑戦してみた。

「俺、今回は天上クジ8回ほどひけるんだけど、どうしようかな・・」 KGBさんがタブレットをテーブルの上に置いた
「8回も? きっと1枚くらいは天がでるよ」 義理さんが横からタブレットをのぞき込む
「1日に1回、8回引くよりも、一度に8回引いた方が絶対に天の出る確率が高いから、全部、引いてみようよ」 俺もけしかけた
「そだよ、KGBさん、義理さんに天を出してもらうと良いと思うよ」 かな姫も人ごとなので軽いw
「いや~天が出るかは確率が・・」 まじめな義理さんはマジに考え込む

「じゃさ、8回ひけるんだから一人2回、皆んなでひこうよ。 絶対に天が来るよ^^」 8回もひきゃあ、1枚はでるだろうがw
「そ~かな」 不安そうなKGBさんだった
「大丈夫、大丈夫、絶対に天が出るよ。 KGBさん、どうぞ」 けしかける
「え~なんか俺、天が出る気がしないんだよな。 使えない極とかきそうで・・」 少しビビッている
「OK,OK,じゃさ、皆んなでじゃんけんして、勝った人から順番でひこいうよ」
「じゃんけん?」 KGBさんが俺の顔を見上げた
「いくよ~^^ 最初はぐ~で、じゃんけんぽん!」

 1番手は義理さん、2番手はめめ、3番手はかな姫、ラスがKGBさんだった。 KGBさんはじゃんけんに弱い事がわかったw

「じゃ、ひかせてもらいます。ポチッ」 ためらいも無く義理さんがポチッた
  IXAブルが行きよい良く飛び出してきた。
「ん~残念・・天じゃなかったね」

「え?どうして分かるの?」 KGBさんがタブレットを見入る
「だって、ここ、お、おお、じゃないじゃん」
「そ~かぁ」 なんとなく天と極との違いは覚えたKGBさんだった
「何かな?せ~の~」 追加で義理さんがポチる

 2214 斉藤利三 だった。 まぁ~使えないカードの部類に入る武将だw

「じゃ、俺が次ぎ行くね」 タブレットに手を伸ばした
「いきま~す! 天、来い!」 ポチッ
 IXAブルがとびだしたが、やはり、お、おおではなかった。 極め決定だ。 確定させると

 2233 一条兼定 だ。 これもコスト3の使えない武将だ。

「あ・・ああ・・・あああ~2枚とも極めか」 KGBさんが肩を落とした。
「大丈夫、蒼母衣衆の花、かなさんがきっと天を出してくれるから^^」 なぐさめにならないなぐさめで場をつくろう

「かなさん、天、お願いします・・」 かなさんを拝む

「え~あまり自信ないけど、引きますね。 エイッ!」
 KGBさんの願いを込めてIXAブルが飛び出す。 お、おお~ではない。
「ごめんなさい、極でした~^^」

 2225 玉鶴姫だった。 かな姫が姫カードを引き出したw 
        確率:+13% / 対象 全
        全防:24%上昇
       (自領以外の加勢で効果1.5倍)

「この姫、加勢部隊とか・・運営、アホだな」 義理さんがつぶやくw
「え?加勢部隊の姫なんですか?」 KGBさんが力なく隣の義理さんへ訪ねた
「そう~」
「俺も隣の鯖で持ってるけどかわいいし、観賞用に良いカードだから、この姫^^」 慰めにならない

「も・・もう・・みんなに任せてられない。 俺が自分で天を引き当てるから。 えい、ポチッ」 4枚目をKGBさんが自らひいた

 残念ながら極、確定だった。

 2216 百地三太夫 

「お~これなら使えるじゃん!」 慰めではないw
「ですね、スキル、強いし」 義理さんも褒めるw
「そ・・使えるカードなんですね?」 KGBさんの目が泳いでいる
「そそそそ、加勢の時なんて最高だから」 義理さんが素早くタブレットを手にして説明をした。

「よ~し!じゃ、2巡目、いこうか^^」
「いや~めめさん、もう、勘弁してしてください」
「ん?」
「お・・俺の大事な天上クジを4枚もひいて天一枚もでないなんて・・」
「だから、これから天、でるんだよ。 ね、義理さん」
「そうですね。 確率から言えばそろそろ・・」
「・・・・」
「KGBさん、きっと大丈夫だから、そのうち天きっとでるから^^」 かな姫も慰める、いや、あおるw

 俺の経験上、クジなんてモノは一番最初の1枚目に一番良いカードが出ている気がしている。 戦くじではたまに7~8目あたりで極武将も経験もあるが、やはり、期待値の高いのは最初の1枚目だ。

 4枚引いてまぁ~期待通りの極カードばかりで、天がでる前兆や予感させしない。 残りの4枚に天の降臨を期待するしか無かった。
 
「さ!さ~次ぎも行くよ!義理さん、どぞ」 俺が義理さんへタブレット手渡した。

「い・・いや、もういいです! くじ引かないでください!」 KGBさんが涙目で義理さんからタブレットを奪い取った

「もう~なんか天が出る気がしないんですよ>< 4枚引いて4枚とも使えないカードばかりで・・」
「だ、か、ら、これから天が出るんだよ」 人ごとw
「も~俺の大事な天上クジを4枚も引いてこんなゴミみたいな武将ばかりだし・・泣きたいです」

「じゃ~残りの4枚はいずれ・・と、言うことで・・」 義理さんは優しい
「そか~残念だな~。 これからだと思ったんだけどね」
「そうだよKGBさん、きっとこれから天が出るんだよ」 1番怖いかな姫だったw

「い・・いや~もう天が絶対出ない方の気持ちが強くなっているんで・・引かないでください><」
「そ~か、残念」
「じゃ、これくらいで許してやるかぁ」
「少し残念だね」

 義理さんも、かなさんも、俺もかなり残念だったがここはKGBさんのテーブルにタブレットを返して置いた。

「めめさん、お願いだからこのオフ会のブログで KGBの天上クジを4枚も引いてこんな使えないクソ・カードしか出なかった!と書いて下さいよ」 w
「OK!」
「約束ですよ」

 天上クジからまれに1~2枚で天が飛び出すことがある。 この度は4枚ひいて天の降臨がなかった事が相当KGBさんにはこたえた様だった。 まぁ~俺なら8枚引いてしまった方が諦めもつくと思うのだが、4枚でクジ引き大会は終了した。


     天上4枚の結果


 クジ引きの結果がKGBさんの酔いを早めさせ、この後に盟主、はせぽんさん、輝夜さんへの携帯でのゲリラトークに発展したのだった。^^





関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 蒼龍総本山オフ会 札幌ススキノ | CM(0) | ▲ top
<<オフ会 札幌  7 | メイン | オフ会 札幌  5>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |