2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
同伴出社の朝は・・・
- 2012/12/10(Mon) -
 連合攻撃、織田家の援軍の最上家 VS 北条家の防衛戦最中、2日目では攻撃先が無いw


 しゃ~ない、久々にブログの更新でもw


                        *****


 ま~仕事柄、早朝や深夜、成田空港で海外からのVIPやCEOさんを出迎えたり、見送ったりする機会もかなり多いので、まるで成田空港も会社の一部になっているかの様に、地下の歯科から社員専用の売店の位置、各航空会社のラウンジの場所、ATMにいたっては銀行別に設置箇所さえも把握している次第でありまして、制服を見ただけでどこの会社の下請けなのか正社員なのか、という見極めまでもが出来るほど詳しくなってしまいましたw。

 そんななか、先日は珍しく羽田国際でハワイからのキャバクラ大好きで、池袋、渋谷、新宿と、あちこちでドンチャン騒ぎをして、とても友好的なお付き合いが出来たCEOさんを サチ と二人で見送りに来たわけです。

 見送り、と言うよりも トッとと帰国してしまえやぁ~ と言うほうが正解なほど手が掛かったクライアントでしたわなw。 まれに見る♀好きでw。


 ここ羽田国際は24時間空港ということが売りで、4階がお土産屋さんの屋台が並び、5階はカフェ・レストランと展望デッキがあるが、建物が立派な分、中身のソフトがチープ過ぎてハリボデ国際空港を漂わせ、あげくの果てに国内線の隣にトッカン増築した為に、車でのアクセスがとても不便な造りと場所になってしまっている。

 
 ハワイへ帰国するクライアントと4階にある各航空会社ラウンジで時間をつぶし、3階の出獄?出国エリアへ降りてきて無事に送り出した。 めめ にとって難しい業務は大歓迎だが、気を遣うオベンチャラは大の苦手なので、その辺は サチ の得意分野でも有り、才能が発揮される彼女にエスコートを全面的に任せていたせいか、さすがの サチ もお疲れ気味にみえて少し可哀想だった。

 精一杯の愛想笑いで送り出した後、 サチ と近くのベンチ椅子に腰を掛けて、二人共に無言のまま、これから海外に飛び立つ浮かれたツアー客を眺めていた。


 座り込んで随分と時間がたった様に思えたので、仕事用の派手なロレックスに目を落とすと午後9時を少し過ぎたところだった。 頭の中では、この時間帯だと首都高速が渋滞でヒドイだろな~と、何処のルートで帰ろうか働かない頭で抜け道を探っていた。 同時にここの駐車料金をも考えていたw。 旅客ターミナルと駐車場が連絡通路で繋がれているのだが、何故か到着ターミナルビル2階と駐車場の3階が繋がっているw。 慣れない頃1~2回車を探せずに焦った事は内緒でw(毎回、ディズニーランドでも車を見失う病に侵される体質w)それ以来、赤馬は予約制の「個室駐車場」(普通車料金の2倍+2千円)に駐めている。 経費は会社持ちなんで構いませんがね・・。(経費も遣わなければ減額される危機があるので、きちんと考えて遣いますw。 今度、教養・娯楽費でIXAの金でも買ってみるかの・・・w 多分、次の日にあの経理の奈々ちゃんに笑顔でチクられて速攻クビになるわなw)


 サチ と二人でボ~と座りながら、妙にテンションの高い観光客をみているとこっちの気持ちが凹むので、さ~てと、そろそろ帰るかな・・・と立ち上がろうと思った矢先、いきなり サチ が、今日おろし立てのG・アルマーニのスーツの上着ポケットに彼女の手を突っ込んできたw? な、何をする気だw? こ奴w 


 「 ね~専務、時間も半端だし・・ 5階行って少し飲まない? 」  飲むこと考えてたのか?こいつ
  「 じゃ~ 付き合うか 少しだけ 」  あれ~?こいつ運転手が誰か解ってないなw 
 「 わ~い じゃ Go~ 5階だ~ w あれ? 変? 」  変じゃないよGo~も5階も。ダブりですw
  「 おっと その前に スーツから手を抜いてくれるかなw 」  手を入れられたままだと歩きずらいわw
 「 へへ♡ そか、忘れてたw 」  忘れる事なのか?

 
 5階のラウンジは感じのいいプラネタリウム・カフェ~があって、4000万個以上もの☆空を見ながら食事や軽いドリンクが飲めるのです。 サチ をエスコートしながら世界中でもおきまりのマナー 女性は壁を背にして座らせて、男性はホールに背を向ける形が一般的です。 逆になると海外ではたいてい恋人同士ではなく夫婦としての扱いを受けますので注意をw。 ま、いつでも君だけを見ているさ、って意味あいらしいけど。 その逆だと、お前よりもイイ♀いないかな~てな意味ですナw。      


 サチ から誘われてラウンジにやって来たのだが、誘いが 「 ね~専務、4階でラーメン食べない? 」 だったならキッパリとお断りしていましたな、きっと。 大好きな九州の博多ラーメンが無いからであるw。



 座って足を組むのは業務中は他の部署から余り歓迎されないので、(羨ましがられてる)できる限り足をそろえて座るように秘書達には躾けてあるのだが、まぁ、会社の連中が居ない時と場所では、何処で何をどうしようと好き勝手をさせている。 ただ、正面に座られて足を組まれるとさすがに めめ も弱いw。 多分、知ってて秘書三人ともワザと めめ と座るときには大胆な足組をしているようにしか思えない危険?な足組をするw。 (PS・こいつ は中でも椅子にミニスカでまたがって座るという 荒技w を行う娘なので手に負えんのだが・・)


え
                           まぁ~サチ は こんな感じw

 「 ね~専務、さっきのクライアント、ハワイだよね 」  そ~ですな。(めめの心の中)
 「 今の季節だと、ハワイも芸能人ばかりでウザイね♡ 」  ですな。
 「 ハワイは海と山しかないから サチ 余り好きじゃ無いの 」  ですか。海と山以外、何を期待してる?
 「 何処行っても日本語ばかりだし・・ね~ 」  たしかに・・ですね。
  「 確かに、昔のグアムの様に日本語だらけだしね。 レンタカーで30分も走れば畑しかないし・・」 
  「 日本人とみると、お土産 ボッタクルしね・・」
 「 ね~♡ だよね~ だから最近はハワイ行かないの サチ 」  そ~なんですか。
 「 余り 好きじゃ無いかも・・サチ ハワイが・・」  何だ、その意味深な顔つきは?

 
   「 オーダーをお訊きして、よろしいでしょうか?」  絶妙のタイミングで注文を取りに来た。出来るな・・

 「 ハ~イ、サチ は ブル~ハワイ を 」   Orz オイッて、お前、ハワイ嫌いとか言わなかったか?
 「 ん~♡ 専務は? 」  
  
  「 じゃ~ 運転があるんで ん~と・・ ブラッディーメァリー を! ジン抜きで 」  w  
 「 専務! それって ただのトマトジュースじゃんw 」  お~さすがに サチ! いいタイミングでツッコミをくれるw
 
 「 変なオーダーの仕方してる ・・ 」  w
  「 じゃ、サチ に付き合うかな・・ギムレット を!  ライム強めで、良く冷やしたやつを 」  ま、いつもの定番で
 
 「 そうそう それでいいの♡ 」
 「 も~ 変なのオーダーするんだから・・変な 専務 」  ま、皆んなに変な専務って言われてますから・・・

 「 あ~ あたし ミックスピザ も~ 」  w
  



 別段、いつものたわいも無い社内の噂や各役員の陰口w、それとこっそりと各方面での めめ の評価wを教えてもらった。 総合的には好印象のA評価だったので安心をしたのだが、各方面では ハ~レムの専務w と噂があるらしかった・・。  社長でさえ秘書二人なのに何故に めめ は三人の秘書をはべらしているのか?と疑問符らしいが、何度説明しても解らない奴らは相手をしないのだが、アメリカ、アジア、ヨーロッパの各国語を話せる秘書がど~しても調査部には必要で、秘書をとるかニューポルシェをとるかと言われれば、まず、間違いなく秘書を選びます。

 先日も、もう一人秘書が欲しいと社長に直談判をしたところ 「 お前 これ以上秘書を増やすと体が持たないだろ~ 」 と笑って逃げられたばかりであるw。

  「 あ、ハッキリいっておきますが、めめ はロシアン以外は興味が有りませんwのでその辺はご心配なく 」 と社長の秘書に伝言をしておいたのだが・・・、その時の社長秘書の目が痛かったw。


 
 気が付くと10時30分のラストオーダーをとりにきた。 長居しても午後11時までのラウンジです。 

 サチ は相変わらずラストもブルーハワイで6杯目をオーダーした。  めめ は2杯目のモヒートを飲み干していたが、赤馬が待っているのでここはノンアルコールのビールで絞めた。

 「 ね~♡ 千無~ サチ 酔っ払った~♡ 」  だろ~ね・・
 「 少ししか 飲んで ないのに・・ね♡~ 千無 フフッ♡  」  カクテル6杯を90分で飲んだんだぞw 
 「 もう少し 飲みたいんだけど・・残念w 」  いや、もう十分できあがってるw
  「 追い出される前に 帰るぞw 」  そんな気分だったw

 「 ね~♡ 千無ってば~ 」
  「 ん? 」
 「 ま、いいや~♡ 帰るゾ~ 千無~ 」   ってw 途中から 千無 になってるし・・。 酔ってるな・・。  


 サチ と飲んでいて戯言(たわごと)を聞いていた時に、何か言いたいことがあったのに話すタイミングが見つからない様~な、言い出すタイミングを捜していた様~な、なんか、そんな気がしてたのだが、ま、ここは めめ からは聞かないことにして、この酔っ払いネ~ちゃんをど~やってターミナル向こうの駐車場へ運んでw行くかの方が今は切実な問題だったw。


 
  「 サチ いこ~ お前・・立てるのか? 」
 「 キャハハ♡~ サチ は女の子ですから たちません♡~ 」   言うゥと思ったわw 聞きながそ~w
  「 あのな・・・ 歩けるかい・・・ 」  
 「 たたしてくれれば~歩けますゥ~♡ 」   ここの 大人のツッコミ は避けてっとw
  「 も~ わかったから じゃ 車までいくぞ 」
 「 しょうがないな も~ ・・ じゃ~行くよ~ 千無~♡ 」  どっちがしょうがないんだよw も~


 サチ を立たせ、左側にピッタリとひっつき、体を支えようとした時、

 「 キャ~♡ 何処から見ても 新婚カップルだよね~♡ 私たち~ 」   歩いてくれるなら何でもいいわな    
  「 どの辺が 新婚さん なんだよ? 」   聞かなきゃ良かった!と頭をよぎったw
 「 え~ だって♡ ・・・ふふふ♡ ・・・ 」   酔っ払いに質問など してわいけないw
 「 え~ とね♡ こんなところや♡ あんなところや♡ きゃ~♡ そんなとこ♡  」  所詮、酔っ払いのたわ言です

   w


 ヤットの思いで、あやしながら サチ を個室駐車場(怪しい響きだな・・)まで連れ帰ってきた。 10分の距離がやたら長く感じた連絡通路だった。 

 ドアを開けて、ゆっくり腰にまわした腕を緩める。 運良く、無抵抗wで助手席に座ってくれた。 案の定、ミニスカがめくれてるw。 直してあげたいがヘタに触ると抵抗をされ、逆に痛い目をくらうので、ま、いいかな~って・・そのままにしておいた。 

 助手席に座ったとたん、寝たのか無言で窓の外を見てるのか、静かに目を閉じて寝たかの様にも思えた。 
 
 まずいw ・・・ サチ の マンションを知らないw 

 ここで起こして機嫌を悪くされると・・・ だから酔っ払いは嫌いなんだw。  しょうがなく、赤馬を駐車スペースから走り出させた。  ハンドルを切る度に キュ~ と鳴くタイヤの音に目を覚まさないか心配になりながらも、少しは目を覚まして欲しい・・とも思ったが、期待は外れたまま駐車場をあとにした。  

 取りあえずは、混んでいる首都高速を避けたかったので湾岸方面へ車を走らせた。  あ、混んでいるのは午後9時前後で、今は夜中の11時を回っている。  しまったw いつもの癖ですいている道路に向かったはずだったが、ミスったw。  午後11時を回れば首都高速は赤馬の好き勝手な走りが出来る貸し切り道路になる。 


 「 千無~ 観覧車が見たいの・・・ 」   w ?
 「 ね~ 千無~ サチ 観覧車がみたい・・・ 」  うへ~寝てないw 起きていたのかw それもいきなりw
 「 ね~てば・・・ 」  
  
  「 観覧車? お台場か・・・ 」   分かったから、右の耳を引っ張らないでくれ~w  オイッw
  「 台場に付いたら起こすから・・・ じゃ 」 

 「 専務 ありがと・・・ね♡ 」    お~ やっとまともな 専務 にもどれたw 千無は・・・間違いですw
 


 羽田からは台場までそれほど遠くない。 運も良く、湾岸道路なら台場の臨海副都心まで20分で到着である。  



 臨海副都心で高速を下りて観覧車の見えるそばまできて赤馬を寄せる。  円陣?エンジン切って目の前の大きな観覧車を眺めながら・・何してんのかな~と我に返ったw。 羽田で見送りをして、その後チットばかり飲んで、今 サチ を乗せて台場にいるw。  ま~成り行きは深く考えるのはよして、 サチ を起こすかどうを車の中から観覧車を眺めながら考えていた。



  「 サチ ・・・ サチ・・・ 台場に付いたよ 」  恐る恐る声をかけてみた。 反応が無いw
  「 サチ・・・ 観覧車だよ・・・ 」  左耳に囁いてみたw

 「 ん♡~  どこ♡~ 」   甘ったるい ハスキィーボイス にドキッとするw  
  「 台場・・・ サチ が観覧車 見たいって言うから・・・さ 」   こいつ寝てたのか?

 「 ん♡~ と・・・ サチ のマンションじゃ・・・ないな・・・ 」  
 「 あ♡~  綺麗♡~ 観覧車だ♡~ 」   おぬしが見たいといったのじゃ~w
 「 うわ♡~ 専務♡~ あ・り・が・と♡~ 」  どう~い・た・ま・し・てw 
 「 綺麗♡~ 」

 「 ん♡~ 幸せ♡~ 観覧車 見れたから も~ 寝るね♡~ 」   おい~w 

  「 サチ~ 送っていってあげるから マンション何処だっけ? 」  今更、会社で住所を調べたくないわw

 「 ・・・・ 」   ん? 寝たの サチ~  マジw 

  「 サチ~ ・・・ シャチ~ ・・・ サッちゃん ・・・ 」    ・・・w  寝てるしw ミニスカもめくれ上がってるしw  

 
 まいったな~ (>_<) 仕事でチョクチョク2人でホテルへ泊まることもあるが(勿論、部屋は別よ~)、多分、こいつはその時と同様に安心しきって寝てしまっているに違いなかったw。  めめ となら安心と・・・w。

 さて~ッと、どうしたモンだかな~w。   ハタから見ると、恋人同士がフェラリーの中でいちゃついてる! ま、そんな光景かな・・・って、勝手に想像して1人で笑いながらも、さすがに気が重かった・・。  



 
 このまま サチ を乗せて ①めめのマンションに泊める、②その辺のホテルにぶん投げる、③新宿のラブ・ホ〇ルに連れ込むw、④会社の仮眠室に捨ててくる、・・・ どれをとっても めめ らしくないw。 

 と、なればここからは めめ のスタイルでこの難事件を解決しなくてはならないw。  オッパー・ガンナムスタイル?                       (分かる人だけ分かればイイw。分からない人はGoogleで調べてみてw↑)
                            面倒なら: http://www.youtube.com/watch?v=9bZkp7q19f0 で



 冗談はそっちに置いておいてと、正解は サチ を出来るだけ起こさないようにして、安心して、ゆっくりと寝かせる方法・・・それが めめ のスタイルである。


 そこで・・・



 1番近い顔の利くホテルを探し出す。  都会の有名ホテルでも、深夜に予約無しで飛び込むとラブ・ホテル代わりに遣われるwというプライドからと防犯の為にあっさりとフロントで宿泊を断れることもある。 めめ は経験がないが支配人からの助言ですw。  できる限りあっさりとチェック・インするために必ずどんなに近くても事前にホテルへTELをしておく。  そして、出来るだけいろんな面で融通の利くホテルを選ぶ事である。

 この台場地域で有名な大手ホテルといえば2件、レインボーブリッジに面したホテル・日航東京。  そしてもう1件は、外資系のホテル・グランパシフィックである。

 寝る前ならレインボーブリッジンの夜景が綺麗なホテル・日航東京がいいのだが、寝てしまってる以上は夜景は関係ない。  そこで、目覚めたときに部屋が豪華なホテル・グランパシフィックを選ぶ事となる。



 「 もしもし、クラブ・プレジデント メンバーの めめ ですが、家族の者がディズニーランドではしゃぎ過ぎて疲れてしまって、明日、羽田空港を利用予定なんで、いつもの特別階のパシフィックスイートを大人2名で1泊お願いしたいのですが・・・」

  「 少々、お待ち下さいませ・・・お待たせ致しました、パシフィックスイートを大人2名様で1泊ですね。 プレジデントメンバーの めめ 様ですね。 畏まりました。 お部屋はご用意できますので、お時間、どれ位でご到着をなされますか? 」

  「 いや~ グランパシフィックさんに泊めてあげたくて、すぐ目の前にいるんだけど、車で10分くらいで着きます 」

  「 畏まりました。 お車ですね、 特別階に直接おいで下さいませ。 アーリーチェックインでお名前のサインだけ戴ければ結構です。 お車も、特別階用のスペースを空けておきますので御料下さいませ 」

 「 さすが、グランパシフィックさん、助かりました。 じゃ、10分ほどで27階へ伺います。 有り難う 」
 

 これで、飲んだくれて寝てる サチ をそ~と車から抱きかかえて、エレベーターに乗って、27階の特別フロアーに向かい、ウインクだけで部屋へ案内してもらい、サインも部屋で出来る。  サチ はこっそりとそのままお姫様ダッコwで奥の寝室のクイーンサイズのベットへ直行であるw。


 ど~だw これが めめ スタイルだ~w。  最悪の状況時でも、とっさのアンテナで情報を収集して、最善の形を作り出す・・・フフ・・・。 


 ま、実は、1~2回利用したことのあるホテルで、必ず会員登録をしておいて、遣う時だけ、遣い慣れてるふりをして連絡を入れる訳であるw。  そして、最後に必ず総支配人か支配人、もしくはナイト(夜専用)の支配人の名前だけは携帯にメモっておく。  チェック・アウトの際に 「 国生 総支配人に 宜しくお伝え下さい 」 と一言を忘れない。  お~、このお客様は総支配人のお知り合いか~、と思わせるテクニックで、支配人は客の事などそんなに覚えていない訳で、伝言されても問題なしである。 しかし、データーはPCに残るので、次の予約時にはとても便利で、予想以上の優遇もしてくれるものであるw。



 さすがに特別室・・・広い~w。  なぜに特別室やスイートを利用するのか? 空きの可能性が高い事と、空いていると相当なデスカウント価格で泊まれるからである。 通常料金だと1人10万前後、2人で1泊20万円+税+サービス料金w。  しかし、空きがあり、メンバーさんだと特別会員価格で泊まれる。 2人で4万位かな・・。

 都心で名の知れたホテルといえば、おおよそ2万8千円~4,5万が相場である。

 このクラスのホテルを利用して4~5万の領収書ならば・・経理の奈々ちゃんも認めてくれるw。 疑いも無くw。



 今夜のミッションは大成功で、サチ を起こさずにホテルのスイートに連れ込んだw。 いや、ゆっくりとお休み戴けるように手配完了である。





 しかし、ホントの深夜の サチ とのミッションはこれからなのである・・・うw。










      * 続きは 同伴出社の朝は・・・(2) でお楽しみ下さいw


                   ブログ書いてんだか、小説かいてるんだか・・も~わからんなw










   a_20120926203344.pngで見るとb_20120926203343.pngc_20120926203343.pngとまったく配置が変わって見えます。
                    a2_20120926204728.pngですと見にくいので、ご勘弁をw b2_20120926204728.pngc3_20120926204728.pngですと綺麗に見られます。(+_+)
                 
                              htmlタグの設定が良くないそうでしたが、調べましたw すると、
                              掲載の写真が大きすぎてIEでは表記が出来ないらしいのです。
                       今までの掲載写真を全てサイズダウンしないとIEではダメだと解りましたw

                     時間をかけてサイズダウンをしていくつもりです。それまで、ご勘弁下さいませw




 
戦国IXA・攻略ブログ








関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | これが日常茶番 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<同伴出社の朝は・・・(2) | メイン |
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://meme01blog.blog.fc2.com/tb.php/34-68e5dce5
| メイン |